ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2016/10/25

スポンサーリンク

-別の巻の感想が読みたい方-

www.black-gamer.com

当ブログ内のRe:ゼロから始める異世界生活の記事まとめ!

別の巻の感想はこちらからお願いします!

 

Re:ゼロから始める異世界生活11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2016/10/25

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

表紙を飾るのは、フレデリカ&ペトラのメイドな二人!

いやあ、頑張っている間に寝ちゃった感があるペトラも可愛ければ、そっと毛布をかけてあげているフレデリカもまたいい

こういう一枚のイラストでシチュエーションやらキャラの雰囲気が分かるというメッセージ性の強いイラストってホント素敵ですよね

 

灯りや本や紙の質感もファンタジーそのものですしね、ほんと素敵

というわけで、第四章の聖域編で第2巻目となるリゼロ11巻の感想になります

 

  

Re:ゼロから始める異世界生活11巻 あらすじ

『試練』を乗り越え、元の世界に残してきた両親への想いを克服したナツキ・スバル。

エミリアを支え、レムを取り戻す―その決意を新たに奔走する覚悟を決めた矢先、スバルは懐かしき苦痛によって再び命を落とし、『死に戻り』する。

 

『腸狩り』のエルザ、それは異世界で初めてスバルを殺した戮殺者との再会。

強敵との再戦に戦慄するスバルは、『死に戻り』を生かして最善策を模策する。

しかし、二度目の『聖域』は、スバルの記憶と全く違った展開を辿り―。

 

「俺様ァ、お姫様以外が『試練』に挑むのは認めねェ。てめェだけは、絶対に」

大人気Web小説、波乱と混沌の第十一幕。―螺旋の歯車が狂い始める。

スポンサーリンク
 

 

Re:ゼロから始める異世界生活11巻 感想・ネタバレあり

スバルの受難は続く、想像するだけで、かなり『辛い』巻でした

毎回、描写がえげつないので読んでいるうちに体力を持って行かれる感がありますが…

今回のスバルは両手両足縄で縛って猿ぐつわ&目隠しという、フルアーマーもびっくりな完全装備での監禁ですからね

いや、どれだけの絶望感があるのかたまったものじゃないですよ

 

それをいやっていうほど丁寧に描いてありますからね

ホント、この辺の描写は癖になるうまさがあると思います

ゾクゾクするけど、つい読んじゃう的なね

 

…ほんと、オットーはまさしく「いやし」だわ

あのいやしがなきゃ本当に心がすさんじゃうぐらいの重い展開ですね

商談うまくいってほしいし最後まで生き残ってほしいものですね

 

スバルも絶対に守りたい人リストには入ってるだろうからね

スバルの意図しないセーブポイントで、オットーが詰み状態にならないことを心から祈ります

 

で、監禁が終わって、やっとやれやれと思ったら…多兎で大兎ですよ

何あの可愛い外見からトラウマ必死な死に様は…

パクパクもぐもぐじゃすまないレベルの恐さはほんとぞわっとしますよね

あれは狂気に触れてもしょうがないと思うわ…

 

そういう想像力を刺激する地獄のような展開がほんと多い

でも、だからこそ面白いんですかね

先が読めないからこそ、次に何が変わるのかが気になるからこそ、ページをめくる手が止められませんでした

 

制約?契約? 続くたらいまわしと、ほのかな進み具合がもどかしい

こうして各所に行って台詞を聞いて相手に伝えてを繰り返していると…

なんていうか、RPGのお使いイベント感がすごいですよね

ロズワール、ベアトリス、フレデリカあたりで華麗にパス回しされている感じですが…

ここから、徐々に展開が進んでいくのかと思うと楽しみですね

 

腸狩りのエルザの依頼主は不明なままですが…

実際、エミリアの王選に向けての妨害工作だと、そろそろ敵陣営のお話が欲しいところ

これまで出てきた候補者の中の誰かが依頼している流れなのか…

それとも、魔女教のように別勢力がまた出てくるのか

その展開の結果も楽しみですね

 

しかし、ここまで進んだのにまるで底が見えない作りこみはすごい

でも、徐々に扉をあけて真実に近づいている感とできることが広がっていく感があるのは見事の一言ですね

次の巻での伏線回収も楽しみにしたいと思います

 

スポンサーリンク
 

忠竜パトラッシュ、本当に健気で可愛くて気高く美しい

今までにラノベ読んで、好きだなーと思ったヒロインはたくさんいましたよ

でもね、会話することができない地竜にここまで感情移入するとは、正直自分でも思ってなかったですよ

いや、ほんとびっくりです

 

実際、この巻で誰の好感度が一番あがったかと聞かれたら、間違いなく俺はパトラッシュ一択だね

むしろ、もうパトラッシュがヒロインでいいんじゃないかと思うぐらいに愛してるね

だって、所作の一つ一つからして、めちゃめちゃ可愛いですよ

 

意思の疎通はできるけど、直接の会話もできないんですよ

でもね、いや、だからこそ、意志が通い合っていることを深く実感できるのです

頭がいい地竜だという言葉では、表しきれないほどの献身ですよ

その行動の一つ一つが、びっくりするぐらいに輝いている

 

主のために身を捧げ、己の全てを賭け、自分を顧みずに戦う

そして、死を迎えても鳴き声の一つもあげずに散るその気高さ…

本当に、どこをとっても素晴らしいですよ

あの献身はまさに「パトラッシュ」の称号に恥じないわ

 

これからもスバルのために、何度も犠牲になると思います

でも、スバルとパトラッシュのコンビも健在でいて欲しいと心から思います

別の地竜なんていらない、あの子がいればそれでいい

そう思えるほどに、いい地竜でした

 

ようやく得た死に戻りの理解者…そして、この流れだと嫉妬の魔女も美少女なのかね

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活10巻でも、大好きだと書いたエキドナ

今回の巻ではスバルの『死に戻り』を共有できる存在として描かれました

いや、本当に話せる味方がいるってのは素晴らしいことだね

実際、相談するだけでだいぶ進展することもあるわけだしね

 

そして、口説かれているエキドナさんほんと可愛い

なんていうんでしょうね、もっとデレさせてほしいと心から思うのですよ

実際、あの愛らしさこそが魔女たる証だと思います

 

そして、暴食、傲慢、憤怒の三キャラが新たに追加

いや、どの子も癖が強いですが外見的には愛らしいですね

だけど、実際それでもコミュニケーションが取れない恐さというあたりがやっぱり魔女なんだな…と思います

 

これで、強欲のエキドナも含めて7人中4人までは出てきました

(嫉妬の魔女であるサテラは、黒い靄としての表現ばっかりなので、まだ出てきてない扱いで)

なんだろう、もうセーラームーン的な美少女魔女なチームができるんじゃないか…

いや、それなら、どっちかというと魔法少女はまどか マギカか?

 

まあでも、外見可愛いのに価値観が違いすぎるキャラとか会話不能なキャラとか大好きですからね

今後、魔女たちとのやりとりも楽しみにみたいと思います

 

あわせてお読みください

-新刊情報(2017/8/25追記)-

www.black-gamer.com

最新刊は2017/9/25! 最新刊待ちの人は要チェックです!

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活13巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活12巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活10巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活01巻 あらすじ・感想・ネタバレあり