ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


オーバーロード 7巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2014/8/30

スポンサーリンク

-違う巻の感想が読みたい方-

前の巻:オーバーロード 6巻 感想

次の巻:オーバーロード 8巻 感想

まとめ:オーバーロード ネタバレ感想記事まとめ

 

オーバーロード 7巻 大墳墓の侵入者 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2014/8/30

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

www.black-gamer.com

5巻~6巻で描かれたのは国でしたが、今回の舞台は国です!

はい、違いの分かる男として楽しんでいきたいですね

 

だんだんと登場人物と世界が広がっていくので、頑張ってついていこうと思います

ナザリックだけでも超いっぱいなのに毎回新キャラが出てきて過去まで語られるからね、うれしい悲鳴ですよ

 

と、いうわけで、オーバーロード第7巻 大墳墓の侵入者のネタバレ感想になります

うん、タイトルからして死亡フラグにしか見えないわ 

オーバーロード 7巻 大墳墓の侵入者 あらすじ

期待と欲望に目を輝かせた"ワーカー"の集団が未知なる遺跡

――地下墳墓へ踏み込もうとしていた。

 

闖入者は、少数精鋭の“フォーサイト"、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー"

伝説の老公“グリーンリーフ"、不敗剣士によるワンマンな“天武"

生贄を絡めとるがごとく、次々と姿を現す大墳墓の住人たち。

悪夢のようなナザリックから生還することはできるのか?

スポンサーリンク
 

オーバーロード 7巻 大墳墓の侵入者 感想・ネタバレあり

防災訓練しながらナザリック強化計画、始めるよー

タイトル見たときに、不意打ちで侵入者が来て大騒動とかなのかなー

なーんて甘いことを思ってました

いや、だって、ナザリックまでの道中をアインズ様が護衛してご招待だなんて思わないじゃない

 

なんだよ、この超怖いお宅訪問は…

そりゃあ、死ぬだろ…間違いなく全員死亡しちゃうだろ…

ワーカーの人、逃げて、超にげてーと思いながら見ていました

 

今回は、ナザリックの防衛演習的な話だそうで、アルベドさんを筆頭に皆さん殺る気満々

あー、つまりはこれ、あれですね、防災訓練だ

でも、避難訓練じゃないんですね

あの程度のレベル相手にナザリックから避難なんて、誰一人必要ないからね

 

実地訓練…と呼ぶには弱すぎる相手でしたが、みなさん楽しそうで何より

そして、「アインズ様への不敬は万死に値する」の共通認識っぷりが見ていて楽しかったです

 

それにしても墓地でメイドって……センスを疑うな

プレアデスである自分自身も、服を用意してくれた主人も、丸ごと馬鹿にしてくれるこのセリフ…

煽りセンスとしては、非常に高いですねえ

そして、雑魚の言葉だとか思わずに、みんなして一触即発モードになってたのが好き

 

やっぱり、主人の顔に泥を塗るような真似は、誰であろうと絶対に許さない

それこそが、部下としての素敵な態度ですよね

ああいうシチュエーションが大好きなんですよ

 

ハム助、リザードマンたちも登場、ナザリックで僕と握手

オーバーロード 2巻でアインズ様にゲットされた森の賢王ことハムスケ

オーバーロード 4巻でアインズ様の傘下に下った蜥蜴人

登場して仲間になったきり、なかなか出番がないなーと思ったら、ちゃんと出てきましたよ!

やっぱり、愛着あるキャラクターが登場してくるのは嬉しいですね

 

そして、ハムスケがちゃんと進化してました!

単なる身体能力の強化とかじゃなく、ザリュースに教わって、武技が使えるようになっているのが嬉しいですね

配下の者同士で、こういう技やノウハウがやりとりされるのって大好きなんですよね

 

きちんとアインズ様によるナザリック強化計画が実を結びつつある

この前も、フロスト・ペイン・改が装備品として使われていましたしね

 

そういうふうに、虎視眈々と磨き上げられた牙が、いったい誰に向かって突き立てられるのか

今から非常に楽しみです

そして、そういうときには、ハムスケやザリュースたちも『活躍』というか、『役割』が与えられていてほしいですね

みんなみんなナザリック的な展開、これからも楽しみです

 

恐怖公という名のゴキブリさんでグロ注意、今回はいつにも増してえぐかった

そんなにグロ耐性ないんだけどなぁ…と思いながらもついつい手が止まらない

それがオーバーロードのすごいところだと思うんですよ…

 

実際、グロい、えぐい、その手のシーンは想像できすぎて辛いんですよね

なのに、そう思いながらも手が止まらないのだから、俺はよっぽどオーバーロードが好きなんだなぁ…と実感します

まあ、むしろ、そのゾワゾワとする絶望を感じられるあたりがこの作品のすごいところなんだと思います

 

で、今回は、侵入者全員に不幸な末路がご用意されている流れですが…

その中でも、恐怖公のシーンはやばかった

あれは、もうね、想像力が掻き立てられすぎて、きつい

うん、なんかね、鳥肌が止まらなくなるような恐さがあるんですよね

 

だって、自分が身動きできなくなるほどに敷き詰められて、身体の一部が埋まるほどのゴキブリですよ

いやいやいや、無理、マジ無理、想像しただけで無理

しかも、そこを端から食い散らかされるわけですからね…

数の暴力によって、自分が食い荒らされているのを実感しながら死ぬ

考えた中でも、死ぬ方法としてはかなり辛いことだと思います

 

口の中にとか、舌にとかね、まあ、本当に身体の隅々を少しずつ少しずつ食われる

それをやっているのが、もともと共食いするほどにお腹を空かせた虫だというのだから、恐怖しかありませんよ、本当に…

 

ニューロニストさんの拷問もけっこう来ましたがね

尿路結石を再現してみよう…というだけで、どこがどうなるか分かるのが恐い

これも、尿路結石を知ってるものにとっては玉ヒュン的な展開ですよね

いやあ、本当に、欲深いってのは身を滅ぼしますね

見ていて本当に恐ろしかったです

 

今回もアインズ様がすごくて嬉しい…そしてアルベドさんの不穏な動きが気になる

今回もアインズ様の出番が多くて非常に嬉しい

とくに、個人的に大好きだったシーンが、魔力が見える二人によるリアクション対決

 

だってさ、相手の力量を量れるって本当にすごいですよ

そして、それがそのままアインズ様の途方もない力の証明になるわけですからね

 

魔術師(マジックキャスター)として道を究めてきたアインズ様

本来の剣ではなく、魔導の力を評価される日が来たんだから、それはテンションあがりますね

剣士としてはまだまだだとご自身で認めてます

でもね、魔法としては本当に超越者のポジションですからね

 

そんなアインズ様を見たときの二人の対照的なリアクションが大好きでした

まあ、平伏してアインズ様の力になりたいと思うのはナザリック的には自然なのでしょうね

実際、アルベドさんたち配下のものにとっても

「アインズ様尊い」

「わかる」

で、片付く問題でしょうから

また、心酔者が増えた…アインズ様ってやっぱりカリスマあるよなぁ…

 

そして、もう一人の子は、うん、吐いちゃいましたね

まさか、顔を見て嘔吐されるとは、アインズ様もそのリアクションにびっくりしてました

でもね、本当に自分にとって得体の知れないもの

もっといえば、理解ができないほどに強大なものに触れてしまったときの本能

それは、反射として内臓をに負荷を与えてしまうんだろうなぁ…と思うと、あのリアクションにも深みがありますよね

あれぞまさに、絶望(した人)の具現化

おつかれさまでした

 

そして、今回のもう一箇所、アインズ様の逆鱗に触れたヘッケランさんが恐すぎた

これが地雷を踏んだ時のアインズ様の反応と対応か…

アンデッド特有の沈静化が間に合わないほどのお怒りですよ

 

あのアインズ様が、精神を沈静化させる暇もないほどに激昂されるわけですから

そして、そうなった場合に、ナザリック配下全員が『殺す』モードになるわけですから

いやあ、本当に世界を敵に回した絶望感をあじわえますよね

 

そして、それほどに、至高の41人の存在は大きい

それが、今後、どうなっていくのかは非常に気になりますが…

自分の表情を決して見せることなく、パンドラズ・アクターの協力を取り付けたアルベドさんが、今後何をしてくれるのか

 

アインズ様を愛するあまりに動くアルベドさん

今後の活躍を楽しませていただこうと思います

 

スポンサーリンク
 

オーバーロードの別の巻の感想

オーバーロード 8巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2014/12/26

オーバーロード 7巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2014/8/30

オーバーロード 6巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2014/01/31

オーバーロード 5巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2013/12/28

オーバーロード 4巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2013/7/31

オーバーロード 3巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2013/3/30

オーバーロード 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2012/11/30

オーバーロード 1巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2012/7/30

【ラノベ】2018年にアニメ化するライトノベル一覧【春夏秋冬】