(最新刊)オーバーロード 16巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2022/7/29

スポンサーリンク

(最新刊)オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 [下] あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2022/7/29

2022/08/03 21:20 ネタバレ感想追記

読者のみなさま、ごきげんよー

BLACKGAMERです

オーバーロード15巻の発売日2022/06/30からわずか1か月!!!

まさかの翌月に次の巻が読めるという素晴らしいサービス!!

 

はい、オーバーロードの最新刊!

オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 [下]の発売日は2022/7/29になります

こんなに早く最新刊が入れ替わってくれるなんてね、もう最高ですよ!!

 

しかも、上下巻ですよ

絶対気になるところで『続く』になると思っていた矢先にね

続き? 来月には出るよ…ってお返事がもらえるんですよ

 

待ち時間はたったの一ヶ月!!

ここまで数年単位で発売と比べれば、一瞬と言っても過言ではないレベルの速さ!!

 

実際、2冊同時に書いて1冊ずつ販売って流れでしょうしね

上下巻できっちり仕上げてきているのが、本当に楽しみです!

 

ネタバレ注意:あらすじに15巻の内容に触れるものがあります

ネタバレが嫌いな人はオーバーロード15巻読了後にチェックしてください!

(最新刊)オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 [下] 発売日2022/7/29 あらすじ紹介&購入前雑談

歴戦の猛者たちすら畏怖するナザリックの威光を見よ!

ダークエルフの村に滞在し、村民と交流を続けるアインズと双子。
しかし法国の侵攻はついにエルフ国を攻め落とされんばかりとなった。
一計を案じたアインズは行動を開始。

アインズ様の活躍はお約束された展開のようです!

16巻のあらすじを書くと、どうしても15巻の内容に触れるしかないですよね

なので、ちらちらと見える現在の状況を楽しんでみようかと思います

 

ダークエルフの村に滞在し、村民と交流を続けるアインズと双子。

アインズ、アウラ、マーレの3人は固まって動いている状態

また、この内容から他の階層守護者はナザリックでお留守番or別行動の可能性が高い

ただ、これで同行していないことは確定しても、出番がないわけではないので別動隊がどういう扱いになるかは非常に楽しみ

 

しかし法国の侵攻はついにエルフ国を攻め落とされんばかりとなった。
一計を案じたアインズは行動を開始。

アインズ様がいるエルフ国を攻め落とそうとするなんて…

ナザリック関係者からすれば、発狂モノの暴挙ですよね

いったいどれだけの怒りを買うか、分かったものではない

(いいぞ、もっとやれ)

 

そして、展開から見ると反撃(攻撃)のきっかけはアインズ様立案の作戦の模様

ここもまた、今までの展開から見てもどんなミラクルが飛び出すのか非常に楽しみですね

アインズ様は展開的に豪運を持ってるように見えるから余計に楽しみ!

 

歴戦の猛者たちすら畏怖するナザリックの威光を見よ!

あらすじの最初の1行が全てを物語っているのだろうなぁ…としみじみ思います

 

ナザリックが威を示せ

こういう展開になれば、ナザリックのメンバー全員が奮励努力しますからね

アインズ様のカリスマがあってこそですが、ナザリックVS法国が見られそうで楽しみです

 

一方的な蹂躙劇となるのか、対等の戦いが起きるのか

どんな用意周到な展開が待っているのか、非常に楽しみです

これを読んだら残りは2冊…嬉しいような、寂しいような

最初、残り1冊かぁ…と書いてたのですが!

コメントでご指摘いただいたとおり、残りは1冊ではなく2冊でした!!

(16巻の後書きでも、残り2冊なことが明記されておりました)

 

なんにしても残りは後2冊…! 物語も大詰めとなりました

 

  • 物語が最後まで読める喜び
  • その物語の続きがなくなる寂しさ

いやあ、板挟みですよね

 

完結という最後を見届けられたからこそ、満足する部分もある

でも、好きだった作品の終わりというのは、どうにも寂しいものです

 

しんみりするにはまだ早いんですけどね

最後の一巻の発売日が発表されてからでいいはずなんですけどね

やっぱり、心の準備って大事だなと思うのでそっと書いておきます

 

もっと見たい、もっと楽しみたい

そう思える作品に出会えたのが最高に幸せでした!

なので、最後まで一読者として心から楽しませていただきますっ!

(最新刊)オーバーロード 16巻 半森妖精の神人 [下] 感想・ネタバレあり

叔父さん設定でダークエルフの村に着いたアインズ様が本領発揮

まさか、現地人のダークエルフに対して意味ありげな自分流の挨拶でいくとは思いませんでしたよ

なにあれ、さっきのなに? 誰か知ってる? と相手方が困惑するのがまた面白い

 

いきなり知らない単語が出てきたら、深読みするよなぁ…そりゃあ

礼儀作法と異種族文化の交流を見事にハッタリで乗り越えたアインズ様

多少の波紋を残しながらも、今回はほぼ武力なしでダークエルフの村を終えた形になりました

 

全体をざっと見てみると、ダークエルフの村の中での行動はまさに有給休暇なんですよね

薬学で知らない男に弟子入りをして、王様扱いされずに趣味を満喫!

子供たちに友達を作るべく、遊ばせておく(結局、友達はできなかったけど)

 

アインズ様が、為政者よりも技術を探求する職人のほうが肌に合うことを理解っていう流れ

しかも、今回の薬学で学んだことを応用できると考えてることから、またナザリックが強化される流れのようなのが楽しみです

本当に大企業の社長が、現地の職人と一緒に仕事体験してノウハウ取得するバカンスっぽいですね

 

ダークエルフの村では派手な戦闘もなく、アインズ様の目立った活躍もそれほどない

物語としての盛り上がりには欠けるかもしれないし、進展と思うほどの新情報も少ない

でも、こんなにイキイキとしたアインズ様を見られるのって、なかなかないと思うんですよ

 

アルベドやデミウルゴスへの愚痴も、いつもよりマシマシに出ていますし…

アインズ様のほどよいガス抜きになった部分を描かれたシーンなのかなと思いました

(少々のことでは、ナザリック内部の分裂や対立にはならないでしょうしねえ)

 

おままごとでアウラがマーレをテイム???

身体能力に関係なく遊べる子供の遊び、なーんだ?

おままごとー!!

なるほど、そうか…うん、そうか…

 

まさか、アウラとマーレが参戦するおままごととは…ね

ずいぶんと豪勢な話じゃありませんか

オーバーロードのギャグマンガポジションである不死者のOH!が逆輸入されたのでは…と一瞬思ってしまうようなびっくり展開

 

で…だ

残念ながら、非常に残念ながら、実際におままごとをしてる様は、描かれていないんですが…

アウラさんが意味深なことを言ってるんですよね

「…………とりあえず、あたしのテイマーとしての能力はダークエルフには効かないということが分かったのが、今まで誰にも手に入れてなかった情報かな」

「ちなみに百レベルのダークエルフも含まれるけどね」

赤字アンダーラインにしちゃいますよ、はい、ここテストに出ますー!

 

テイム条件って、オーバーロード 15巻の熊さんを見る限り「相手を分からせる」ってことですよね

なので、アウラさんがマーレに対して分からせたってことでいいんですかね

 

実際の姉弟関係でも、そういうパワーバランスに見えますが…

やっぱりお姉ちゃんがお母さん役で、弟は赤ちゃん役ってことですか

 

まあ、アウラが赤ちゃん役をやるんなら、アインズ様がお父さん役やるぐらいじゃないと無理か

(むしろアインズ様の横でほほえむママ役をアウラも望むのか気になるところですね…)

なんにせよ、最高に想像の余地がある一行でした!

 

アインズ様は結婚してるの? という質問に脳裏にアルベドとシャルティアがよぎる

アインズ様に押しかけ女房するって最ッ高の死亡フラグですよね

結婚していないのに正妻からイビられるという謎のムーブが発生しそう

 

というか、ナザリックまで結婚したくて一緒にきたらいきなりジャンルがホラーになりそう

猟奇殺人待ったなしの展開ですよね、絶対に

 

アインズ様の妻になりたいという大言壮語を吐きながら、あなたはどんなことができるのかしら?

そんな声とともにマウントを取るアルベドさんの姿が見えるようだ

(一人ぐらい強引についてくる犠牲者がいても面白かったのに…と思ってしまう)

 

アルベドさんの暗躍フラグを複数いただきました! はいよろこんでー!

今回もちょこまかと暗躍しているところが指摘されているアルベドさん

『アルベドと同格の相手が敵に回ったら』という例え話にたいして劇的に反応する双子

このあたり、心のどこかで疑っている部分があったりするのかなーと気になります

 

そして、極めつけはエピローグの部分で内密に動いているのが気取られたと焦る様子

いったい何をしているのか、というのは次の巻以降のお楽しみなのでしょうが…

前回の15巻よりも前から話が出てくるところを見るに、物語の最後あたりに関係してくる重要な話なのでしょうね

 

いったいどんな暗躍をしていて、どう物語に関係してくるのか

あかされた時にもう一度、このあたりを楽しむようにしたいものです

 

アインズ様の活躍回! アウラとマーレに説明しながら実力発揮

横殴りで火事場泥棒しようぜ!

ということで、一計を案じたアインズ様!

攻撃的な動きの中でも警戒心はかなり強めて動くところがいいですね

 

ナザリック地下大墳墓は――我々は強い。しかし、唯一無二の最強だとは思うな。

決して相手をみくびるな。情報を集めることを絶対に忘れるな。

アウラとマーレに対して言い聞かせて、そのあとは、まさにこの言葉通りの行動をしていく

そういうところで用意周到なのは、本当にいいですね

 

エルフの王が登場したときにも、自分の存在が見えていないことを確認するや支援重ねがけ

どの順番に何を優先してかけていくのか

絶対にアインズ様のルールがあるんだろうなぁ…というあの手慣れた振る舞いがいい

 

そして、戦闘においては、自らエルフの王を相手取ったアインズ様

アウラとマーレがアインズ様の戦闘を観戦してるシーンが、最高によかったです

 

アインズ様の動きの意図を理解して心底から恐いと思う双子の二人

圧倒的な力で叩き潰すのではなく、策を練り、罠を仕掛けて逃さないようにする戦い

その動きがまさにアインズ様の真骨頂で最高でした

 

アウラとマーレは、見られたことを自慢げにみんなに話すんだろうなぁ…

なんなら、ナザリックで観戦してほしいなぁ…絶対にまたアインズ様を信奉する力が増えるよ

そう思わせてくれる見事な立ち回りでした

 

エルフ王も噛ませ犬的な感じになりながらも、見事な立ち回り

まさにアインズ様の貫禄(かんろく)がよく分かる戦い方でよかったです

 

絶死絶命VSマーレ! 得体の知れない二人の激突

オーバーロード 16巻 表紙

今回は柔らかそうなお腹がチャームポイントなマーレさんが本領発揮の回!

イラストからも伝わってきそうなほどのスベスベ感ですが…

そんなこと言ってる場合じゃないほどのガチな戦闘シーンでした!

 

互いに手札が分からない者同士で見ると、ナザリックのメンバーはこう見えるのか…

本来なら中ボスクラスの階層守護者も、ほとんどラスボスレベルの強さですよね

なにこの理不尽…準備もない、前情報もない状態で出会っていい相手じゃないよ

しかも油断をまったくしないから、つけ入るスキもないしね

 

立ち居振る舞いから攻撃の重さまで、ゾッとすることばかりなのがまた最高です

マーレのは罪悪感一切なしのポーズだけの謝罪ってのがまたいいですね

そういう態度をするんだよ…と教えられたからしているだけで別に悪いとは欠片も思ってない

そう思う感情すらないっていうのは、その背景が見えるようでよかったです

 

ところどころの降伏勧告は、アインズ様リスペクトか!

だけど、慣れてないせいか、企んでるようにしかみえないムーブ(実際、企んでるわけですが…)

そんなところも見せながら、終始きっちり圧倒して見せるマーレがよかったです

 

最後には小災厄(ぷちカタストロフ)というアインズ様の魔法よりも破壊力が高い魔法を発動

全力攻撃のあとにきっちり確保して捕虜にし、捕虜が強いことを忠告するのも忘れない

今回はまさに大活躍という回でした

 

3巻のシャルティア編と絶死絶命(法国)がつながった、次回も楽しみ

絶死絶命がエインヘリヤルを使った時点で、これはシャルティアさんが黙っていないなぁ…と思っていたら…

本当にあの事件の関係者だったという展開!

 

エピローグの部分でアインズ様が語った一言

「――シャルティアだ」

絶死絶命の記憶を覗いた際に、シャルティアの姿が映っていた

シャルティアを目視しているのは、おそらく過去に接触して操られたとき…というわけですね

偶然居合わせたなんてことはないでしょうから、法国が主犯で確定…と

 

オーバーロード 3巻 の発売日が2013/3/30だったので、9年の時を経てつながったのですね

(この前10周年企画とかもやってましたしね、そんなに前だったんですね)

 

今回はアインズ様の必殺技でもあるThe goal of all life is deathも使ったことから、警戒度はMAX

そして、アインズ様の怒りもMAXなのがまた今後の展開が楽しみですね

 

にしても、絶死絶命は強キャラ扱いだったのに捕虜にして記憶を覗こうぜってあたりがアインズ様の(オーバーロードという作品の)強みですよね

人道的? はて? 人道的ってなに? みたいな

必要があれば必要なことはするでしょ…とたんたんと処理できるのがいい

 

こうしておけばよかったのに…と思う展開が少ないというか

なるほど、そこまでやるのか…とうならせてくれる展開が多いというか

そういう意味で、徹底的にやってくれるのが個人的に好きです

 

少し話がそれますが…

オーバーロード 9巻でガゼフ・ストロノーフとアインズ様が対峙したときに

『時間対策は必須』という話をしていました

 

あの頃は、そんな対策できるキャラが本当にいるのか…と思ってましたが

今回のエルフ王は対策をしていたし、今後も対策している相手が増えてくるのでしょうね

第十位階の魔法もエルフ王が使っていたし、これからさらに敵戦力はあがってきそうですね

 

まあでも、怒りをまとったアインズ様から逃れられるとは欠片も思いませんが…ね

次の巻の標的は法国、楽しみに待ちたいと思います!

(おまけ)オーバーロード 16巻 三方背ケース付特装版の写真

オーバーロード 16巻 三方背ケース付特装版オーバーロード 16巻 三方背ケース付特装版_2 三方背ケースって何? ってあんまり分かってなかったんですが…

つまりは箱っぽいケースですか

2枚目の左側、手のひら側、右側の三方が背になるケース…と、なるほど

 

特装版:2,200円

通常:1,320円

お値段は880円増しなので、それでもOKなファンなら買ってもいいとは思いますが…

 

個人的にはオーバーロード 15巻の特典であるイラストカードのほうが嬉しかったです

興味のある人は下のリンクからチェックしてみてください!

あわせてお読みください

【ラノベ】オーバーロードのネタバレ感想記事まとめ
2022/07/05最終更新 アインズ・ウール・ゴウン万歳! オーバーロードの感想全巻あります!

オーバーロードの感想、全巻書いてます!

他の巻の感想も楽しみたい場合にご利用ください!

 

オーディブル(Audible)の面白いラノベおすすめ20選!
2022/11/06最終更新 聞く読書で耳が幸せ! オーディブルでおすすめなラノベ! 好きな声優さんが見つかりますように!

耳が幸せになる聞く読書! オーディブルでオーバーロードの1~13巻が朗読されてます!

久しぶりに読み返すときに、耳で楽しむオーバーロードの世界もぜひ!

(アニメ版とは別の声優さんですが、違和感ありませんでした。興味がある人は試聴を!)

 

ご主人様大好き!主従関係の絆が熱いおすすめラノベ5選!
2022/07/15最終更新 主人に忠誠を誓う部下、部下を思いやる主人。 主従関係が好きな人におすすめのラノベ、まとめました!

主従関係、いいですよね

個人的に、ご主人様と従者(特に忠犬・番犬ポジション)が大好きです!

ご主人様大好きな従者が好きな人が気に入るラノベ、まとめました!

 

ラノベでVRMMO・ゲームの世界が舞台なおすすめ作品9選
2022/07/15最終更新 ラノベで描かれるゲームの世界! VRMMO系のゲームが舞台な作品をまとめて紹介!!

ゲームの世界が舞台のラノベ、名作が多いです!!

システムを把握しながら上手に利用するなど、ゲーム好きなら夢中になって楽しめる作品まとめました!

コメント

  1. ももんが より:

    上下に分かれたので
    完結までは残り少なくとも2巻あるはず

    • blackgamer より:

      ももんがさん
      コメントありがとうございます

      残りが何巻ではなく、物語として何編あるのか、みたいなカウント方式なのですかね?
      情報ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました