ラノベを電子書籍で読むならおすすめはどこ?サービス比較と選び方紹介

スポンサーリンク

ラノベを電子書籍で読むならおすすめはどこ?各社サービス比較と選び方を徹底解説

みなさま、ごきげんよー

BLACKGAMER(@BLACK__GAMER)です

紙の本と全然違う! 電子書籍の利点

  • 値引きやセールがある(安く買える)
  • 場所を取らない(本棚がいらない)
  • スマホで読める(本の重さから解放、外出先で読み終わる心配もなし)
  • 見開きページも綺麗に読める

利点が多いので電子書籍ヘビーユーザーです!

 

でも、そうなると他にも疑問が出てきます

  • 電子書籍って色んな会社がやってるけど、どこがいいの?
  • 何を基準に選べばいい?
  • 本を普通に買うのと読み放題、どっちがいい?

選択肢が多すぎる、攻略本くれ攻略本!

そんな風に思った俺が、サービスを使う時にチェックした点をご紹介!

どれを使えばいいか決められない人が決められるように用意しました

【最初に】電子書籍を使おうか迷っているあなたへ

電子書籍を使うか迷ってるんだよね

だって、本なのに電子っておかしくない?

そんな人には、俺の体験談を聞いてもらえればと嬉しいです

(電子書籍ユーザーな人は、電子書籍サービスを見比べるときのポイントから読んでください)

俺はもともと絶対紙派! アンチ電子書籍でした

本好きの下剋上?司書になるためには手段を選んでいられません?第一部「本がないなら作ればいい!1」 本好きの下剋上(コミック) (コロナ・コミックス)

俺は電子書籍を始める前、絶対に『紙じゃなきゃイヤ』派の人間でした

  • 電子書籍、何がいいのか分からない
  • 本棚を眺めてニヤニヤしたいんだよ
  • ページをめくって読むのが好きなんだよ

ってな具合に死ぬほどアレルギーでした

参考画像、俺の本棚です

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/blackgamer/20180401/20180401234113.jpg

うん、ひどいね、整理しなさいよ…

でも、欲しい欲が高まると本屋に吸い寄せられてたからね、しょうがないんだ

 

そんな俺が電子書籍を使うようになったのは、3つの原因があります

電子書籍化の原因1:大判のラノベ、通勤電車で読めない問題

俺は通勤するサラリーマンで、読書タイムのほとんどが通勤電車です

ここで問題発生!

 

大判(でかい)ラノベってね

通勤電車でつり革につかまると、びっくりするぐらい読みにくいんですよ

小さいのは片手で何とかなるからいい

でも、でかいのは成人男性な俺でも辛い

 

特に小説家になろうのラノベ、でかいです

「蜘蛛ですが、なにか?」を読んでいて辛かった記憶があります

うん、俺は読むのに集中したいんだ

電子書籍化の原因2:仕事が忙しくて本屋に行けない問題

残業すると、悲しいことに本屋の営業時間に間に合わないことがあるんです

ねえ、待って! 今日はこの本の発売日なの! となっても時間は戻らず

Amazonや楽天で本を届けてもらうことはできますので、回避策はあります

 

でもね、電車でも家でも、ネットがあれば購入可能なのは本当に大きい!

通勤経路に本屋がないから回り道しなきゃ…っていう嘆きもない

ストレスフリーなんですよね、いつでも買えるというのは

電子書籍化の原因3:長編ラノベやマンガ、置く場所が不足問題

もう一つのストレスフリー!

それは置く場所を気にして、買うかどうか迷わなくていいこと!

ラノベだと20冊越え、マンガだと50冊越えとか、普通にありますからね

このシリーズに手を出す? いや、本棚足りなくね、っていつもなるのですよ

 

俺の部屋は残念ながら有限ですからね

手元に残しておきたい欲はあるけど、全ての本を読み返すわけでもないしね

 

でも、電子書籍だとその心配がいらない

それともう2つ重要な利点!

  • 整理整頓をしなくてもいい
  • 欲しい本が検索できる(本の文字列検索が可能)

俺みたいなずぼらには、ありがたいです

使い分けが大事! 全て電子書籍、全て紙など統一する必要なし!

俺は電子書籍を便利に使ってます

でもね、今でも間違いなく電子書籍にしないもの、ありますよ

 

【ダンまち】【ソードオラトリア】画集 表紙

その最たるものが、画集(イラスト集)設定資料集です

あれは、ページをめくりながら、でっかい画像を見たいんです

(最近は買ってないけれど、ゲームの攻略本も同じですね)

 

クリックして最大化や拡大ができるのは知ってますけどね、違うんですよ

俺はこの本を手に取ってね、自分の顔に近づけたりしながら好きなように読みたいの

そういう思いから、電子書籍にしないものもあります

 

買いかけの本(本棚にもう入っている本)もそうです

その本を途中から電子書籍にするのは、俺の中で何か違うなって思ったんです

(途中から本棚にないのはすごく落ち着かない…そろってないと嫌なんです!)

 

でもね、それでいいんです

全部、電子書籍にする必要もない

全部、紙の本にする必要もない

ちょっとだけ試すのも、全然問題ないです

 

俺は、ラノベやマンガでも、愛着がある作品は絶対手元に置きたかった

だから、実用書(自己啓発書や投資関連)みたいな愛着の薄いものから電子書籍を始めました

  • 大好きな本は、紙のまま手元に残す
  • 愛着の薄い勉強本は電子書籍にする
  • 新規開拓は電子書籍にする

みたいな付き合い方もできますよ!

 

まずは、

  • 自分が電子書籍にあうのか
  • 使ってみたけど絶対に無理なのか

見極めるために試すのがいいです

 

覚えておいてください

電子書籍を試してやっぱり辞めるのは恥ずかしいことじゃありません

辞めたって誰も責めません

使わないことが悪いわけじゃありません

(ここ最近の風潮は電子書籍ですが、個人の感性は別問題です)

 

ただ、読書が好きなら、一度は試してみたほうが幸せになれる可能性は高いです

だから、余計なお世話だけど紹介させてください

 

そして、せっかく試すなら幸せになってほしいから…

電子書籍サービスのメリットやデメリットをきちんと紹介したいです

なので、各種サービスの良し悪しと見るべきポイントについて説明していきます

電子書籍サービスを見比べるときのポイント

値段比較は意味なし! 大事なのは『欲しい本が定価よりも得か?』

今回、各社のサービスを比較して実感しました

電子書籍の値段って、ほぼ変わらないです

 

たとえば、魔法科高校の劣等生1巻の値段を比較します

【ラノベ】魔法科高校の劣等生 1巻 入学編 表紙

  • 文庫:594円
  • kindle:540円
  • 楽天kobo:594円(ポイント還元)
  • ebookjapan:594円(ポイント還元)
  • BookLive:594円(ポイント還元)

Kindleは価格を安く、それ以外はポイント還元で安くなるようにしてますが…

値段比較は無意味、面倒なだけで幸福度があがりません

どっちのほうが安いかと思って各会社の値段をメモして比較って、大変な労力なんです

せっかくの休み時間を費やしてやるべきことじゃありません

 

あれと一緒です、ガソリンスタンド!

  • レギュラーが152円
  • レギュラーが162円
  • レギュラーが158円

じゃあ、最初の152円のところに戻って買おう!

正直に言えば、誤差レベル!

数十円の違いを1時間かけて調べたら、時給換算で確実に赤字です

 

電子書籍はよく特売セールをしてるので、そのチェックは大事です

でも、セール以外の基本価格を比較しても意味がありません

 

確認して回っているうちに最初の店の値段が変わってた!!

もう一回調べなおしだー!

みたいなことをやるより、使い始めたほうがいいです

本が読みたくてサービスを探してるなら、探す時間よりも読む時間を優先してください!
数十円の違いよりも時間のほうが大事です!

画面やアプリが直感的に使いやすいか?

今回、取材をするにあたって全て触って試してみましたが…各社ごとに独特の癖があります

(元々は、俺はKindleのヘビーユーザーです)

 

各社比較の部分で、どういうメリット・デメリットがあるか?

なるべく丁寧に解説していきたいと思います

ただね、使ってみないと分からないのはあります

だから、『使ってみてイマイチだと思ったら乗り換える』ぐらいのほうがいいです

そういう気持ちだけは覚えておいてください

自分の欲しい(気になってた)本がセール対象か?

自分の欲しい(気になってた)本のセール!

これは『自分を歓迎しているんだ』と思って買うべきです

あなたのことを作品が手招きしてくれた結果なので運命と思いましょう

 

セール情報をチェックするのも限界があります

どこの出版社がいつからセールするかなんてわかりません

(分かったら誰も定価で買わなくなりますしね)

そもそも、セールで安くなってる本は自分が欲しい本じゃない…なんてことも多いです

読める数に意味なし!何万冊かではなく『自分の読みたいものがあるか?』

電子書籍で読み放題サービスの場合、どこの電子書籍サービスも読める数をアピールしてきます!

  • うちは5万冊です!
  • うちは15万冊です!
  • うちは100万冊です!

この中から選ぶなら、100万冊にしておくか…ってなりますよね

普通はそうです、俺もそうでした

 

でもね…

どうせ読み切れないし、何より読みませんよ

 

そもそも自分が読みたい本が何万冊もあるわけじゃありません

自分が読まない本もカウントされてますので、有効な数値じゃないです

(俺の場合は、例えば日曜大工の本や歴史関連の本などはまず読みませんし、ラノベもジャンルによって読まないものは間違いなくあります)

 

じゃあ、どうすればいいか?

『自分が読みたい本が何冊あるか』

それだけ確認してください

 

自分が読みたい本がなければ、そのサービスは選択肢から外れます

3冊以上あれば、一か月の契約分の元は取れるので契約する価値あります

読み放題プラン?セールで購入?迷う人へのアドバイス!

-定額?セール?迷う人の簡単診断!-

▼セールがおすすめな人▼

  • 一度読んだ本は手元に残しておきたい
  • 読みたい本がある
  • 流行・最新の物が好き

▼読み放題がおすすめな人▼

  • 読み返すことが少ない(ほぼない)
  • 読みたい本がない(探してる)
  • ちょっと前の作品でもOK(古いの好き!)

 

定額サービスは解約したときに、読んでいた本が読めなくなります

(それ以外にも期間限定で読める本も多数あります)

なので、一番のポイントは、読み返すかどうか? です

 

読み返したいなら購入して自分の手元にデータとして残しておきましょう

ただ、読み放題に比べるとお金はかかってしまいます

お金だけ考えたら定額サービスで読みまくるのが一番お得です!

電子書籍のおすすめランキングを各社比較で紹介!

1位:BOOK☆WALKER

  • ライトノベルがメインなら間違いなく一番オススメ!
  • ヘビーユーザーになるとランクアップでコイン(ポイント還元倍増)
  • 初回購入は50%分をコインで還元!(期限付きだから使用はお早めに)
    BOOKWALKERなら初回購入で半額分のポイント還元!
    BOOKWALKERなら初回購入で半額分のポイント還元!

初回購入時に半額が還元されるのは嬉しいですね

普通に本を買うだけじゃもらえないこのサービスはやっぱり電子書籍の強みです

BOOK☆WALKERのメリット(オススメポイント)

作品検索時に表示を各巻からシリーズに切り替え可能!めっちゃ探しやすい!

BOOKWALKERなら買い物時にラノベをシリーズで見られる
BOOK☆WALKERなら買い物時にラノベをシリーズで見られる
  • 左側が巻数ごとにオススメされるバージョン
  • 右側がシリーズごとにオススメされるバージョン

見た瞬間にさすが、分かってるね!!と嬉しくなりました

売れてるからって、その作品を1巻から最新刊までたくさん表示されても困るんです

 

知ってるよ! もういいよ! 感がハンパない

赤丸で囲った「シリーズ」「全て表示」で切り替え可能です!

新しいラノベや漫画を読みたいと思ったらこの機能は本当に嬉しい

 

しかもね、何冊あるか、お値段はどれぐらいか、ちゃんと書いてあるんです

この行き届いた気遣い、なかなかできることじゃないよ

 

ページめくりが瞬間切り替えで目に優しい

次のページへ移動するというのは、電子書籍であれば必ず必要になります

でも、各社使って比べてみると、けっこうその特徴が分かれます

  • スライドしたときに次の画面の内容が見えた状態でスライドしてくるか
  • エフェクトが出たうえで次のページが表示されるか
  • 瞬間切り替えで表示されるか

これは趣味の問題です

エフェクトのオンオフとかもできます

ただ、ここの瞬間表示が個人的にはピンときました

BOOK☆WALKERのデメリット(個人的に気になる点)

スマホの本棚が見にくい(何巻なのか表紙の柄を覚えていないと辛い)

BOOKWALKERの本棚
BOOKWALKERの本棚

ラノベは長文タイトルもあるから余計にしんどいところでもあるのですが…

表紙を見ても、何巻なのか分からないんですよね

10巻越え、本編と外伝なんてあるともう大変

最近のたくさん出る系ラノベにはちょっとしんどいです

 

せっかく素敵な表紙なんだし、グラフィカル(画像メイン)なのは嬉しい

ただね、電子な本棚があるなら検索したいのですよ、俺は

BOOK☆WALKERの総合評価(★★★★★)
  • ラノベを読むだけで使うなら、とにかくここ!
  • 本棚以外に気になる点は個人的になし(本の選択はどこも癖があります)
  • 初回購入で半額ポイント還元、買いたいものは1回目と2回目に分けてもいいかも

BOOK☆WALKERで電子書籍を選ぶ

2位:ebookjapan

  • マンガ読むのがメインな人向け!Yahooプレミアム入会者はさらにお得!!
  • 1巻無料、試し読みなど無料で超たくさん読めます、お金ない人はここ
  • PCで買う時は初回購入時半額クーポンあり! 何冊買っても半額!
ebookjapanならチケットでマンガが読める
ebookjapanならチケットでマンガが読める

ラノベ好き、マンガ好きが絶対に直面する問題は

『次に何の作品を読もうかな?』

という実にぜいたく&切実な悩みです

で、そういうときに嬉しいのが、一巻無料、試し読み、チケットで読める本です

最近は、世の中が気に入ったら課金(購入)な流れですからね

本も試し読みして気に入れば買う、というのが当たり前になってます

マンガ好き、マンガ読みな人はオススメです

あと、初回は半額になりますので、気に入った人は全巻ごそっと購入するのもありです

ebookjapanのメリット(オススメポイント)

一冊無料のお得すぎる破壊力よ…これだけでも使う価値あり

ebookjapanなら一冊無料のマンガもたくさんある
ebookjapanなら一冊無料のマンガもたくさんある

スマホアプリで表示されていますが、はい、右上に注目してください

赤丸で囲いましたが、一冊無料なんて素敵なタグがあります

ここで選べばね、無料で一巻分読めちゃうんです

 

試し読みっていうと、冒頭何ページ無料みたいなのが大半です

でもね、ここは一冊無料っていうタグがあるぐらいに豊富です

自分のお気に入りのマンガを探すなら、ここが一番ですね

ebookjapanのデメリット(個人的に気になる点)

ebookjapanスマホアプリ版ではラノベがあまり対応されていない

ebookjapanで該当作品が見つからない場合
ebookjapanで該当作品が見つからない場合

何であの有名タイトルのラノベが見つからないんだろう…

そう思ったらよくある質問に書いてありました

はい、ライトノベルはスマホアプリには今のところあんまり対応していないようです

ざっくりいうと

  • 健全なマンガはアプリで読めるよ!
  • それ以外はWEB版で買おうね!

という感じです

ebookjapanのスマホアプリ版とWEB版でお金を払う方法が違う

ebookjapanのアプリはコインをチャージ
ebookjapanのアプリはコインをチャージ

最初に買う人間は半額なんだってなぁ…楽しませてもらうぜ…

とか笑顔で行ったのに…

どうすれば半額になるか分からなかったんです、俺

うん、間抜けな話だよね、でも、本気で分からなかったんだ

で、確認したらね

  • スマホアプリ版はコインをチャージして買う方式
  • WEB版はクレジットカード決済する方式

半額が適応されるのは、WEB版での購入になります

半額キャンペーンって1000円チャージしたら2000円になるの? んな馬鹿な…

とか、半信半疑でやって間違えたーとか騒いでいた俺みたいな人がでませんように

ebookjapanの初回半額はWEB画面から
ebookjapanの初回半額はWEB画面から

こういう感じで、50%OFFのクーポン利用の画面が出てきます

これが正解です

ちなみに、最初に購入する場合には有効期限がありますので、お忘れなく!

ebookjapanの総合評価(☆★★★★)
  • マンガを読みたい人は間違いなくここ!
  • デメリットは初めてだと分かりにくいだけで知ってれば問題なしです
  • チケット使うか買うかは趣味です(俺は買って好きなときに読みたい派です)

ebookjapanで電子書籍を選ぶ

3位:Kindle

  • マンガ・ラノベ以外も読むなら間違いなくココ!実用書、洋書と幅広いです
  • ポイント還元? 最初から割でいいじゃないの精神(でもポイント還元もある)
  • 読書専用端末が嬉しい、愛用してます

本にもいろんな種類がありますよね

個人的に本は遊び・娯楽ですが、勉強のための本などもたくさんあります

そういう、ラノベやマンガ以外の本を楽しむなら間違いなくここです

普通の小説や洋書、実用書から料理のレシピ本まで

本屋として取り揃える電子書籍の幅広いフォローには定評があります

kindleのメリット(オススメポイント)

毎日、毎週、毎月、必ずセールをしている&特設セールも多数!

kindleは毎日、毎週、毎月セールがある!
kindleは毎日、毎週、毎月セールがある!

Kindleといえば、なんといってもお得なセールです!

  • 日替わりセール
  • 週替わりセール
  • 月替わりセール

この三本立ては必ずやっているうえに、出版社セールもかなり多いです

覗いているとびっくりするぐらいに安いセールとかもたまにやってます

俺はマンガの『ぼのぼの』を10円で40冊購入しました

10円で40冊ですよ!? それって、40冊買っても1冊分の値段ですよ!

ただ、巡り合えるかは運とチェック力がものをいいます

いいものに出会えたら迷わず買いましょう

本・電子書籍以外にも通販で買い物をする人はポイントが共有できてお得

ポイント還元されても欲しい本は今のところないんだけどなぁ…

そんな悩みもAmazonが母体のKindleだと問題ありません

あそこは普通になんでも売ってます

日用品や消耗品を買うこともできます

ポイント貰ったけど、別に欲しい本は今のところないなぁ…

そんなときに買う選択肢が広いのはKindle(Amazon)のメリットになります

kindleのデメリット(個人的に気になる点)

本が探しにくい、セール品だと特に

book☆walkerでメリットとしてあげた部分と被りますが…

セール本を探していると表示が見づらいというのが難点になります

セールの対象商品としてね、そのシリーズの1巻から10巻まで表示されるのはわかる

でもね、それだとそのシリーズを買うつもりない人にはしんどいんだよ…

あと、セールの対象はぜひともジャンルで分けられるようにしてほしい

女性向けが欲しいときと男性向けが欲しいときは、俺の中で分かれているんだよ

(まあ、どっちでもいい日もあるし、食わず嫌いを直す的なところもありますが)

kindleの総合評価(☆★★★★)
  • 本ならジャンルを問わないぜ!という人はおすすめ
  • 実用書や勉強に使いたい人はさらにおすすめ
  • 欲しいタイトルがある人はOK(新しいものを探すにはあんま向いてないかも)

Kindleで電子書籍を選ぶ

あわせてお読みください

www.black-gamer.com

KindleUnlimitedで読み放題とは言われるけど、実際にどんな本が読めるの?

読み放題プランだからこそ、どれだけ読めるかは大事ですよね

対象の本を検索する方法を詳細に解説します

www.black-gamer.com

AmazonPrimeの会員になると、それだけでも無料で読める本があります

prime会員になるとそのほかにも特典多数です

興味がある人は、まずチェックをおすすめします

www.black-gamer.com

AUユーザーだったので、実際にサービスを使ってみました

なので、実際に読み放題プランを使っての感想、使用感のレビューになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました