【よう実】2年生編4.5巻 感想・ネタバレあり・あらすじ発売日2021/6/25

スポンサーリンク
-2021/09/04更新-
【よう実】2年生編5巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2021/10/25
2021/11/15最終更新 ネタバレ感想追記、退学者が出るのは覚悟してましたが、心が苦しくなりました。

【よう実】2年生編5巻の発売日が2021/10/25に決定! お見逃しなく!

【よう実】ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編4.5巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2021/6/25

2021/07/14 ネタバレ感想を追記しました

【よう実】2年生編4巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2021/2/25
2021/10/20最終更新 無人島試験、完全決着! 綾小路の見せ場が個人的に大満足でした!

【よう実】2年生編4巻の発売日2021/2/25から4か月!!

毎回ぴったり四か月で販売されると季節の移り変わりを感じられて嬉しいですね

好きな本が発売されるから頑張れる…っていうのもありますからね

定期的に供給をいただけるのは、本当にありがたいものです

【よう実】2年生編 4.5巻 あらすじ紹介&購入前雑談

豪華客船での波乱含みの夏休みスタート!

様々な出来事を乗り越え無人島試験も終了。

待望の豪華客船での夏休みが始まった。

だが試験は多くの爪痕を残し、龍園が小宮を襲撃した犯人探しを開始、他の生徒達も今までとは違う動きを見せ始めていた。

そんな中、綾小路の前に3年の桐山が現れる。

「おまえの存在は邪魔でしかないんだ綾小路」

告げられたのは南雲の変貌。奇怪な行動を取り始め、綾小路1人に対して、3年生全体による『監視』という奇妙な指令が下される。

一方で告白に対しての答えを返すため、綾小路は一之瀬との約束の場所に向かい――!?

大人気学園黙示録、2年目の夏休みは波乱含み!?

【よう実】ようこそ実力至上主義の教室へ 4巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2016/5/25
豪華客船で行われる頭脳戦で隠された優待者を探し出せ。同時に、軽井沢の過去に迫る。

1年生のときにも無人島→豪華客船の流れでしたね

今回も踏襲する流れのようで楽しみです

 

そして、前例踏襲って本当にすごいですよね

毎回、前例があるなかでそれより物語を面白く作っていくってかなりハードルが高いと思うんです

読者も目が肥えているというか、展開になれていますからね

またこれか…なんてなったら飽きられてしまうかもしれない

 

でも、その心配がこの作品はまったくないんです

前回を踏襲しながらも違いを楽しませてくれる、その物語の作り込みは本当にすごいと思います

今回も豪華客船でどういう違いを見せてくれるのか非常に楽しみです!!

 

綾小路と一之瀬の告白の行方は? 見せ場に期待

ようこそ実力至上主義の教室へ 11.5 (MF文庫J)

一方で告白に対しての答えを返すため、綾小路は一之瀬との約束の場所に向かい――!?

おぉぉぉぉーーー!! と思わずうなってしまう!

恋の行方に決着がつくというのですか、楽しみですね

 

そもそも、前巻で見事に自分の思いを告白した一之瀬さん

絶対、これはもう返事を聞くまでの間は平常じゃいられない奴ですよね

夜も眠れなくなってるだろうし…

なんなら、挙動不審すぎて周りから微笑ましく見られるやつですね

(もしくは心配の目で見られたりするやつー!)

うん、そんな一之瀬さんの姿を想像するだけでもテンションあがってきますね

 

そして、あらすじの中で話題にあがっているということは告白の返事があるということ

どんな結論になるのか、軽井沢さんの地位は守られるのか…非常に気になります!!

名探偵な龍園が爆誕!? 小宮を襲撃した犯人探しを開始が楽しみ

ようこそ実力至上主義の教室へ 7 (MF文庫J)

龍園が小宮を襲撃した犯人探しを開始

マジですか、あの龍園さんが犯人探しですか…!!

基本的に龍園さんは「興味ないね」「勝手にやってろ」なスタンスでイメージしてました

なので、こうして積極的に動いていくという話を聞くとすごい楽しみです

 

そして、これもよう実という作品の素敵なところだと思うんですが…

  • 綾小路
  • 坂柳さん
  • 龍園さん

誰が犯人探しをやるかで全く手法が違うだろうな…というのが楽しみです

そのあたりがキャラの立ち具合にも大きく影響してるんですよね

龍園さんの調査のお手並み拝見、めっちゃ楽しみです!!

南雲さんは闇落ち? 綾小路ファンクラブ会員にはならなそうですね

ようこそ実力至上主義の教室へ10 (MF文庫J)

告げられたのは南雲の変貌。奇怪な行動を取り始め、綾小路1人に対して、3年生全体による『監視』という奇妙な指令が下される。

綾小路の実力を知った人は、一目置くというか、好感度が上がる感じでしたが…

南雲さんはそっちにはいかなさそうだな…というのがあらすじを読んでの第一印象です

気になるのは、奇怪な行動の意味ですね

 

南雲さんにとって、綾小路に敗北した事実が、人生を狂わせるほどの衝撃があったとしたら…

エリートほど執心になると大変で、狂ったときに手が付けられなくなるイメージがあります

今回の件で、月城よりも面倒で大きな敵が出てきた形になるのか…

その扱いがどうなっていくのか、楽しみにしたいと思います

【よう実】2年生編 4.5巻感想・ネタバレあり

一之瀬さんの告白への返事は南雲さんの本気で潰されました

今回の話の中で一つの山場になる部分

それが、一之瀬さんの告白に対する南雲会長の対応だったのかなと思います

 

今回の話はまさに情報戦

そして、同じ事実、同じ言葉でもより破壊力の大きい伝わり方になるように…

熟成された悪意というものを見せてもらいました

 

前巻で倒されてからの短期間でここまで整えてくるのはさすがの一言

南雲さん、ここ数日は悔しさ(というよりは怒り?)で眠れない夜だったのだろうなぁ…

配下への指示やどうやって追い詰めるのか、夜通しずっと考えてたのだろうなぁ…

そう思わせてくれるような迅速な対応でした

 

そのリソースの全てを綾小路に向けて、徹底的に潰そうというその心

それが今後どう使われてくるのかには興味がありますが、どういう形で満足させるのかも気になりますね

 

同じく綾小路を狙う組として、月城さんの場合には失敗して身を引く流れとなりました

でも、南雲さんの場合には、卒業か退学か和解の3択、どれも難易度がすごい高いと思うんですよね
そして、和解はなさそうだなぁ…と思うほど、行きつく先が楽しみです

一之瀬さんの展開、もしかしてNTR?そうなってほしくないなぁ

 

もう一つ気になるのは、綾小路の感情の根源

胸の奥から湧き上がってくる好奇な気持ち

と表現されています

好奇:珍しいことや未知のことに対して強く興味をもつこと

予定通りにいかなかった現状についてそう考えているのは分かるのですが…

あの綾小路の感情を揺らす一端になったのは非常に興味深いですね

 

南雲を排除すべき敵としてロックオンしていくための一言なのか

恋愛感情という部分でのまだ知らない世界に興味を示すのか

どんな『未知のこと』に興味を示して、ここから先を進むのかがとても楽しみです

幸せの絶頂にいる軽井沢さんの明日はどっちだ

あまりにも素晴らしい軽井沢さんのイラストが…!!

ツイッターで先生フォローしておくとこんな幸せなことも起きるんです

 

で、本題!!

軽井沢さん、幸せそうでよかったねえ、本当によかったねえ、甘々だねえ…

二人は幸せなキスをして終了ですか、これはよかった

 

そう思って眺めていたら最後の数行で全てひっくり返していきましたよ

そんなー!! って言葉が思わずでました、うん

成長のために一番有効だから恋愛という要素を起爆剤にした…という感じですかね

綾小路の描いている戦略のうちの一つである…と

誰にどれほど手をかけるのか、どういった方針で育てるのか

それがあの脳内には広がっているのだろうなぁ…

さて、ここで一つあきらめないで考えておきたいのは、軽井沢さんの成長というポイントです

今回の巻はそれぞれのキャラの成長という部分でも取り上げられましたし、成長はこの作品のテーマの一つだと思うんですよね

 

だから…

綾小路の行動は変えられないかもしれないけれど、軽井沢さんのリアクションは今後の成長で変わるはず

ぜひとも、未来を切り開いてほしい

綾小路の予想を裏切るほどの対応で、この難局を乗り切ってほしい…

軽井沢さんに幸多からんことを!!!

ホワイトルームからの刺客、八神拓也の実力はこれから

無人島での戦略の答え合わせ的なところが今回は多かったですが…

そのあたりの話と共に出てきたのが、ホワイトルームからの刺客、八神拓也の存在でした

 

堀北さんや櫛田さんと同じ学校だったという話があったかホワイトルーム生ではないか…と思ってたのですが、全然自分の予想と違っているところがまた面白いですね

 

天沢さんの能力(今のところは戦闘力)も規格外でしたが、こちらはそれを超えるスペックを誇るようで…

この圧倒的な高スペックこそ、この作品のメインなところだと思うので、粒ぞろいの中でいかに有能さをアピールしてくれるのか本当に楽しみです

 

この作品、自信満々に出てくる頭いい人達が本当にすごいなーと思える知力や戦略をしてくるので、そういう意味でもワンランク上の存在の扱いがどう描かれるのかが非常に楽しみです!

そして、この後輩が有能だったことにより櫛田さんの株がまた暴落してしまいそうですね

だって、絶対に勝ち目がないじゃん…綾小路が二人みたいなノリですよ

 

くくく、チョロいぜ…と思ってる櫛田さんの裏でさらに格上がいるなんて…

下手に八神さんの逆鱗に触れたら櫛田さん排除されちゃうんじゃないかしら…なんて心配もしてしまう

その二人の関係も今後どうなっていくのか、楽しませていただきたいと思います

まさかの共闘? 堀北さんと伊吹さんと

だんだんとこの二人がコンビになってきましたね

身体的な実力が拮抗していて相性最悪、だからこそ手を取りあえるのかもしれませんが…

果たして一般人がホワイトルーム級に届くことはできるのか? というのは楽しみですね

(ホワイトルーム級は超高校級という扱いでいいのかね、単位に困りますね)

 

そして、堀北さんにもようやく友達が…!!

綾小路以外にも友達が!!

業務連絡や依頼以外の会話ができる友達が!!

できる…かもしれない

 

そんなところでも、成長を感じられるなぁ…と思います

いろんな友達の形があるなというのも、この作品を見ていると実感しますね

人とのつながり方は、それぞれが自由でいい

名探偵、龍園! 独自の調べ方と接触方法は割と好き

理詰めでいく部分と強引に行く部分がはっきりしているのもキャラが立っている証拠ですね

重要な人間は誰で、除外するべき人間は誰か

どうやっていけば、自分が知りたい情報にたどり着けるか

そのときに口を割らせるためには、どこまで情報を収集しておくか

 

この言い逃れできない程度には追い詰めて証拠を上げたら強引にいくっていう手法がいいですね

暴力や腕力だけで強引にいくだけじゃなく、その中に理がある

だから、詰められたほうも言い逃れや、教師に助けを求めることができなくなる

この押し引きのうまさがまたいいんですよね

 

結果として誰を疑い、どんな騒乱の種になってくれるのか、非常に楽しみですね

誰と誰が激突するのか分からないのもこの作品の面白いところだと思います

坂柳さんは今日も平常運転でした!!

恋愛感情を一切抜きにして綾小路ファンクラブの会長を務めるのはやっぱりこの人だよなぁ…

今回の巻でも、そう思ってしまうほどの貫録を見せてくれたのが最高でした

一之瀬さんの綾小路に向ける恋愛感情を理解しながら、自分に有意なようにしてみたり

綾小路に頼られたことを喜びながらも戦局を冷静に見つめていたり

天沢さんを相手に宣戦布告を兼ねたご挨拶をしてみたり

うん、本当に多彩な方ですね

 

個人的には、坂柳さんの好戦的な部分が本当に好きです

淑やかに笑いながらも目が笑っていないあの感じ

暴力だけが力だなんて思ってほしくないというあの顔

力にも種類があり、なんなら、それを司(つかさど)ることでも価値を示せる

今後は誰と絡んでくれるのか、また楽しみです

あわせてお読みください

次の巻:【よう実】2年生編5巻

まとめ:【よう実】全巻感想まとめ

 

【ラノベおすすめ60作】最高に面白いライトノベルをランキング紹介【2021】
2021/11/21最終更新 素敵なラノベとあなたが出会えるように! おすすめのライトノベルを、どんな人におすすめしたいかまで、きっちり書いてます!

私がおすすめしたいラノベをまとめました

趣味があうなと思ってくださった方はぜひお楽しみください

 

https://www.black-gamer.com/entry/Recommended_LightNovel_matome/

カテゴリ別、完結済、アニメ化などいろんなジャンルでラノベ紹介

何を読むか迷ってる人はぜひ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました