ラノベ見聞録

同人ゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当BLACKGAMERのラノベ感想ブログ。ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


リゼロ 23巻(最新刊)発売日2020/6/25あらすじ未掲載

スポンサーリンク

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)23巻(最新刊)発売日2020/6/25あらすじ未掲載

www.black-gamer.com

リゼロ 22巻の発売日2020/3/25から、待つこと3か月

ここ最近は暗い話題ばかりでしたが…そんなときでも嬉しいことはあるんだね

というわけで、安定のリゼロは3か月で発売予定となるようです!

いやあ、嬉しい、楽しみ!

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)23巻(最新刊)あらすじ未掲載のため購入前雑談

プレアデス監視塔を舞台に、『記憶』と『賢者』と相対する新章・第三幕!

大人気Web小説、試練と忘却の第二十三幕。

試練は続くよ、どこまでも…

まあ、そもそもスバルさんの前に試練がなかった回はありませんけどね

試練だよ! ってラベルがついてなかっただけで

日々これ試練! うん、なんかそれっぽい

 

で、今回は前回から続く試練の続きだと思います

 

しかし…ねえ

棒振りことレイド・アストレアって、今のところ暫定最強の脅威ですよね

だってあれ、ラインハルトが敵に回った以上の敵ですよね

 

個人的には、あれが現代の剣聖(ラインハルト)や剣鬼(ヴィルヘルム)から見てどう評価されるのか…とか、めっちゃ気になります

化け物は化け物を知る…って奴ですかね

化け物だからこそ、そのヤバさが分かるというかよね

 

そして、何よりも薄気味悪いのは、22巻の最後の最後

何がどうなっているのか、状況の理解に苦しむような展開でした

 

ただ、見返してみて想像できることをあげるのなら…

  1. 「スバルの異世界に来てからの記憶を喪失」
  2. 「スバルが異世界に来た状態に戻される」

のどちらかだと思います

 

1は、ここに来てからの記憶が奪われたタイプ

今まで築いた絆が全てなくなってしまうのは絶望としか言えませんね

エミリア、ベア子、パトラッシュを筆頭に誰とも良好な縁を結べていた

それがなくなってしまうのは本当に痛い

 

2は、それに加えてフィジカル的な意味でもダウンしているタイプ

ここまでで凡人ながらも訓練を続けていたスバルさん

そのフィジカルまで持っていかれたりしないかな…というのが心配

 

ただ、フィジカルが記憶と違ったら筋肉は覚えている的な展開で救われてくれないかな…というのも期待

 

何にせよ、棒振りレイドよりも前に解決しなきゃいけない地獄が待っていそうですね

スバルの穴を埋めるのは、エミリアか、ベア子か、パトラッシュか

ダンナが不調なときは嫁がフォローという意気込みで、ぜひとも窮地を脱出してほしいものです 

 

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)23巻(最新刊)お買い上げはこちらから

2020/05/03時点で、あらすじ&表紙情報は公開されておりません

情報があり次第、また追記していきたいと思います

 

順当に行けば、「棒振り」ことレイド・アストレアさんですかね

いや、襟ドナさんとかもあるかも? うん、誰が来るのか楽しみすぎる

追加情報を楽しみに待ちたいと思います

 

関連記事

【リゼロのネタバレ感想記事】

www.black-gamer.com

 

【おすすめラノベ】 

www.black-gamer.com

 

【異世界関連のおすすめラノベ】

www.black-gamer.com

 

【他作品のネタバレ感想記事】

www.black-gamer.com