ラノベ見聞録

同人ゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当BLACKGAMERのラノベ感想ブログ。ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


ダンまち15巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2019/6/14

-ebookjapanでMF文庫Jの学園モノが超お得なセール!- 2019/07/25までの期間限定!! さらに!
ebookjapan初めて買い物する人はさらに半額!
お見逃しなく!
-違う巻の感想へ-

前の巻:ダンまち14巻 感想

次の巻:発売日未定

ダンまち・まとめ:ダンまち ネタバレ感想記事まとめ

外伝・まとめ:ダンまち外伝ソードオラトリア感想記事まとめ

 

-2019/05/03更新-

www.black-gamer.com

ダンまち外伝ソード・オラトリア12巻 発売日2019/7/12あらすじ紹介

ダンまち外伝ソード・オラトリアは発売日延期です、ご注意ください

 

ダンまち15巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2019/6/14【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15巻】

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

2019/06/16 ネタバレ感想を追記

2019/06/01 表紙情報について追記 

2019/05/14 あらすじ&あらすじ解説を追記 

2019/05/03 ダンまち外伝ソード・オラトリア12巻(最新刊)へのリンクを追加

 

www.black-gamer.com

ダンまち14巻 発売日2018/12/14から、4か月ほど経過した2019年4月19日現在

最新刊であるダンまち15巻の発売日が2019/06/15に決定しました

 

来たー!!!

半年ぶりのダンまち発売日決定が来たー!!

もう嬉しくて、カレンダーにさっそくチェックいれましたよ!

 

それとあわせて、いろいろとダンまち関連のニュースがあります

なので、それも一つずつご紹介していきたいと思います!!

 

2019/06/01追記

表紙情報が更新されました!

今回の表紙を飾ったのはベル&ヘスティア様の二人!

ヘスティア・ファミリア原初の二人ですね、いいものです

 

ベルとヘスティア様の二人が15の数値をくぐってるところがなんともいい

飛び込む神様とそれを追いかけるベル

そんな感じがするほのぼの感があるイラストが良かったです

表紙も確定で一安心、発売までのんびり待ちたいと思います

ダンまち15巻 あらすじ紹介(2019/05/14追記)

深層の決死行を乗り越え、地上の帰還を果たしたベル達。

それぞれが果たした冒険の成果は『成長』の証。

確かな前進に喜ぶ傍ら、ふと彼等彼女等はこれまで歩んできた道のりを振り返る。

 

少年は始まりの日に還り。

女神は追憶を映す炉の光に目を細め。

小さき少女は灰の過去を乗り越え。

鍛冶師は遠き日を重ねた空を仰ぎ。

受付嬢は昔日の傷を。

妖精は正義の誓いを。

黒烏は金狐との今昔の物語を想う。

 

今と過去が織りなす日常編。

『英雄』が生まれる地に束の間の安らぎを。

これは少年が歩み、女神が記す、

──【眷族の物語】── 

はい、待ちに待ったダンまちの最新刊のあらすじが紹介されました。

いやあ、今回は詩的で直接的じゃない紹介なのが、また素晴らしいですね

一つずつ、拾い上げながら楽しんでいこうと思います

 

1.【ベル】少年は始まりの日に還り。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 (GA文庫)

開幕は、やはり主人公でなくてはね!

ということで、本質は変わらず、でも、大きく成長したベルが物語の冒頭を務めてくれそうな感じですね

 

『始まりの日』というのが、1巻に当たる部分の振り返りなのか

それよりも過去の何かを示しているのか、気になるところです

 

ベル自身、過去にはいろいろなものがありそうですし

言葉の端々から、ベルの『おじいちゃん』の存在についても示唆されてます

そのあたりがだんだんと明るみに出てくるのかどうかも楽しみなところですね

 

そして、もう一つ個人的に気になっているのが、ベルのスキルの効果!

 

憧憬一途(リアリス・フレーゼ)

  • 早熟する。
  • 懸想が続く限り効果持続
  • 懸想の丈により効果向上。

これで、アイズさんに追いつきたい一心で急成長を続けていると思いますが…

発現した一巻の頃と比べての感情の変化なんかは加味されてるんですかね?

 

実際、その頃から比べると憧憬からはずいぶんと近づいたと思いますが…

効果がなくなるようなこともあるのかな? というのも気になるところです

 

2.【ヘスティア】女神は追憶を映す炉の光に目を細め。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

追憶を映す炉に目を細めと書いてあるからヘファイストスかな? とも思ったけど…

この表記位置と並びからして、おそらくヘスティア様のはず!

 

1巻の開始当初はベルと二人きりでしたからね

そう考えると、本当にヘスティアにとっては感慨深いと思います

 

こうして、自分のファミリアのメンバーが増えることも…

ベルの周りに仲間が集まっていくことも…

 

追憶というからには過去編になると思います

いったいどのあたりの過去を描いてくれるのか? 今から楽しみですね

また一つ、読み返すときに楽しみになるエピソードが追加になってくれそうです

 

3.【リリ】小さき少女は灰の過去を乗り越え。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)

考えてみれば、ベルの近くで頑張り続けてきた…という意味で一番なのはこの子だよな

そう思わせてくれるのが、リリルカ・アーデという少女です

 

もうね、絶対にベル以外だったら見捨ててるような境遇でも、きちんとついていく

それこそが、リリの最大の魅力なんだと思います

 

どんな理不尽だろうと、どんな不幸だろうと

『この人と一緒なら乗り越えられる』

そう態度で示しているのがリリのいいところですよね

 

今回も灰の過去を乗り越え…と書いてあるので、しがらみを乗り越え、さらに前へと進む少女の活躍を楽しみにしたいと思います

 

4.【ヴェルフ】鍛冶師は遠き日を重ねた空を仰ぎ。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫)

www.black-gamer.com

前回の14巻でも一番大写しで表紙を飾ったヴェルフ

値千金の活躍を残してくれたのが、どのように評価されるのかは本当に楽しみです

 

それと、もう一つ

徐々に乗り越えてきた『魔剣』と『自分』の関係性

そのあたりにも、はっきりと一区切りが出来そうですね

 

個人的に気になるのは、ヘファイストス様との絡みですね

この二人にはぜひとも幸せなシーンを見せてほしい

(ヴェルフがね…をヘファイストスが連呼するシーン再び!がぜひほしい!)

 

5.【エイナ】受付嬢は昔日の傷を。

待っていた!! 俺はずっとずっと、この日を待っていた!!

エイナさんの話ですよ!! 待ってたよ! ほんと待ってた!

 

www.black-gamer.com

11巻でベルとの関係が変わり始めたエイナさん

そのエイナさんがどんな感情を抱いて、どう動いていくのか

もうそれが、今から楽しみでしょうがないですね

 

昔日の傷っていうのが何を表すのかも気になりますね

 

パッと思い浮かんだのは…

以前にエイナさんが担当してダンジョンから帰ってこなかった冒険者…とかですかね

それとも、ベルの姿を見て心の奥に生まれた甘い傷?

なんて妄想が止まらないですが、もう俺は、エイナさんの出番確定だけで満足です

 

www.black-gamer.com

SS書いてしまうぐらいにエイナさん大好きですからね

非常に楽しみに待たせていただこうと思います

 

6.【リュー】妖精は正義の誓いを。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13 (GA文庫)

前回、無事にベルのおかげで窮地を救い出されたリューさん

そして、過去のしがらみからも解き放たれたことで、心から解放された状態だと思います

 

今回の短編でも無事に出番があることから、ヒロイン昇格も確実かな?

今後の扱いが気になっていただけに、こうして早めに出てきてくれるのは嬉しいところ

 

そして、あともう一つ気になるのは、やっぱり同僚のシルさんですね

シルさんがリューさんの態度を見てどうするのか?

 

協力タッグだと本当にすごいことになりそうだしなぁ…

相乗効果が発生するかどうかも、楽しみに待ちたいと思います 

 

7.【】黒烏は【春姫】金狐との今昔の物語を想う。 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

命と春姫の今昔の物語となると…

舞台は極東にいた頃のお話になるんですかね?

 

思い出話が多めなのがやっぱり嬉しいですね

キャラの掘り下げは、やっぱり過去から始まるものだと思うので!

 

辛い過去があるからこそ、今の幸せを楽しめる…っていうのもあると思うんですよね

だから、過去から今をより幸せに感じられるようになってほしいな…と思います

 

8.今と過去が織りなす日常編。

事前の宣言通り、日常回となってくれましたね

本当に、骨身を削る戦いというに相応しい修羅場の連続でした

なので、戦士たちにはその報酬をぜひとも味わってほしいですね

 

そして、個人的に気になるのは、休息の後ですね…

(きっと次巻になってしまうでしょうけど)

 

休息がバネで言うところの溜めに相当するなら、その反動はすさまじいはず

次はもっと激しい冒険になるのかも…と期待せずにはいられない

でも、本当にパーティーバランスを考えるともうちょっと調整が必要そうですけどね

 

リューさんをもし迎え入れるとしても、戦力的にはまだまだ不足

そのあたりのフォローがどうなっていくのかは、楽しみです

 

何はともあれ、あらすじも出てきて準備万端

発売日までの時間も、じっくりと待たせていただこうと思います

 

ダンまち15巻の内容について雑談

次巻は日常編になる予定です

ダンまち14巻の後書きで書かれていたのが、このキーワードになります

ダンまち13巻からの怒涛の冒険ラッシュでしたからね、少しは骨休めも必要ですよね

 

www.black-gamer.com

俺のイメージする日常回といえば、やっぱりこの巻です

これがもう一度、別の物語で描かれるのであれば…非常に嬉しいですね

 

ここで、ダンジョンから迷宮都市(オラリオ)に舞台が移ってくれるのであれば…

私のターン的に出番が増えるキャラがいますね

 

  • ヘスティア(神様系全般)
  • エイナさん(エイナ・チュール)
  • シル(シル・フローヴァ)

この三人は非戦闘要員&ダンジョンに行くこともないメンバーですからね

冒険続きだと出番がほぼ取れないので、こういうスポットライトは嬉しいし楽しみです

 

個人邸に一番気になるのは…エイナさんとの関係ですかね

 

www.black-gamer.com

11巻のラストで見た、ベルが涙を流す姿

そこから、エイナさんはベルのことをはっきりと意識しだしているはずですから…

その心が、エイナさんの行動にどんな変化をもたらすのか

持て余すような恋心を抱くエイナさんとか見てみたいですねー

ベルとの関係の変化もどうなるのか、非常に気になります

 

そして、もう一人気になる相手といえば、リューさんですね

14巻のヒロインとしてあれだけの活躍をみせてくれたリューさん

 

ラストではっきりと恋心が芽生えたことを自覚してくれていました

しかも、過去のしがらみから解放されたリューさんですからね

日常回であれば、シルさんも間違いなく出てくるはず

この二人の取り合わせは非常に楽しみです!

 

もうひとり、個人的に気になってるキャラがいます

www.black-gamer.com

それはカサンドラ・イリオン(悲観者:ミラビリス)です

13巻でのキーパーソンであり、ベルへの恋心をこれから募らせていくであろう少女

彼女の予言に対して抗い、そして生き残ってきたベルを前にしてどんな言葉を交わすのか

これがもうね、今から楽しみで仕方がない

 

全然話が変わりますが…

修羅場(死線)をくぐった人間はフェロモンがすごいという話も聞きます

ベルのフェロモンも相当すごいことになってそうですね

今回はどれだけのヒロインと幸せな時間をすごすのか…

非情に楽しみです

 

www.black-gamer.com

ヒロインに関しては好きなキャラが多すぎるので、特集記事を書きました!

ベルのハーレムを構成するメンバー! 10人到達とか本当にすごい

 

ダンまちシリーズ累計売上1000万部突破! 本当におめでとうございますっ!

ダンまちシリーズ総計売上1,000万部突破! おめでとうございます!

ダンまちシリーズ総計売上1,000万部突破! おめでとうございます!

画像転載元:アニメ「ダンまち」シリーズ公式サイト

 

公式サイトで、5周年のお祝い告知!

そうか、もう5年なのか…どうか、末永く続くコンテンツになってくれ

 

個人的な意見ですが…

  • 章ごとの区切りがきちんとしている
  • 階層という進度が数値化して見えている
  • しかも、更なる階層に到達するときは基本的に大冒険
  • 初級者と上級者の区別をつけ、なおかつ成長を見せてくれる

このあたりから、ダンまちは進んでいる感を実感できるのが好きです

伸ばされている感がないというか、一歩ずつ着実に進んでいる感じがいい

だからこそ、もっと見たい、続いてほしいという感じがします

ゴールを前に足踏みではなく、ずっとずっと、歩いて、続けて、冒険してほしいですね

 

と、そんな風に熱く語ってしましましたが…

5周年というだけでも十分におめでたいのに…

シリーズ累計1000万部突破ですよ!

快挙、もう本当に快挙です! 心からお祝い申し上げます!

 

いやあ、嬉しいですね

何が嬉しいって、たくさん売れているっていうことは、いろんな展開が期待できることですよ

誰もが注目する分だけ、そこに集まる人とお金も増えます

そうなれば、関係者が増えた分だけ、世界が広がりますから

 

ダンまちアニメ化二期!本当におめでとうございますっ!

ダンまちアニメ化2期決定! おめでとうございます!

ダンまちアニメ化2期決定! おめでとうございます!

おめでとうございますが多い!?

いやいや、おめでたいことは何回祝ってもいいじゃないですか

 

はい、いきなり世界が広がってくれましたね

待っていた、こういうのを待っていたんだよ!!

 

これは再び綴られ始めた、【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】

もう、この言葉だけで鳥肌立ちますね

ありがたいことです

 

こうして活性化して、そこから原作がまた売れて、さらに世界が広がる

完全なプラスのスパイラルですね

もっともっと、大きなコンテンツとして広がってくれると嬉しいです

 

www.black-gamer.com

劇場版も楽しかったですよ

そして、劇場版も来場者が増えて原作が売れれば、劇場版第二作とかもありえますからね

いろんなコンテンツがたくさんで本当に原作者である大森 藤ノ先生は大忙しだと思いますが…

身体にお気をつけていただきたいです

 

何はともあれ、アニメ二期です!

あのキャラが動く姿が見られるのかな…と思って、今から期待してるキャラも多いです

いや、本当に楽しみです

15巻の発売と同じく、アニメ二期も楽しみに待たせていただこうと思います

 

2019/06/16 ネタバレ感想を追記

ダンまち15巻(最新刊)感想・ネタバレあり

カサンドラもついにヒロインとして扱われるように!! 本当におめでとう!!

www.black-gamer.com

13巻では、かなりの頑張りを見せていたカサンドラさん

ミラビリス(悲観者)なるあだ名がついていた彼女にも春が来ました!!

いやあ、本当に、あの子はリアクションしてくれますね

 

話したくて話したくてしょうがないのに、どうしていいか分からない

その不器用さも微笑ましい

そして、うまくいって嬉しいはずなのに親友であるダフネに泣きついてしまう

そんなところも可愛い

 

この、幸せ慣れをしていない対応は、本当に悲観者ならではという感じがしていいです

リリを筆頭に(リューさんもかな?)

幸せ慣れをしていないメンバーもそれなりにいます

でもね、カサンドラのキャラ特性や今後を考えると、このリアクションこそが持ち味になるのだろうなーと思います

そして、その反応がなんともよかった

次の冒険に一緒に行けるか(出番があるか?)も一つの大きなポイントとなりそうですが…

今後もぜひ、一緒に出てきて盛り立ててほしいですね

 

ベルとヘスティアは、運命の出会いだったのだと深く実感しました

別々に感想を書くべきか一瞬迷って、でも、この二人はセットだろうな

そう思わせるほどに、一組として描かれるべき二人でした

 

www.black-gamer.com

 

描かれたのは、弱小ファミリアだった一巻よりも前のエピソード

迷宮都市オラリオに到着してから、二人が出会うまで

 

祖父を喪ったベルと天界から出てきたばかりのヘスティア

何も持っていない二人が、何の下準備もなく、オラリオに来てからの苦労

 

一巻の時点でも、かなり苦労のある貧乏ファミリアのように描かれてましたが…

それでも、きっとこの二人が出会わないときに比べれば、全然問題ないぐらい幸せだったのだろうな

そう分からせてくれるほどに、どん底からの始まりでした

 

特に、ベルのほうはしんどかっただろうなぁ…と思います

サポーターという職業を選ぶべきか? 真剣に迷っただろうとも思います

 

比べると、ヘスティアのほうはヘファイストスの優しさと面倒見の良さが光りますね

ベルと比べると悲壮感はないですが、やっぱりヘスティアも心細かったんだろうなと思います

 

そんな中で、お互いに自分の足りないものを埋めあうように出会った二人

どれだけ遠くまで来て、どれだけ時間が経とうとも、その始まりをきっと二人は忘れない

そんな心に温かい火が刻まれるような素敵な話でした

 

個人的には、ベルの正直さに見ているほうが耐えられなくなった宿屋のおじさんが好き

リリでも適わなかった、ベルのお人よしさと純朴さには、悪事をするほうも平然とはしていられませんね

そんな、根っこが変わってないことも実感できるいい話でした

 

リリのLV2ランクアップおめでとう!これからはより幸せになってほしい

後書きで作者さんも語られていましたが…

あれだけの修羅場をくぐりぬけてランクアップしなかったら逆におかしいと…

そう思うだけの偉業を前巻でやってましたからね、本当にお疲れさまでした

 

で、今回はご機嫌なリリルカ・アーデですよ

いつもの態度もいいですが、可愛くてにっこにこでご機嫌なリリもいいですね

あのはしゃぎっぷり、脳内で声が聞こえてくるようです

 

個人的に一番好きだったのは、発展アビリティの選択

  • 調合
  • 対異常

調合を取れば、財政的にもかなり楽になる

お金を気にするならば、間違いなく調合

それでも、リリは対異常を選んだ

 

その選択の先には、どれだけレベル差が開こうと、ベルがダンジョンに行くときにはついていく

危険があろうと、死地であろうと、リリはベルのサポーターとしてサポートを続ける

その覚悟の見える選択が本当に良かったです

 

どんなに自分はおまけだと言い張ったところで、自分の成長が嬉しくないわけがない

むしろ、自分はおまけだと強く自覚しているからこそ、足手まといになりたくないと気にし続けていたところなのでしょうからね

そんなリリの心情を見透かすように、きちんとみんなの前で告げるヘスティアの気遣いもまた良かったです

 

良い話は、みんなに聞かせるべき

良い話は、みんなで喜びを分かち合うべき

そうやって喜び合えるファミリアで、リリが一緒に笑っているのが奇跡的なぐらいに幸せなことなのだと、過去の回想シーンを見てしみじみ思いました

 

今回は、リリの生い立ちがしっかりと描かれていましたが…

過去に何度か見ていたソーマ・ファミリアの実態をより深く描かれていたおかげで、やっぱり心が痛みました

本当に大変な過去だし、辛かったのだろうと思います

だからこそ、誰よりも救われてほしいですね

 

www.black-gamer.com

あの絶望があったからこそ、二巻の深みがより理解できます

心がささくれだっていたリリにとって、本当にベルは許せない存在だったのでしょうね

 

その真っ白さを、そのお人よしを、後悔させたい

自分が味わってきた辛さを、世界の厳しさを、知らない者に見せつけたい

そういう感覚でベルに近づいたのだと思うと、本当に今の関係にしみじみしますね

 

過去を見ることで、今の違いをたっぷりと楽しませてもらいました

本当に、これからも幸せでいてほしいものです

 

エイナさんの恋心急上昇!現代の続きも見たかった!それとカラー挿絵がすごかった!

もうね、表題の全てにビックリマークをつけて強調してしまいます

それぐらいに、すごかったんですよ、今回は

 

まず一番最初、ベルの話を一生懸命に聞くエイナさんが可愛い

まさかの深層に行って、危険な橋をいくつも渡ったことに対する驚き

そして、驚異のステータスの成長率

 

もう、エイナさんはお蔵入りになることを覚悟でベル君観察日記をつけるべきじゃないかな

そう思うぐらいに規格外のベルとそれに驚くエイナさんのやりとりは見ていてよかったです

やっぱりね、成長というものは、自分だけで分かるものじゃない

客観的に見て、驚いて、喜んでくれる人がいる

それが、成長の実感に繋がるものなのだな…としみじみ思いました

 

そしてね、まさかね、エイナさんからハグをもらえる流れになるとはね

本当にびっくりですよ

今までのエイナさんだったら、そこまではなかったはず

いろいろなきっかけがあったとはいえ、感情の高ぶりを抑えられなかった

それが本当に最高でした

 

過去から起き続けている、冒険者の悲惨な最後

それに直面する受付嬢の辛さや悲しさ

初々しいエイナさんとミィシャの成長もよかったです

 

いやあ、そしてね、ベルとのディナーがみたい

ものすごく見たい

遠慮して断るベルと頑張って渡そうとするエイナさんのやりとりがみたい

もうね、普段の服からするとずいぶん気合を入れてドレスアップしたエイナさんがお食事にいくのは本当に見たいですね

 

そして、もう一つ…

今回はね、挿絵の破壊力が本当にすごかった

 

現在のエイナさんが机の上に胸を置いてるのもすごいですし…

若かりし頃のエイナさんがはだけてるのもすごい

でもね、何よりもすごいのはカラー絵のエイナさんでした

 

まだ見てみない人は、ぜひ見てみてください

あの色気の強さは本当にすごいんです

メガネとワイシャツと曲線美がね、もう本当にすごいから

ぜひとも見て堪能してください、おすすめです

 

幼きヴェルフの怒りと嘆き、そしてヘファイストスがやっぱり可愛い

今回はヴェルフのダンジョン内で行った鍛冶も見事に認められました

スキルも発現して、大幅強化

でも、そんなことよりも優先したいのがヘファイストス様からの評価ですよ

鍛冶職人としては戦闘よりも優先したいことがある

そのあたりの家鍛冶に対するこだわりは、やっぱり職人らしくて見ていていいですね

 

今回は、魔剣に対する憎しみの理由がはっきりと描かれていましたね

他のキャラもそうですが、今回の巻を読んだうえで読み直すとより深く物語を楽しめる部分がたくさんでてきていいですね

 

いやあ、それとあわせて

今回はいつにもまして、ヘファイストス様が可愛い

www.black-gamer.com

前回のこういう出番は8巻のときでした

あのときにも、ヴェルフがね、ヴェルフがね、と語り続けていたようですが…

今回も椿は、何度も聞いた話をリピートされる流れになりそうですね

ぜひ、気が済むまで主神の惚気話につきあってほしいものです

 

そして、そのあたりをヘファイストスが誰にまで見せているのか非常に気になる

ヘスティアに見せて驚きの顔を見せているのかなーというのが超気になる

酒場で、自分の眷族自慢→旦那自慢をみたいですね

ヘスティアがベルを自慢し、ヘファイストスがヴェルフを自慢しあう

そんなほのぼのできる飲み会をぜひとも見てみたいものです

 

それと、フォボスがヴェルフのはじめてを奪った的なことを書いてましたが…

ヘファイストス様は嫉妬されるのかも気になりますね

今後もこの恋の行方をのんびり見守りたいと思います

 

リューさんのポンコツエルフっぷりが可愛い、不器用な恋ほどいいものはない

www.black-gamer.com

前回のラストで走って逃げるリューさんが描かれていたのでどうなることやら…と思っていましたが

まさか、ここまでの挙動不審状態とはね

生活に支障をきたしそうなレベルでの過剰反応は見ていて楽しかったです

 

相手がだれか分かっている人に『何奴!!』は反則過ぎる

本当に、自分でもどうしていいか分からない精神状態にいるのだな…とあの言動からしみじみ理解できました

 

今回は全員が過去の話をしてくれましたが…

かなりの高レベル冒険者であるリューさんも最初はレベルが低かった

それに、自分の居場所といえるものを見つけるまえにはかなりの苦労があった

そのあたりの当たり前といえば当たり前の事実が見られたのが良かったですね

 

そして、あれだけ苦労して、困って、本当に自分には行き場がないと思っていて

そんな絶望した自分を救ってくれた居場所だからこそ、奪われた彼女は復讐者になったのだな…と思いました

 

自分の全てを賭けてでも、奪い返したいほどに大切な場所

それをしっかりと感じることができる、良い過去話でした

 

春姫の裏の頑張りが良かった、行動の裏側にある弛(たゆ)まぬ努力がいい、あとポンコツさも

戦えないからと、戦わないからと、投げ出さなかった

己に適性がないことなど、百も承知

それでも、彼女はファミリアの仲間として成長することを選んだ

 

それが、どれだけ難しいことなのか

その選択が、どれだけすごいことなのか

想像してしまうとね、本当にえらいなぁ…と実感してしまいます

 

苦手克服って、本当にしんどいですからね

得意分野を伸ばすことでフォローっていう話もよく聞きます

でも、あの子は自衛ができるように選んだ

そして、きちんとその成果があらわれた

あのときの選択が正解だったと分かった瞬間は本当に嬉しかったと思います

 

それとね、今回は本当に可愛かった

 

ゴブリンの横にずしゃーっとすべっていく姿がね、頭の中で想像できました

ゴブリンにげしげしやられてる姿も、本当によく想像できる

リリがご機嫌に乱入するところまで含めて頭の中ではっきりと描けました

 

いやあ、本当にラノベっていうのは、すごいですね

脳内で、映像が、声が、勝手に浮かんでくる

俺の中に今、アニメの一シーンが見えたよ…と感動してしまう

そして、そんな可愛い春姫が最高に良かったです

 

ウィーネとの触れあいを通じて、さらに己を高めることを心に誓った春姫

これからも、一歩ずつゆっくりと成長を見せていってほしいですね

そして、そんな春姫を後ろで支えている命も本当にえらい

一番の苦労人である命は主の元に戻れなくて寂しいかもしれないけれど…

あの子の恋も見事に成就してくれるといいですね

 

シルさんの出番は次回にお預け、アイズさんは重大発表だけありました

後書きの次回予告的な部分で、シルさんの登場をほのめかすお話がありました

今回は「つーん」と可愛らしく嫉妬をしてみせるだけにとどまりましたが…

ようやく回ってきた自分のターンで彼女がどんな姿を見せるのか楽しみです

 

それに、シルの話であればリューさんも参戦しやすいでしょうしね

どのように話が描かれるのか非常に楽しみです

 

そして、アイズさんの悲願は三大クエストの最後の一つ

「隻眼の竜」を倒すこと

このあたりは、過去にもいろいろそのあたりをほのめかす話が出てきました

今までに分かっていることをまとめて記事にできたらと思いますので、そこはまた時間のあるときに追記する形にしようかと思います

 

www.black-gamer.com

こちらでも描かれる話なのかな? オラトリアとあわせてみると本当に世界が広がるのを実感しますね

どちらの世界もじっくりたっぷりどっぷりと楽しんでいきたいと思います

スポンサーリンク
 

ダンまち関連記事 あわせてお読みください

【ダンまち・感想まとめへ】

www.black-gamer.com

 

【ダンまち外伝ソードオラトリア・感想まとめ】

www.black-gamer.com

 

【ダンまち 可愛いヒロイン特集コラム】

www.black-gamer.com

 

【ダンまち エイナさんSS】

www.black-gamer.com

 

www.black-gamer.com