読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


SAO ソードアートオンライン 17巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ラノベ ラノベ-ソードアートオンライン ラノベ-電撃文庫

スポンサーリンク



SAO ソードアート・オンライン 17巻 アリシゼーション・アウェイクニング 発売日:2016/4/10 ラノベ感想

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

アニメに留まらず劇場化まで決定された大人気ラノベ

ソードアートオンラインの17巻の感想になります

9巻からアリシゼーション編開始して、ついには8巻目の大長編です

内容が濃いのに驚きの長さですよ、ホント!

 

 

あらすじ(Amazonより転載)

ついに現実世界のプレイヤーたちがアンダーワールドに到達し……!

 

――≪光の巫女≫アリス。

――≪闇の軍勢≫すべてを犠牲にしてでも、我が手中に収める。

≪最終負荷実験≫二日目。

整合騎士による命がけの奮闘により劣勢になった≪ダークテリトリー軍≫は、

卑劣な手段で反抗を開始する。

アンダーワールドを外部から観測していた米軍傭兵・クリッターが、

 

現実世界の人間たちを最終決戦に投入する。

全米のゲームコミュニティサイトで

≪本格派VRMMOゲームのベータテスター募集≫と称し、

騙してログインさせたプレイヤー数は、五万人を超えた。

 

闇の軍勢の増援に、絶体絶命となる≪人界軍≫。

スーパーアカウント・ステイシアでログインした

アスナ一人では到底太刀打ちできなかった。

そこに、アンダーワールドで言い伝えられてきた創世の神々が舞い降りる。

白く輝く太陽神ソルスと、優しく暖かい地母神テラリア。

その二柱は、シノンとリーファの姿をしており……。

 

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

 

 

スポンサーリンク
 

 

シノンとリーファの参戦来たっ! 今まで築き上げてきた物がリンクし始める

前巻ソードアートオンライン16巻 アリシゼーション・エクスプローディングで

最後のほうに熱い展開で終わってくれたとおり、

今回はアリシゼーション計画に加わっていないキリトの仲間たちが、

アリシゼーションの世界の中に入っていくところから物語が始まります

 

今までに築き上げてきた物の大きさ、絆の強さが余すことなく描かれています

クライン、エギルの両名が大きく描かれていたのは最高でした

特にクライン! 親友ポジションとして生きる男の熱い生き様を…

最後のPoHを止めようとどれだけ傷つこうと前へと手を伸ばす激情は

見ていて熱くなりました

 

ALOメンバーやスリーピングナイツたちにも見せ場はありましたが

アンダーワールド人と分け合ってしまった感じがあって少し物足りなかったです

まあ、その分裏表紙で救済措置があったMOREさんとDEBANさんもいるから

なんとも言えませんが…

 

物語の深さを出すために用意されたポッと出のキャラ二名がいるのだから

もうちょっと、愛着のある過去キャラたちの活躍が見たかったですね

 

三女神じゃなくて五女神じゃダメだったんですか?

上の話に関連しますが、今回はキリトをサポートするために

キリトと縁が深い少女たちを三女神としてスーパーアカウントを使って

アンダーワールドに登場します

 

  • 創世神ステイシア:アスナ
  • 地母神テラリア:リーファ
  • 太陽神ソルス:シノン

 

何という過酷な椅子取りゲームだ…

兄妹で同居だという理由からもリーファはおそらく縁が深いという理由は分かる

でもさ、シノン、シリカ、リズベットはさ…

そんなに大きな差はなくて、いい勝負なんじゃないでしょうかね

MOREさんとDEBANさんだって、スーパーアカウントとは言わなくても

自前コンバートじゃなくて特別感をあげたっていいじゃないですかね

 

まあでも、そんなことをしてしまったら、

リズベットが大声で演説していた話の説得力がなくなるのは分かります

だけど、こうもキャラ格差が出てきてしまったか…と思うとちょっと悲しいですね

f:id:blackgamer:20160430170745j:plain

裏表紙の救済措置が本当に不憫に見えてしまうから困る…

二人のこの装備と展開もぜひ見たかったな

 

正妻のアスナさんがいるからこの二人も勝ち目がなくて大変だとは思いますが

リズとシリカの幸せなエピソードが読みたいですね

 

シノンはサトライザーとの熱い熱いタイマン勝負

リーファは圧倒的な人数を相手に獅子奮迅の活躍でした

今回は割とグロい表現も多くてなかなかに想像すると恐ろしいシーンが多いので

そのあたりはちょっと厳しいかもしれませんが、しっかり活躍してました

 

個人的には、リーファの最後の「私、頑張ったよね、お兄ちゃん」が好き

やっぱり妹は兄の背中を追いかけるからこそ、兄に届きたいと願うからこそ

今まで以上の力が出せるというのがいいですね

 

PoH(プー)さん来たっ! ラフコフの首領がようやく判明

熱いどんでん返しが続き、アメリカの次は、

中国、韓国を巻き込んで…という形になりました

世界規模で広がっていく展開も熱いですが、何よりもいいのはボスキャラたち

 

暗黒神ベクタ/サトライザーの人も強さでいえば圧倒的な感じがしますが、

どうにも殺し合っている感じや悪意や感情という意味でのエゴが足りない感じなので、

ラスボスとしてはPoHさんが頑張るのかな? と今後に期待

 

というか、PoHの周りに敵兵が来たときに旧ラフコフメンバーがキター! と

勝手に思い込んでましたが、外国人雑兵の追加でちょっと拍子抜けしました

精鋭数十人が来てSAOの続きをしようぜ…的な空気かと思ったら

あー、他の国にも広げて世界的な話になってきたか…というのに驚き

 

ヴァサゴさんのときの間抜けっぷりが印象に残ってしまい

ちょっと大物感が薄れがちになってきましたが、今回の巻ではしっかり挽回!

次は全面衝突になりそうなので、武器や特殊能力がどんなものなのかは気になります

 

扇動の首魁ではない、戦闘としての首領の強さがどう描かれるのか楽しみです

 

スポンサーリンク
 

退場した整合騎士の騎士長ベルクーリ、愛し合った整合騎士シェータと拳闘士イスカーン、新たなアリスと成り得るかもしれないリルピリン、サブキャラにもドラマがある

これだけ大勢のキャラを描きながらも、能力、見せ場、最後の花道や展開などを

緻密に書きあげているのは、ものすごい力量だなと思います

一人ずつを大切に丁寧に、全てを生かすのではなく、全てを殺すのでもない

その絶妙のさじ加減で描かれる負荷実験という名の戦闘は

ドラマに溢れていてすごいと思います

 

個人的には、シェータとイスカーンのカップルが一番好きです

戦闘に次ぐ戦闘で言葉をろくに交わさず、それでも互いを認めていて

相手のことが気になってしょうがない

 

自分の子供を拳闘士にするのか、騎士にするのかと言い合えるあの仲こそが

人界軍とダークテリトリー軍が分かり合えって和平となる最初の一歩な気がします

好き嫌いは種族でもなく、血でも外見でもなく、個人の問題だ

それがあの話に詰まっているような気がして、好きです

 

暗躍していた須郷さんの部下も登場! 現実世界も進み、キリトは果たして?

クライマックスに向かっているのはゲームの中だけではなく、現実世界も…

というわけで、アメリカ軍への協力者である須郷の部下である

柳井さんが自分の悪事を自白しつつ退場という展開に!

 

右目の封印の理由や、キャラであるアドミニストレーターことアドミーちゃんに

骨抜きにされたということまで自白してくれます

ああもう、話したくてうずうずしてたんだろうなぁ、この人…という感じ

でも、実際こういう世界が出きてAIが発達したら骨抜きにされる人は多そうですよね

外見から声から理想的な悪女とか、自制心が勝てる気がしないわ…

 

撃たれた比嘉さんがそれでも懸命にコンソールをいじることでキリトの回復は始まり

残された問題と時間もだんだんと減っていく

最後にどこに着地するのか、現実とアンダーワールドはどうリンクするのか

今から楽しみですね

 

次も楽しみでしょうがない大満足でした

というわけで、シノンとリーファのファンは買って損なしなこの一巻

最後のキリトさんは目覚めたのか目覚めてないのか…

何これ夢落ち? という話になりつつあるところで終わったので

ここから先の展開がどうなるのか、ほんと気になります

 

こっから先は無双というよりも苦戦が多そうなキャラばかりですが

大胆不敵にまた勝ってほしいですね、次が楽しみです

 

次巻ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティングの発売日は2016/08/10 

劇場映画来年公開!

≪アリシゼーション≫、完結!

「――キリトくんだ。わたしのキリトくんが、帰ってきた……」 

≪アンダーワールド≫全土が混沌と化す、≪最終負荷実験≫の二日目。 

≪人界軍≫最強の整合騎士ベルクーリ、スーパーアカウント・太陽神ソルスを持つシノンを打ち破ったガブリエルは、≪ワールドエンド・オールター≫を目指すアリスを追う。

 

一方、圧倒的な数の≪暗黒騎士≫に包囲された≪人界軍≫囮部隊の戦場では、

アスナの奮闘、リズベットやシリカらの助力虚しく、

ついに自失状態のキリトが、ラフィン・コフィンの残党≪PoH≫につかまってしまう。

積年の恨みを晴らさんと、PoHの毒牙がキリトに迫り――

 

瞬間。

 

キリトのこころの中に、声が響いた。

それは、共に暮らし、戦い、笑いあった彼の親友の声。

たった一人の、最高の相棒の声――。ついに、キリトは復活する。

アンダーワールドに生きる≪すべて≫を、救うために。

 NKT(長く苦しい戦いだった)も、ようやく終わりを迎えるようで…

次巻の発売が楽しみですね

アリシゼーション編完結と書いてあるけれども、SAOはもっと続けるのか

それともプログレッシブだけで本編は終わるのか、それも気になるところです

 正座で発売を待ちたいと思います

 

別の巻の感想&あわせてお読みください

ソードアートオンライン 18巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ソードアートオンライン 17巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ソードアートオンライン 16巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ソードアートオンライン 01巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ソードアート・オンライン プログレッシブ 04巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

次に読むラノベをお探しの方へ
  1. 絶対おすすめの面白いライトノベル60作品!
  2. 【ラノベ】おすすめなハーレムのライトノベル10選【ランキング】
  3. 【おすすめ】セリフ回しと会話文が面白いラノベ3選【オススメ】