ラノベ見聞録

同人ゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当BLACKGAMERのラノベ感想ブログ。ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


【2020年版】面白いラノベをおすすめ順にランキング紹介【55選】

スポンサーリンク

厳選した面白いライトノベルを総合ランキングで全力オススメ55作品!

空ノ鐘の響く惑星で(12) (電撃文庫)

一度読みだしたら止まらない!

それが面白いラノベの素敵なところです

 

時間を忘れるほどに幸せな時間をくれる

本当に最高の娯楽だと思います

 

今まで読んだラノベは1000冊越え

そんなラノベ読みの俺が

「これはオススメしたい」

と思ったラノベを紹介します

  • 長期間の新刊なし
  • 作者が亡くなった場合

も記載してます、ご注意ください!

01位.ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/連載中

-迷宮に生きる冒険者、憧れは初心者の少年を男にする-

【あらすじ・作品概要】

駆け出しの冒険者である少年が恋をしたのは、迷宮都市史上、最強の剣姫

自分の弱さを認め、それでも少年は憧れに向かって歩き出す

冒険者たちは己の糧を得るためにダンジョンへと潜り、モンスターを倒してお金を得る

そんなファンタジー好きなら誰もが夢見る生活を駆け出しの冒険者視点で描いた作品です

実力もなくて冒険も分からない事だらけ、装備もろくにない状態

そんなところから全てを一つずつ解決して成長を遂げる姿は見ていて楽しいです

 

魅力的なヒロインが多くハーレム要素も盛りだくさんです

主人公の理解者であるロリ巨乳な神様に、酒場の看板娘、ギルドの受付嬢、

おねショタ(お姉さんとショタ)好きに、もう我慢できないと言わせるような一品です

関連記事:【ダンまち】ネタバレ感想記事まとめ

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかソード・オラトリア

-もうあいつ一人でいいんじゃないかな? 最強ヒロインが主役(?)のお話-

【あらすじ・作品概要】
    「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を、
    憧れの剣姫、アイズ・ヴァレンシュタイン視点で描いた作品

本編と外伝という扱いですが、時系列は全く一緒です

一巻と一巻は見事に絡んでましたし、その後も見事な展開です

ベルとの接触の間に、ヴァレン某さんがこんなことをしてたのか…

そんな物語の裏側がじっくりとしめるようになってます

 

先に進めば進むほど回収される伏線

メイン側での伏線も解き明かされますので、本編が好きな人は絶対楽しむべきですね

外伝のみのオリキャラも登場してます!

 

「ダンまち」が成長と発展の話ならば、こちらはそれが完成した後のお話

都市最大ギルドとして経験を積んだ熟練者たちのパーティーバトル

昔からの連れ合い同士だからこそできる歴史ある会話と信頼関係は見ていて楽しいです

関連記事:ダンまち外伝ソードオラトリア ネタバレ感想記事まとめ

02位.りゅうおうのおしごと!/連載中

【あらすじ・作品概要】
    将棋界の竜王である主人公に弟子入りしたのは小学五年生の女の子!
    内弟子として同棲しはじめたあいとの将棋漬けの毎日が始まる

コミカルな部分も多いですが、熱い部分がとにかく熱い

剣を持っていないだけで、将棋もまごう事なき真剣勝負なんだな…

そう実感させてくれるような熱闘がとにかく多いです

 

作者の方が非常によく取材をされています

なので、舞台となる場所のちょっとした豆知識とかでも、かなり楽しませてくれます

(大阪在住の人はそれだけでニヤリとする部分が多いです)

 

キャラの勝負に対するこだわりの強さも、もちろんいいです

…が、単なる将棋の話だけじゃないのです

  • 打ち込んできたことへの代償
  • 勝負に生きるために犠牲にしたもの

そういう、いろんな人生が描かれているのがいいですね 

キャラも可愛いし、将棋が分からない人でも楽しめるのでおすすめです

関連記事:りゅうおうのおしごと! ネタバレ感想記事まとめ

関連記事:【ラノベ】ロリな幼女が可愛い作品のおすすめまとめ!

03位.ソードアート・オンライン/連載中

-これは、ゲームであっても遊びではない-

【あらすじ・作品概要】
    ゲームオーバー=現実世界での死となる究極のデスゲーム
    クリア以外に離脱不可能なゲームを生きる少年と少女の物語

誰もが行きたいと願う仮想現実であるゲームの世界

その中に捕らわれた少年少女たちが命懸けでゲームを攻略していく

 

アニメで一躍有名になったSAOですが、一巻の完成度は見事の一言です

VRMMOという仮想現実の世界のリアリティを十分に出したうえで、

物語が成熟する一番面白いところを読者へと届けた名作です

文章が読みやすいので、ラノベを読み慣れていない人にもオススメですね

 

関連記事:【SAO】ソードアート・オンライン ネタバレ感想記事全巻リンクまとめ

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン プログレッシブ/連載中

【あらすじ・作品概要】
    ソードアート・オンライン第一巻の舞台である浮遊城アインクラッドを
    第一階層から攻略していていくキリトとアスナの物語

読者が見たいと思っていた世界を、作者が叶えてくれたのがこの作品

まだデレる前ということでツン要素が高めな正妻さんとの

婚前旅行的な空気が美味しいです

 

おい、孤独なソロプレイヤーはどこにいった!? と思いつつ

ニヤニヤさせてくれるならいいか…と思いながら楽しませてくれる一品です

SAOのヒロインたちもちょいちょいと見え隠れするのがいい感じ

発売してくれる分には嬉しくて買うからかまわないのですが、

本当に74階層までやると何巻まで行って何年後だろうというのはちょっと心配

関連記事:SAO ソードアート・オンライン プログレッシブ ネタバレ感想記事まとめ

04位.ようこそ実力至上主義の教室へ/連載中

-本当に優秀な人材とは何か?を問う学園都市物語-

【あらすじ・作品概要】
    希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという高度育成高等学校
    毎月10万円相当のポイントが支給され髪型や私物の持ち込みも自由
    だがその正体は優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校だった

 学校の成績は、ペーパーテストの学力だけで計測されるべきなのか?

そこに真っ向から踏み込み、真に有能な人材とは何ができるものなのかを問う内容でした

 

思考力、判断力、統率力、コミュニケーション能力

評価すべき軸はたくさんあり、そのための特別試験も用意されています

 

外界と完全に隔離された学校で繰り広げられる、非日常な学園生活

表紙や挿絵で分かるとおりに女子たちも可愛らしくて素敵です

でもね、この作品の一番いいところは、可愛い、格好いいだけじゃないんです

みんなして、人間臭くて、とにかく癖とアクが強い 

 

誰も彼も一筋縄じゃ行かないなかで繰り広げられる高度な頭脳戦は、見ているだけでもとても楽しいものでした

人の死なないミステリー的な驚きがあって、個人的に大好きです

関連記事:【よう実】ようこそ実力至上主義の教室への全巻感想まとめ!

05位.オーバーロード/連載中

【あらすじ・作品概要】
    VRMMOのサービス終了日に、ログアウト不可&NPCが喋り出す事件が発生
    最強ギルドでギルド長を務めていた主人公は、忠誠を誓うNPCを束ねて
    この世界で支配者として振る舞うことを決意した

ログアウト不可&ゲームの世界が変質したことによる異世界トリップもの

最強ギルドの一角に所属していただけあって、主人公の場馴れぶりは素敵です

 

そして、最強ギルドと言っても、過去の栄華な部分も大きく

ゲームを辞めていったものたちとの思い出や温度差など、見ていて切なくなるシーンも多々ありました

 

命令とあれば、死すらも厭(いと)わない

そんな、盲目的なまでに忠実なNPCが部下になり、主人への忠誠を誓います

個人的に有能かつご主人様大好きな部下がいるのは大好きでね

それが全員、しかも個性豊かとなれば、これは熱い!

 

主人公が用意周到に考えた上で行動するタイプなのもいいですね

偶然やラッキーに頼るのではない、限界まで頭を使ってどうすればいいか考え抜く

元サラリーマンということで、理想の上司としての対応もしてくれました

ここまで、主人公と部下の関係をもっと楽しみたいと思った作品は初めてです

 

関連記事:【ラノベ】オーバーロードのネタバレ感想記事まとめ

06位.ノーゲーム・ノーライフ/連載中

【あらすじ・作品概要】
    最強ゲーマーの兄妹が、ゲームで全てを決める異世界で無双するお話
    計算をさせたら敵なしな妹と、駆け引きならお手の物な兄のコンビがいい感じ

ゲームに強すぎる兄妹の異世界トリップものですが、

その圧倒的なゲームの強さが素晴らしい単なるプレイヤースキルだけじゃなく

情報戦や勝つための道筋などが綿密に描かれているのがいいところ

 

どこに伏線や意図があったのかが作中できちんと言及されているのが個人的にツボ

兄妹のどこまでも相手を必要とする信頼関係と、

長年連れ添った仲だからできる軽妙なやりとりがいい

エルフを「森の雑種さん」と煽れるジブリールの毒舌を楽しむだけでも

買うに値した作品でした

 

関連記事:【ノゲノラ】ノーゲーム・ノーライフ ネタバレ感想記事まとめ

07位.Re:ゼロから始める異世界生活/連載中

【あらすじ・作品概要】
    異世界に召喚されたスバルが得た能力は『死に戻り』
    自分が死亡したときに、記憶を引き継いである時点まで巻き戻るというもの
    死の痛みを、誰にも理解されない絶望を乗り越えて、運命を切り開く

今までに見てきた異世界召喚や転生ものの中でも一番しんどいスキル

それが、この死に戻りだと思います

 

高難易度なものを死んでゲームオーバーの表記と共にセーブポイントからやり直す

そういうゲームでやっているようなものをラノベに持ち込んだ感じです

まさか、それがこんなに面白いとは思いませんでした

 

使える武器は、己の命のみ

それ以外には何の取り柄もスキルもないという少年が、必死に未来を切り開く

そのために駆けずり回り、血を流し、それでも命を懸ける

その姿を見ていて、その努力が実る瞬間がなんとも良かったです

 

残酷描写はかなり多め

人が怪我をする、血を流す、死ぬという表現が苦手な人にはオススメできません

アニメ版もありますので、アニメで気に入ったら原作という流れもありです

関連記事:【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活 ネタバレ感想まとめ

08位.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。/完結(16巻)

【あらすじ・作品概要】
    ひねくれ者故に友達も彼女もいない男子が連れてこられた「奉仕部」。
    美少女とラブコメにならない残念で間違いだらけの青春模様が始まる。

ぼっちだ、コミュ障だといい、こじらせ系男子の筆頭である主人公

ですが、誰と絡ませても自虐他虐含めて鋭い切れ味で笑いを取れる

しかも、あーあるあるという驚きの共感力を発揮させてくれる稀有な存在です

 

「このライトノベルがすごい」キャラ男性部門

SAOのキリトさん、とあるの上条さんを抑えて一位をもぎとった読者からの愛され方は伊達じゃないですね

 

リア充たちと陰キャたちの比較やスクールカーストなどを上手に描きつつ

人間関係、特に人と人のつながりには、不器用だけど前に進んでいくキャラたちは

見ていて応援したくなります

関連記事:【俺ガイル】14巻(最新刊)ネタバレ感想・あらすじ 発売日2019/11/19

09位.ロウきゅーぶ!/完結(15巻)

-ロリコンでスポコンで変態だけど紳士なラノベ-

【あらすじ・作品概要】
    部長のロリコン疑惑で高校のバスケ部が活動停止に!
    なのに、頼まれて小学校女子バスケ部コーチに就任!? 

ろうきゅう【籠球】=バスケットなので、バスケットラノベなんですよ、これ

イラストだけだと小学生とただキャッキャうふふしてるだけに見えるかもしれませんが

れっきとした熱血スポーツラノベなので、普通にオススメです

 

小学生のコーチとなった主人公の昴(すばる)と、教え子である小学生5人の

勝利に向けて頑張る姿は見ていて心から熱くなれます

関連記事:【ラノベ】ロリな幼女が可愛い作品のおすすめまとめ!

10位.賭博師は祈らない/連載中

-賭博師は負けない、勝ちすぎない、そして、祈らない-

【あらすじ・作品概要】

賭博師を生業(なりわい)としているラザルス・カインド

声を出せない奴隷の少女、リーラとの不器用な共同生活

世界観がとてもしっかりしていて、そこで生活する人々の暮らしや習慣が丁寧に描かれています

丁寧に作り上げられたロンドンの空気と、そこで生活する人々が楽しめます

(狼と香辛料の雰囲気が好きな人には、ぜひともオススメしたい一品です)

 

ペニー(小銭)を稼いで買えるところから、ペニー・カインドというあだ名をつけられた主人公と奴隷の少女リーラの話

しゃべれない(会話ができない)ヒロインで大丈夫か? と心配しましたが…

可愛さにもだえることになるとは想いもしませんでしたね、ほんと可愛い

 

だんだんと距離感が近くなる二人というのが本当にツボでした

これからも末永く続いてほしい作品です

 

行き場のない奴隷の少女を救う不器用な共同生活

そこに見え隠れする優しさと本人たちの生き様に触れるのが、本当に大好きです

11位.本好きの下剋上/連載中

【あらすじ・作品概要】
    異世界の転生先は、識字率が低い世界なうえに病弱な女の子
    愛しの本を手に入れるため、知識全開の奮闘記が始まります

本が好きで好きでたまらないのに、転生先の世界では貴族の嗜好品になっている…

だったら、どうするか…自分で作ればいいじゃない

 

資金もない、体力もない、伝手もない

まったく何もないところから、知識と商売を駆使して少しずつ出来ることが広がっていく様は、上質な経営系ゲームのようでした

ほんと、ちょっとずつ何かが出来るようになるのって、快感ですよね

ついつい続きが読みたくなって一気読みしてしまった良作

 

下町の不衛生や貧困、識字率の低さなんていう『生活』を細かに描いています

なので、そういう雰囲気が好きな人はぜひ

 

格好いい男性が多めですが、恋愛描写と戦闘シーンは少な目です

恋愛とか戦闘よりもファンタジーな生活風景が見たい! なんて人にオススメです

12位.黄昏色の詠使い/完結(10巻)

-きっと、この詠は大切な人に届くから-

【あらすじ・作品概要】
    名詠式を教える学校に通うクルーエルのクラスに転校してきたネイト。
    彼が専行していたのは、既存の色ではなく異端の夜色名詠だった。

相手のことを讃えることで対象を呼び出す名詠式(めいえいしき)を駆使する

少年と少女が世界の真理に関わる事柄に巻き込まれていくお話

詩のように作り上げられた詠唱呪文が素敵な彩りをくれていて、大好きです

また、魔法学園ものとしても素敵なクオリティなのがいいところ

 

「後罪(クライム)の触媒(カタリスト)を<讃来歌(オラトリオ)>無しで?」

という初心者殺しのように見える台詞が独り歩きしたおかげで、

あんまり良くない印象がある人もいるようですが

そこに至るまでに、とても丁寧に世界や言葉が作り上げられてます

言葉をとても大切にした名作なので、

ぜひとも楽しんでくれる人が増えるといいなと思います

13位.七人の武器屋/完結(09巻)

-1枚のチラシと最高の出会いが、暇人だった俺の人生を変えた-

【あらすじ・作品概要】
    武器屋エクス・ガリバーのオーナー募集の広告で集う七人の少年少女。
    素人のオコサマたちによる武器屋経営は、青春と情熱にあふれていた。

NHK系のアニメを思わせるような平和なんだけど楽しい子供たちの冒険

萌えに特化したわけでもないし、殺伐とした戦いでもない

きちんと誰もが楽しめるように考えつくされた子供たちの世界

みんなであれこれ考えて、時にはぶつかりあって、それでも楽しく過ごしていく

最近の作品ではあんまり見なくなった心温まる冒険のお話でした

 

対象年齢はわりと低めで、小学生~中学生ぐらいに読んで欲しい作品!

子供の頃を思い出したくなったら読むと破壊力抜群です

(大人が買う場合、立ち読み機能をおすすめします。ノリがあわないと思ったら注意、その空気はずっと変わらないので)

関連記事:完結済みラノベをおすすめ作品だけ厳選まとめ16作品!

14位.弱キャラ友崎くん/連載中

-人生はクソゲー? それとも神ゲー?-

【あらすじ・作品概要】

人への話しかける方法、姿勢の矯正、発声練習、話題の暗記

美少女指南で始める、人生というゲームの攻略

ゲームの中は素晴らしいのに、現実と人生はどうしてこうもクソゲーなんだろう

そんな、オタクだったら一度は考える思考を持つ弱キャラ友崎くんが主人公の話

 

レベルの表示機能はない

ステータスは見れない

それでも、間違いなくレベルアップしている

人生と向きあい、一つずつ課題を懸命にこなしていく主人公は好感を持てます

悩んだり、迷ったりしながらも一生懸命だから、いいんですよね

 

何かをきっかけに、人生は本当に変えられるかもしれない

そして、人生を変えて、レベルがあがったからこそ見えてくる『世界』がある

そんな、青春とワクワクをくれる素敵な作品でした

関連記事:弱キャラ友崎くん 1巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2016/05/18

15位.理想のヒモ生活/連載中

【あらすじ・作品概要】
    異世界に召喚されて、美女に婿になってくれないかと懇願された主人公
    お迎えが来るのは一カ月後…さて、異世界に何を持って行こうかな?

流行の異世界トリップものですが、突然に呼び出されて帰れなくなった! 展開ではありません

呼び出されるのは今から一カ月後、持って行けるものは絨毯に乗せられる分だけ

さて、じゃあ、何を持って行ったら異世界の暮らしを快適にできるかな?

その発想から、この物語は始まっています

 

異世界に到着したら、表紙の奥様に熱烈に愛され、仲睦まじく暮らします

異世界に行くなら異能力を発現…なんてのご褒美はありませんが、日本の文化と家電を武器に無双する姿はなかなか楽しいです

王宮暮らしで色々ある感じですが戦闘色は少な目です、貴族の暮らしや文化などが好きな人にオススメです

 

関連記事:理想のヒモ生活 9巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2017/5/31

16位.ゲーマーズ!/完結(14巻)

【あらすじ・作品概要】
    平凡ぼっちと校内一の美少女、でも、どっちもゲーム大好きなんです
    勘違い&すれ違い上等! 錯綜系なゲーム大好きラブコメディ

ゲーム好きでぼっちだった主人公が、周囲とだんだんと触れ合っていくお話

急転直下で驚きな展開も多いですが、だからこそ引き込まれるところも多いですね

 

個人的には主人公の天野君にハッとさせられる瞬間があって、それがすごい好きです

ゲームに向き合うスタンスとか、ゲームに込める熱意とか、ゲームへの愛とか

そんな、気づかないうちに自分でも見失ってしまったものを気づかせてくれる作品でもあります

 

基本、ハイテンションでヒロイン可愛い系ラブコメなので、そういうの好きな人はぜひ

2017年夏にアニメ化しましたが、おかげで脳内再生がはかどって大変幸せです

 

関連記事:ゲーマーズ! ネタバレ感想記事 ブログ内まとめ

17位.空ノ鐘の響く惑星で/完結(13巻)

-真の王族は人に愛され、人を奮い立たせる力を持つ-

【あらすじ・作品概要】
    来訪者(ビジター)として超文明の世界からきた少女と出会う第四王子。
    少女と青年が出会うときに、長き平和が終わりを告げ、戦乱が幕を開ける。

戦乱の世で第四王子が主人公とか…第一から第三王子、逃げてー! 超逃げてー!

わりと衝撃的な内容が多く、人も兵器で死んでいくので苦手な人はご注意ください

 

ファンタジーとして王道な戦乱の世ということで、割と衝撃な展開の連続で

一喜一憂しながら、時にはため息をついてしまうほどに物語に引き込まれました

何よりも、ヒロインが萌えではなく素朴なところが可愛い

幼馴染・司祭・一途と三拍子そろった空色の髪のウルクが本当に可愛くて大好き

流行の萌えでなく、こういう素材の味を生かしたものも味わい深いです

18位.異世界居酒屋「のぶ」/連載中

-食事で人が喜んでくれるというのは、こんなにも嬉しい- 

【あらすじ・作品概要】
    日本の小料理屋が不思議な力で異世界の城下町とつながってしまう
    食材、調理技法で無双しつつ困っている人たちを料理で笑顔にしていく話

誰もがこの店から帰るときには笑顔になり、また来たいと帰っていく

その幸せな空気にあふれているところが大好きでした

ああ、料理っていうのはこうして人を幸せにしていくものなんだよな

そして、こんなにも美味い料理にあふれてる現代の日本は幸せなんだな

そんな、異世界と見比べたからこそ幸せを実感できる素敵な本でした

関連記事:小説家になろうで面白いおすすめ作品をランキング紹介【あらすじ付/12選】

19位.バカとテストと召喚獣/完結(18巻)

-マンガを超える読みやすさ! きちんと笑わせてくれるラブコメラノベ!

【あらすじ・作品概要】
    自分のテストの点数が、召喚獣の強さになる!
    戦争を勝ち上がり、最上クラスを目指せ!

こんな学校に通いたい、こんな友達と楽しくやりたい

そんな、誰もがあこがれる楽しさを提供してくれました

 

ラブコメディでもコメディ多め、男友達も多数出演という

ラノベでは珍しいバランスのとれた作品

ハーレムではなくカップル構成なのもいいですね

なんにせよ、寡黙で一途で暴走しがちな霧島さんが可愛すぎてヤバいです

 

作家さんが女装男子が好きなのか、やたらと女装する回が多く

主人公が表紙を女装で飾ったという稀有な例もあるので、好きな人はおすすめ

テストのお馬鹿回答や作者さんの変態的な後書きも大好きでした

小説を読むのになれてない人でも気楽に笑って読めるので、初心者にオススメです

関連記事:ギャグ・コメディでおすすめの楽しいラノベ!面白く笑えるのを厳選

20位.転生したらスライムだった件/連載中

【あらすじ・作品概要】
    通り魔に殺されたサラリーマンが転生した先は、まさかのスライム!
    最弱? いいえ、能力複数の最強物語が始まります

数多の特殊能力を駆使しながら次々と無双していくという典型的な異世界転生モノ

一つ一つ能力を習得し、それを組み合わせることでさらに強くなっていく

 

また、名前を分け与えることで部下というか仲間を増やし、力を分け与えるという素敵な展開も良かったです

そうして集ったモンスターな仲間たちと作り上げたモンスターの街が着々とできあがっていくあたりも見どころです

主人公の性格とか考え方が個人的にツボな点が多くて好感が持てるので、そのあたりも一押しポイントです

関連記事:ご主人様大好き!主従関係の絆が熱いおすすめラノベ5選!

21位.氷菓/連載中

-人が死なないミステリーは青春と可愛さにあふれていた-

【あらすじ・作品概要】
    何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”折木奉太郎は、
    入部した古典部で、日常に潜む不思議な謎を解き明かしていくことに。

ミステリー=○○殺人事件だとばかり思っていた俺に幸せな衝撃をくれた作品

しっかりと組み上げられた話の構成を味わいながら、最後のページを閉じる満足は

何物にも代えがたい幸せでしたね

 

ほうたる(折木奉太郎:主人公)、えるたそ(千反田える:ヒロイン)がもう可愛い

この二人のやりとりだけでも、ずっと見ていたいという気持ちになります

関連記事:いまさら翼といわれても あらすじ・感想・ネタバレあり

22位.逆襲の魔王/完結(4巻)

-忠臣の心を引き付けて止まない本物の魔王がここにいた-

【あらすじ・作品概要】
    魔王・ラジャスが、魔力を全て吸い取られて人間の勇者・サラに倒された。
    入れ替わる勇者と魔王、そして、魔王は復讐を誓い、逆襲を企てる。

ファンタジーを描く人にとって重要なポイントである『魔王』ですが

もうね、その魔王がこの作品では、ひたすらに格好いいのですよ

 

表紙の剣と鋭い眼差しに呼ばれた気がして買ったけど、表紙に負けないぐらい格好いい

無骨な男であり王と呼ばれる器である男というのはこんなにも格好いいのか

そして、張り巡らされた策謀とキャラたちの選ぶ己の道が好きでした

 

全四巻なので完結済で手軽に読めるのもおすすめポイントです

関連記事:完結済みラノベをおすすめ作品だけ厳選まとめ16作品!

23位.BLACK BLOOD BROTHERS/完結(17巻)

-癖になる味付けの濃さは、特濃のバターに似ている-

【あらすじ・作品概要】
    吸血鬼の兄弟は、吸血鬼と人間が共存する『特区』を訪れる。
    血統と宿命の交差する夜は、いつも戦いで彩られていた。

吸血鬼の特性はもちろんのこと、文化や価値観の違いから

その生き様などが見事に描かれている世界観は見事の一言

独自の解釈やルールも展開されておりますが

過去の事件なども緻密に組み上げられているおかげで違和感なく

その世界に没入して楽しむことができます

 

一巻ごとに必ず読者を満足させようという気概が見える良作です

読了後の満足と爽快感を感じさせてくれるのでいけば

読んできた中でもかなりの上位にランクインしてくれています

24位.狼と香辛料/連載中

【あらすじ・作品概要】
    行商人のロレンスと賢狼ホロが行商の旅の中で次々に事件に巻き込まれる。
    事件を超えるごとに二人は思い出を作り、少しずつ距離を縮めながら旅は続く。

剣も魔法もない、金勘定で生きていく商人のたくましさを書いた

そんな、ちょっと変わったファンタジーな物語でした

 

個人的にはロレンスが行商人の駆け出しではなく中級者なところが一番好きです

大人の対応や過去の経験から、キャラへの深さを持たせてるところと

それでもホロにやりこめられることが多い当たりにキャラの良さがあふれてます

この二人の気の利いたセリフのやりとりは楽しくていつまでも見ていたいです

関連記事:会話やセリフ回しが楽しい!おすすめの面白いラノベ3選!

25位.風の聖痕/連載休止

-未完でも買って損したなんて思わない、俺はこの本が読めて良かった-

【あらすじ・作品概要】
    一族を追放された和麻の帰国にあわせて一族の人間が次々と惨殺される。
    人の死と復讐に彩られた世界を生きる術者たちの白熱バトル。

炎術師の家系に産まれながらも風術師としての才能を開花させ

『敵対するもの老若男女平等に皆殺し』を方針に、

皮肉屋で自己中心に、大胆不敵に立ち回る八神和麻

 

ああもう、名家の矜持(プライド)を重んじる態度とかね

子供のことを認められない頑固親父のツンぶりとか、そういうの大好きなんですよ

歴史を感じさせるそういう背景のある家とは、なぜこうもテンションあがるのか

 

作者が亡くなられて制作途中の原稿が最後の巻にあがっていました

未完のままに終わってしまうのは寂しいけれど、でも、楽しかったですよ

なので、個人的にはオススメですが、未完が嫌な人はご注意ください

26位.タザリア王国物語/小説家になろうへ移動

-ツンデレもヤンデレも超えた先に『虐デレ』がある-

【あらすじ・作品概要】
    皇子と同じ顔の孤児の少年は、王宮で皇子の影武者として教育される。
    本物の皇子以上に成長を遂げたジグリットは皇子と入れ替わってしまう。

今までラノベで数あるヒロインを見てきましたが、リネア様が一番印象に残ってます

虐デレとでも言うべき、主人公に対して過剰な攻撃性と怒りを持っているのに、

それでも主人公の一挙手一投足が気になるぐらいに心底惚れてるという…

 

だって、行動の一つ一つが神がかってますよ

  • 主人公と仲良くなった侍女を半身不随する
  • 主人公の故郷を焼いて帰ることができないようにする

ああもう、このヤバさが癖になるな…という重い愛

とてもアンバランスな乙女心! だからこそいい作品です

どっちかに振りきれてないからこそ、余計にいいんでしょうね、こういうのは

ファン・ダルタという騎士の忠誠というには度を越えた溺愛っぷりが輝きます

大人の男がショタ相手にあれこれ世話を焼くシーンで

にやつく人の気持ちが分かってしまうな、これは

 

小説自体もとても世界に入り込みやすい完成度の高さです

タザリア王国物語外伝 地底の魔学者 小説家になろうで続編が公開中!

id:kuro2esoさん、コメントでの情報提供ありがとうございました!

27位.イリヤの空、UFOの夏/完結(4巻)

-この世界はとても濃厚で、どこか懐かしい-

【あらすじ・作品概要】
    新聞部の浅羽は、夏休み最後の夜に学校のプールへ忍び込む。
    そこで出会った「伊里野」は、世間知らずで不思議な少女だった。

いい文章は、読者にその場にいることを錯覚させるといいます

夏という暑さはもちろん、匂いや味までしてきそうな情景描写は見事の一言です

声だけじゃなく吐息まで聞こえさせてくれる文章

古き良き昭和に連れて行ってくれます

 

日常と非日常の狭間で、揺れ動きながらも勝手に進む日常

それに取り残されないよう、絶望しながらも歩く少年少女の姿は胸に残りました

全四巻という構成を聞くと物足りない人もいそうですが、この濃厚さはがっつりと楽しませてくれます

関連記事:完結済みラノベをおすすめ作品だけ厳選まとめ16作品!

28位.最弱無敗の神装機竜/連載中

【あらすじ・作品概要】

亡国の王子が、事件の末に女子高へ編入することになって!?

装甲機竜を駆使して闘う、ヒロインだらけの学園ファンタジーバトルです

ハーレム系でファンタジーな学園モノです

ヒロインはいずれも可愛いので、お気に入りが一人は見つかることでしょう

はい、俺の場合は二人ほどいます、うん、まさに甲乙つけがたい

 

また、ヒロインが可愛いだけじゃありません

バトルも熱いうえにきちんとまとめらているので、一巻ごとに楽しく読めます

なんていうか、上質なギャルゲーをやっている気分ですごくいいんですよね

 

個人的な推しですが、2巻のエンド付近が一番好き

なので、購入する人はぜひ二巻のラストまで読んでほしいです

いや、ほんとあのシーンは最高だったと思うんですよ

29位.ミスマルカ興国物語/完結(14巻)

-"力"なんかいらいない-

【あらすじ・作品概要】
    剣も魔法もできない遊んでばかりの放蕩王子に帝国の侵略部隊が迫る!。
    それでも彼は、武力を良しとせず、かわりに知恵を振るった。

武力を持つことを嫌い、己の頭と舌先だけで敵を攻略していく

主人公の特性は「蛇」ということで、大胆な行動力と搦め手は見事なもの

普段は昼行燈を決め込んでいる主人公がやるときにやる姿は、

どうしてこうも格好いいのか…この豹変ぶりがたまらない

 

加えて、本人の中に見え隠れする狂気が素晴らしくいい味を出している

刃を持たず、武力を良しとせず、口先だけで戦い続ける王子がなんとも素晴らしい

戦闘だけのファンタジーに飽きている方にはオススメです

30位.ハイスクールD×D/連載中

-馬鹿でスケベで熱く燃えたぎる男、それとおっぱい-

【あらすじ・作品概要】
    殺された俺を悪魔に転生してくれたのは巨乳なお姉さまだった
    神話・悪魔を題材とした「学園ラブコメバトルファンタジー」開幕

 悪魔・堕天使・天使が入り乱れてのバトルがメインです。

いきなり主人公が殺されて転生悪魔として

お姉さまに拾われるところから物語が始まります

 

弱い主人公がひたすらに努力を重ねて強くなっていく展開もいいし

なによりもハーレムを作りたいと公言して、

その夢に向かって着々と女の子が増えていくのがいい!

馬鹿でエロくて一直線! まさに主人公としての活躍をしてくれる赤龍帝の活躍譚は

読了後に爽快な気分をくれるので大好きです

 

関連記事:ハイスクールD×D ネタバレ感想記事 ブログ内まとめ

31位.魔法科高校の劣等生/連載中

-さすがはお兄様です! 極上の俺tueee-

【あらすじ・作品概要】
    ある欠陥を抱える劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。
    二人が魔法科高校の門をくぐるとき、波乱の日々が幕開いた。

試験では認められないが実践最強な魔法を持つお兄様こと「司波達也」の

それはもうとんでもない無双っぷりを描いた素敵作品!

クールで皮肉屋でエリートで紳士、実践最強、理論も最強の御曹司と

もう数え役満なほどの俺TUEEEぶり!

そんな完全無欠のお兄様にベタ惚れな妹の深雪をヒロインに置いた魔法学園モノです

 

一巻の空気があわなかったらその後は止めておきましょうというぐらいに

お兄様SUGEEE!!という方針がぶれません

どんな事態でもだいたい苦戦しないので、そういうのダメな人はスルー推奨

関連記事:魔法科高校の劣等生 ネタバレ感想記事まとめ

32位.はたらく魔王さま!/連載中

【あらすじ・作品概要】
    異世界から日本へ転移してきた魔王と勇者がしたのは衣食住の確保。
    人々の生活に身を置き仕事をしながら異世界とのしがらみに向き合っていく。

庶民派魔王さまの人情ファンタジーもの

割と見かける現実から異世界へのトリップではなく、

異世界から魔王や勇者たちが日本へ転移してきて暮らす話

しかも、異能力をアドバンテージに人間相手に俺TUEEEをするのではなく、

人々の生活に身を置くことで、人間SUGEEEE!と味わうあたりが面白いです

 

読み進めていく度に世界が広がり仲間が増え、団らんが増していくという良作

初期の頃から綿密に作り上げられている深い作りこみも好印象ですが、

異世界人たちが口々に褒めてくれる日本の価値の再発見も好きなポイントです

生魚をこんな鮮度で食べられるの!? とか、

品種改良された野菜ってすげーとか、言われてみりゃそうだよなぁ

 

関連記事:はたらく魔王さま! ネタバレ感想記事 ブログ内まとめ - ラノベ見聞録

33位.アクセル・ワールド/連載中

【あらすじ・作品概要】
    スクールカースト最底辺のボクが、姫を護る騎士≪バーストリンカー≫に…
    少女がくれた謎のゲームソフトを介し、ハルユキは≪加速世界≫の存在を知る

いじめられっ子の大逆転キターというわけで、

ぽっちゃりでキョドる自信のない主人公が、

学園一の美少女からゲームの才能を見初められ、

持ち前の優しさでヒロインたちに次々愛されていき

和気藹々ながらもハーレムを構築しながら女の子たちと「直結」している感じです

 

話の中核を担うゲームは「加速」がテーマとなっており、

思考を1000倍に加速したり、肉体を10倍に加速させるなどというトンデモ仕様。

老成した幼女という非合法ロリBBAという稀有なものを味わえます、やったね

関連記事:アクセル・ワールド ネタバレ感想記事まとめ

34位.異世界食堂/連載中

【あらすじ・作品概要】
    異世界に点在する扉は、日本の洋食「ねこや」につながっている
    異世界の住人達に洋食をふるい、みんなが満面の笑みで料理を頬張る

グルメラノベは数あるのですが、個人的に一押しです

というのも、紙幅のほとんどが、料理を食べた人の驚きと幸せなリアクションだからです

 

調理工程とか、料理の由来とか、そういうのはいい

俺が見たいのは、客の幸せそうな反応なんだ

未知の料理への驚きだったり、食べたときの幸せそうな反応だったり、好物の料理への執着だったり、そういうお客さんの想いが見たい

 

そんな俺には、とってもしっくりきた作品でした

幸せなお客さんの笑顔が見たい人にオススメです

関連記事:グルメ系のラノベで飯テロ!おすすめの美味しそうな作品6選

35位.蜘蛛ですが、なにか?/連載中

クラスの全員が死んで、クラス丸ごと異世界転生という怒涛の展開

王侯貴族(人間)に転生するクラスメイトたちもいる中、ヒロインが転生したのは、ちっぽけな蜘蛛のモンスター

 

ダンジョンの中にただ一人、頼れるのは己のみ

最低・最弱から始まるサバイバル生活に、一気に引き込まれました

あんなにもどうしようもない状況なのに、ヒロインのメンタルが全く折れない

 

タイトルの「xxですが、何か?」というテンションのとおり、文章や台詞も明るいノリと一人ツッコミ満載なので、そういうの好きな人はオススメです

 

そして、転生、最弱からの始まりと言えば、やっぱりレベルアップ祭りですよね

思考する頭があるからこそできる、ワンランク上のレベルあげとスキル構築

 

そこから始まる番狂わせ(ジャイアントキリング)は大好きでした

最弱からの成長が好きな人におすすめです

関連記事:蜘蛛ですが、なにか? ネタバレ感想記事まとめ

36位.武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行/連載中

-二度目の人生、過去の縁が交錯する-

【あらすじ・作品概要】
    武道に全てを捧げて寿命を迎えた老人の転生先は、同じ世界の数十年後。
    もう一度、遥かな高みへ挑戦するため、知識と技術を元に己を鍛え直す。

転生モノでも異世界ではなく、自分が死んだ世界の数十年後に転生なので、

自分の弟子だったエルフ娘やらライバルだった奴に再開できます

自分の死をどれだけ悼んでくれたのか、

そして果たせるはずのない再開をしたというシチュエーションが好きです

 

何より素敵なところは、誰もが願ったことがあるだろう、

今の知識を持って人生をやり直すという魅力です

自分の掴んだ技術を手放さずに、

全てを分かった上で楽しむ二度目の人生というのは憧れですよね

主人公の中身がおじいちゃんなので、おじいちゃん萌え(燃え)の人もぜひ

関連記事:ラノベで異世界召喚・異世界転生・異世界トリップおすすめ22作品!

37位.涼宮ハルヒの憂鬱/連載休止中

【あらすじ・作品概要】
    「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい」
    この台詞から、俺の日常と超常の交錯は始まっていた。

大人気アニメとしてライトノベルの知名度向上の一翼を担った作品

学校がつまらなければ部活を作ればいいじゃない…というよくある流れから

独特の進化を遂げた世界観を持つこの作品

登場キャラたちの癖の強さと、主人公である「キョン」の癖の強い一人語りにハマれば

読了なんてあっという間です

 

アニメを見て「長門は俺の嫁」な人も「禁則事項」に心ときめいた人も

原作を読んでみると新しい発見があると思うのでオススメです

新刊が発売無期延期? そんなの、のんびり待てば待てばいいじゃない

38位.悪魔のミカタ/連載休止中

-ナナメから見る世界はこんなにも違って見える-

【あらすじ・作品概要】
    恋人である冬月日奈を生き返らせるために。
    人間の魂を回収するために世界中にばら撒かれた『知恵の実』へと手を伸ばす

登場キャラたちの斜に構えたオシャレ具合や生き様が癖になる

分かってる系や達観系を上手にブレンドした配合具合は、

この作品でしか味わえない絶妙な味を出しています

 

各キャラの生き様や価値観に対するこだわりが強く、

涙や哀しみとの向き合い方、感情の割り切り方など

普段では触れられないような考え方が読めるのが好きでした

39位.星界の紋章・星界の戦記/連載中

-アーヴ、その性、傲慢にして無謀-

【あらすじ・作品概要】
    突如襲来した宇宙艦隊によって平和は破られた。
    全面降伏を選んだ政府主席の決断は、息子ジントを星界軍へといざなう。

人類とはまったく違う宇宙人というのは割と描かれることが多いと思いますが

ここまで文化や風習、考え方が違う種族を見事に描いてる作品は他に知りません

皮肉が好き、迂遠な会話が好き、直接的な表現による批判をつまらないと思う人には

ぜひとも読んで頂きたい一品です

 

2013年3月に約9年ぶりに新刊が出たということもあるので

待つのが得意な人はぜひ俺と一緒に次に向けて正座待機しましょう

関連記事:会話やセリフ回しが楽しい!おすすめの面白いラノベ3選!

40位.でたまか/完結(16巻)

【あらすじ・作品概要】
    カネなしコネなし色気なしの帝国のビンボー貴族の主人公が
    へなちょこな艦隊を「でたとこまかせ」で臨機応変に指揮していくお話

ギャグ一辺倒とは言わないけどコミカルなシーンもそれなりに多いので

シリアスよりは笑いながら読めるのが好きな人向け

 

SFとしての舞台設定や艦隊の指揮にも見所はありますが

なんといってもこの作品の魅力は、キャラクターたち

最弱艦隊を指揮して巨悪に立ち向かうというシチュエーションに燃える人はぜひ

背中をゾクゾクとさせてくれるような面白さが詰め込まれていた作品でした

41位.十二国記/連載中

-王と神獣である麒麟が紡ぐ十二の国の物語-

【あらすじ・作品概要】
    学校から連れ去られ、海に映る月の光をくぐった先は地図にない国。
    闇から躍りでる異形の獣たちと戦う、あてのない孤独な旅が始まる。

神仙や妖魔などの中国系を舞台にしたファンタジー

十二の国を統べる王と、その王を天意によって選ぶ神獣の麒麟の物語

中世ヨーロッパ系のファンタジーが多い中での中国系という世界観もいいですが、

何よりも好きなのは王と麒麟の関係ですね

人馬一体という言葉のように、二人で足並みをあわせなければ国が立ち行かない

そんな中で、王と麒麟がどのように出会い、

どう影響しあいながら過ごしていくのかが一番のポイントだと思います

 

互いに認め合ったり、揉めてみたりしながらもやっぱり離れられない

そんな二人の関係の奥深さが物語を楽しませてくれると思います

42位.図書館戦争/完結(6巻)

【あらすじ・作品概要】
    行き過ぎた検閲『メディア良化法』から本を守る図書隊に入隊した女の子。
    彼女を突き動かしたのは、図書隊員を名乗る“王子様”との出会いだった。

本を守るという架空の自衛隊を舞台にした作品

ラブコメにいれるべきかと迷うぐらいにはラブが多かったです

本編中もなかなか良かったけれど、短編の方の破壊力がヤバいですね

 

女性作家特有の理想と現実を上手に混ぜた女の子描写が好きな人にはツボな作品

また、女性向けに分類されるぐらいに男の描写に気合いが入っているので

ああ、これ絶対女の子に人気がでる男キャラだと思わせるキャラの多いこと多いこと

年下の女の子と、包容力にあふれた男たちのイチャつきが好きな方はぜひ

43位.ムシウタ/完結(24巻)

-誰もが必死に生きようと足掻(あが)き、そして散っていく-

【あらすじ・作品概要】
    「虫憑き」は虫を殺されると「欠落者」になって、生きながらに死ぬ
    人の夢を食らう虫を従える、命を削った異能力バトル

虫ごとに仕える異能力が違うのはもちろん、ランク付けもされているおかげで、

絶望感を味わいながら番狂わせ(ジャイアント・キリング)も楽しめます

「チッ、組織の奴らが動いたか」的な典型的なラノベ空気も個人的にはツボ

 

作中のキャラが結構な頻度でお亡くなりになるので、そういうのダメな人は注意

誰が生き、誰が死ぬのか緊迫した中で読むのが好きな人はぜひ

44位.アリソンシリーズ/完結(10巻)

-誰もが憧れる冒険がここにはある-

【あらすじ・作品概要】
    その大陸は二つの連邦に分けられて長い間、戦争を繰り返していた。
    『戦争を終わらせることができる宝』を告げられた17歳の男女の冒険譚。

学生ヴィルと軍人アリソンが繰りひろげる冒険の物語

キノの旅で有名な時雨沢先生の作品の中でも屈指の名作です

完全オリジナルのファンタジー冒険小説は純粋に面白く引き込まれるクオリティで

一冊の読了でここまで満足感をくれたのは、この作品が一番かもしれません

 

物語が進むごとに徐々に散りばめられていた情報が立体となっていき

最後にきちんとした絵が浮かび上がるという小説の醍醐味もさることながら

じゃじゃ馬なアリソンとその手綱を上手に引くヴィルの掛け合いが良かったです

続編にあたるリリアとトレイズもあわせておすすめです

45位.ゼロの使い魔/完結(25巻)

-べ、べつにあんたのことなんか、好きじゃないんだからねっ!-

【あらすじ・作品概要】
    サモンサーヴァントでツンデレ娘が召喚したのは、日本の男の子!
    誓いのキスから始まる、魔法を使えずにゼロと馬鹿にされる少女と少年の物語

異世界召喚が流行するきっかけになった作品の一つ

ツンデレ可愛いルイズに某コピペのように

ルイズルイズうわあぁあぁあぁとなるのも一興

かいがいしいメイドのシエスタ、無口で一途なタバサ、巨乳なティファニアなど

素敵ヒロインたちのハーレム要素もある上に

戦闘やそれに関わる展開も熱い物が多く、いろいろ込み上げてくる良作です

作者は亡くなられていますが、別の方が執筆を受け継ぎ、

2017年2月25日に最終巻が発売されました

46位.ゴブリンスレイヤー/連載中

-ゴブリンは殺す、慈悲はない-

【あらすじ・作品概要】
    『俺は、ゴブリン以外に興味はない』
    青年はそうつぶやき、黙々とゴブリンだけを狩り続けていった

ファンタジーの敵キャラでは最弱と呼ばれるゴブリン

その背丈は子供ほどで、腕力も知能も足りない

だが、明確な殺意を持って金属バットを握りしめた少年が数十人で殺しにきたら、果たしてそれは最弱とあなどっていいものだろうか?

 

そして、捕えられた女の子たちは洞窟の中にひきずりこまれ、嬲られ続ける…

そんなファンタジーの奥深い面を描いてあるのがこの作品でした

そのシーンを想像するだけでゾッとする、そんな恐さが満ちています

匂いまで漂ってきそうなほどの臨場感と時に残酷なまでに救いのない運命が、冒険というものの本当の恐さを教えてくれます

久しぶりに硬派なものが読みたい、という方にはぜひオススメです

関連記事:ゴブリンスレイヤー ネタバレ感想記事まとめ

47位.這いよれニャル子さん/完結(12巻)

【あらすじ・作品概要】
    得体の知れない「何か」に追われ、最期を覚悟したその瞬間。
    隣に勝手に這い寄ってきた混沌は、ハイテンションな銀髪の美少女だった。

マシンガンのようにハイテンションで喋りながら、愛を乱れ撃ってくれるヒロインは

まさに『這いよる』という行為の素晴らしさをその身で体現してくれています

重すぎるほどに熱烈なヒロインの求愛行動が見たい人はぜひ!

そして、そんなヒロインに対して段々デレてくる主人公にも注目です

 

毎回のように壮大な規模でくだらないことをしてくれるテンションが大好き

そして、伏線を見破れたときの嬉しさは異常! そんな作品です

 

もうそこかしこに息をするようにガンダム、仮面ライダーなど等の

パロディが詰め込まれてますので

そういうのが大好きな人には特にオススメ、苦手な人はご注意!

関連記事:完結済みラノベをおすすめ作品だけ厳選まとめ16作品!

48位.ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり/連載中

-現代兵器で異世界の連中と戦ったらどうなると思う?-

【あらすじ・作品概要】
    東京銀座に「異世界への門」が開かれ、侵攻してきた軍勢や怪異達。
    陸上自衛隊はこれを撃退し、門の向こう側『特地』へと踏み入った。

「どんだけ敵が来ようが銃火器を持ってくりゃ一発で終わるでしょ」

「いやいや、魔法もあるんだし、ドラゴンとか出たらそう簡単に勝てやしねえって」

そんな喫茶店で語るオタクを幻視してしまうドリームマッチが、

この本のおかげで現実になりました

 

異世界VS自衛隊 夢の決戦で軍事側は型式から特徴まで仔細に掛かれてます

しかも、ただ戦って相手に勝つ負けるだけでなく、

異世界の資源を狙ったり、そこから生まれる国同士の軋轢など

細かいところにまで描写が届いた奥深い作品です

49位.クロス×レガリア/完結(8巻)

【あらすじ・作品概要】
    トラブル解決を1回千円で請け負うボディーガードの少年が助けたのは
    遥か昔に鬼仙同士の争いを鎮めるために創られた「最終兵器」だった。

科学兵器VSオカルトな世界で勃発する異種格闘技戦は

単位が違うところを強引にあわせに行って比べている感が楽しかったです

 

この作品で一番に好きなのは、主人公とヒロインの距離感ですかね

戦闘中などのいわゆる火事場での息があった連携はもちろんのこと

日常生活の些細なところにまで、夫婦かよ! と突っ込みたくなるほど

べたべたと甘い雰囲気を醸してくれるのが非常に心地よいです

はいてない疑惑な感じのチャイナドレスの朱蓮花も大好きですがね

50位.エロマンガ先生/連載中

【あらすじ・作品概要】
    ライトノベル作家として妹との生活を支える主人公
    そんなラノベ作家の相棒であるイラスト担当は、ひきこもりの妹だった

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の作者さんが書いた別作品

この作品を見て確信したのは、この作家さんが描きたいのは

妹じゃなく、妹のために頑張るお兄ちゃんなんじゃないかな…

というぐらいに、妹のために頑張るお兄ちゃんに焦点が当たってます

 

今回のお兄ちゃんも変態だけど女子力が妹より高いというね

壁ドン、床ドンを駆使する妹に平然と答えて守ってあげるお兄ちゃんマジ神

関連記事:エロマンガ先生11巻 感想・ネタバレあり・あらすじ紹介発売日2019/1/10

51位.とらドラ!/完結(13巻)

【あらすじ・作品概要】
    誰にも制御できない「手乗りタイガー」と勘違いから知り合いになり
    お互いの恋を応援するために「虎(トラ)」と「龍(ドラ)」は手を組む

学園で繰り広げられる恋愛がメインの学園青春恋愛もの

 

この作品で一番特筆すべきは、人との距離感を書くときの巧さ

好感度MAXで女の子から主人公へと迫ることが多い

ちょろイン(ちょろいヒロイン)が横行する昨今で

きちんと物語に絡めて人との距離がだんだんと近づく様は見事の一言

 

一巻を進めるごとに人間関係やお互いの距離が変わっていく様を楽しめるのが

この作品の深さを上手に引き出していると思います

関連記事:絶対面白い!おすすめな青春ラノベを全力で紹介【学園・恋愛多め】

52位.ほうかご百物語/完結(10巻)

【あらすじ・作品概要】
    高校生で美術部員の真一と出会う、妖怪「イタチ」の少女。
    ピュア可愛いイタチさんと美術バカな真一が織りなすほのぼのラブコメディ。

主人公が大好きだーと叫び、ヒロインがひたすらに照れまくるという神構成

いやね、イタチさんマジ可愛い、そしてこの二人の魅力はカップルだからこそ輝きます

主人公が絵描き馬鹿(褒め言葉)で、斜にかまえず素直なので好感が持てます

 

そこかしこでカップル成立、妖怪がテーマなのにほのぼのとしてるのも個人的に好き

妖怪&人間のカップルも多いので異種族交流が好きな人にもオススメ

大天狗と副生徒会長のカップルがほんと好きすぎてしょうがないです

なぜアニメ化されなかったのかが不思議でなほどの良作です!

53位.烙印の紋章/完結(12巻)

-影武者からの立身出世、剣闘士の男は、やがて世界を変える-

【あらすじ・作品概要】
    政略結婚により他国へと嫁ぐ勝気な姫の相手は、うつけと噂される皇子。
    その皇子とすり替わった男は、その才覚を十全に発揮していく。

数奇な縁と運により、翻弄されながらも男は戦乱の世を生きる

幾多の危地を乗り越え、積み上げた屍の山を見上げ、それでも剣を握り続ける

驚くほど硬派な世界観で綴られた物語は、読んでいて一気に引き込まれました

 

繊細なキャラの作りこみもそうですが、すごいと思ったのは男女比ですね

男臭い連中にこれだけ舞台が用意されていたのは、なかなか嬉しいものです

主人公とヒロインの微妙な関係も、揺れ動いている様を見事に描いてくれたおかげで

最終巻の表紙を見たときには、いろいろと込み上げてくるものがありました

54位.乃木坂春香の秘密/完結(16巻)

【あらすじ・作品概要】
    完璧お嬢様、乃木坂春香はオタク趣味を知られ周りから拒絶された過去を持つ
    偶然主人公に知られてしまい、それをきっかけに二人の仲は急速に接近して…

なぜかしら? 彼女を見ていると清純派AV女優という言葉を思い出す

それぐらいに挿絵はサービス満点です、ええもう、本当に、ごちそうさまでした

The 都合のいい女を具象化したような男の願望つめこみ系女子との

めくるめく幸せでほのぼのとした生活は、現実世界のイヤなことを忘れさせてくれます

 

ダブルヒロイン的な話はちらっとありますが、

基本的に主人公とヒロインのベストカップルを周りが暖かく見守る系なので

しんどい展開なしで気楽に平和なのが読みたいんだよ!という人にオススメ

関連記事:【ラノベ】おすすめなハーレムのライトノベル10選【ランキング】

55位.僕は友達が少ない/完結(14巻)

【あらすじ・作品概要】
    「残念」がキーワードのどこかダメ人間なヒロインたちと「隣人部」を作り
    ひたすらにキャッキャウフフを繰り返していくという学園部活もの。

ただもうひたすらに可愛いキャラがあざといことをして

色気と可愛さを振りまいてくれます

文章はかなり自由でデカ文字、顔文字なんでもありなので

小説としてそういうのが嫌い、苦手な人はご注意ください 

本当に友達が少ない(いない)人が読むと、

これだけ恵まれているのに、なんで恵まれていない自慢してるかな?

と顔がビキビキしてしまい、いらない闇を生み出してしまうのでご注意ください

大丈夫です、これはラブコメです、ラブコメは楽しく読みましょう

 

関連記事:僕は友達が少ない 11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

あわせてお読みください

www.black-gamer.com

 

www.black-gamer.com

 

www.black-gamer.com

 

www.black-gamer.com