ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


ダンまち13巻(最新刊) 発売日 2018/2/15&【コラム】ベルがハーレムを作るなら…

スポンサーリンク

別の巻の感想が読みたい方-

www.black-gamer.com

当ブログ内のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの記事まとめ!

別の巻の感想はこちらからお願いします!

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13巻 発売日2018/2/15&ベルがハーレムを作るなら入るメンバーを振り返りながら数えてみた

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

【当記事の更新履歴】

2017/10/09 発売日を2017/11/15から2018/02/15に変更しました 

2017/09/22 発売日を2017/10/15から2017/11/15に変更しました

2017/09/12 エイナさんがメインのSS 『眠れない夜』を公開しました

www.black-gamer.com

 

2017/8/1 『ベルが作るハーレムに入るメンバーを数えてみた』を追記しました 

 

 

12巻の興奮がまだ俺の中では全然冷めやらぬ感じですが、13巻の発売日がもう決まっているようなので、みんなと共有です!

ドラマCD付の特装版は、発売日がずいぶん早くに分かるのがいいですよね

早速カレンダーにチェックをつけましたよ、ええ

 

2017/10/09 追記

発売日は来年(2018年)の2月に変更になったようです

俺みたいにカレンダーにチェックを入れた人は、変更をお忘れなく!

 

 

スポンサーリンク
 

 

雑談:ダンジョンに出会いを求めた結果、ベルのハーレムに入るであろうメンバーを数えてみる

あらすじもまだ公開されていないので、ちょっと雑談&振り返りを!

 

Q.『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

A.『いいえ、間違っていません』

 

そんなQAができるぐらいに、この物語は出会いだらけでした

積もり積もって、13巻分、外伝9巻+1巻を含めたら23巻分の物語

そりゃあ、たくさんの出会いがあるし、仲良くなるわけですよね

 

ベルの敬愛するおじいさんが推奨していた『女の子』との出会いに限って数えても、相当な数がいます

男も、まあ、なんだ、ラノベにしては多い方だと思うしね

 

で、その中でも相当な数がベルに惚れているというのだからもうすんごい

なので、ここでベルが出会った女性の数をもう一度振り返ってみようと思います

 

題して、ベルのハーレムに入るのは何人いるのか?

はい、カウント行ってみましょう

 

01.ヘスティア

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

「わたしは紐(ひも)になりたい」という名言で世間を騒がせた紐神様

pixivやニコニコ動画でもタグとして成立するぐらいの知名度を誇り人気も十分

なによりベルへの愛情たっぷりで、その愛情表現のストレートさもいいですよね

 

個人的には、リリに釘をさしていたときのようなちょっと黒い一面が好きです

他の勢力が台頭してきて大変ですが、しっかりと正妻の座を守りぬいてほしいものです

(正妻の座をマモレナカッタ…と嘆くヘスティア様も見てみたい気もしますけどね)

 

02.エイナ・チュール

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)

これの右下ね、ってか、考えてみたらエイナさんだけ表紙の回ってまだないのか…

いや、むしろこれからか、これからだな、きっと

 

ギルドの受付嬢、人気No.1の才媛なハーフエルフのお姉さん!

当初からベルの冒険を親身になって支えてたお姉さんが、だんだんと心ひかれていく

最近は完璧に頼れるお姉さんから恋する乙女へクラスチェンジをされたようで、いい感じな愛が見えて素敵です

 

ここから先、本気の恋…もしくは愛になると思いますが、そのうち、もう、ベルしか見えない状態になるんだろうなぁ…

オネショタからの恋愛模様、としていくのか、それとも、としていくのか

その本領を発揮してくれるのが、今から楽しみです

 

エイナさんが好きすぎてSSも書き下ろしました、あわせてお楽しみください

www.black-gamer.com

 

03.リリルカ・アーデ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)

自分の恋心(心)の扱いになれていて、どちらかといえば一歩引いている感がありますね

自分なんかがヒロインとして扱われていいはずがない

そんな、負い目というか、遠慮が見えるところがまたいじらしい

神様と並んでベルの両腕にしがみついてキャットファイトしていた頃の魂を呼び起こしてほしいものです

 

まあでも、冗談混じりならベルへと迫れるし嫉妬もできるけど、本気の事態になったら動きが止まってしまいそう

でも、そんなときにベルに手を差し伸べられたら、一生ついていくと思うんだよなぁ…

8巻では年上に弱いというベルに迫っていたところもありますので、そのあたりが今後にも影響してくれるといいですね

 

04.サンジョウノ・春姫

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

ヘスティア・ファミリアの中でも随一のいやし系キャラ

ほんとね、存在自体が回復魔法レベルだと思うんですよね、この子は

(むしろ、魔法力を活かして回復役になるのかなーと思ってました)

 

ドラクエの「まじんぎり」をほうふつとさせるほどの大振りなアタックのおかげで、ミスorかいしんのいちげきが多いイメージですね

当たれば即堕ちなベルが見れそうなので、そのあたりも楽しみです

アイシャとタッグで今後も頑張って欲しいですね

 

スポンサーリンク
 

05.シル・フローヴァ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)

右上です、今のところエイナさんとともに集合写真onlyですね

さて、そのうち表紙を飾れる日は来るんでしょうか…

 

豊饒の女主人で看板娘を努める女の子

最初からベルへと好意を寄せている感じになっていますが、どうにもイベントが少ないですね

でも、開始当初のあの雰囲気、個人的には大好きです

 

13巻では登場が確定だと思うので、少しは進展があるといいなぁ…

リューさんの外伝でも、底知れなさをアピールしていたし、段々と素性も明らかになってきたシルさん

恋心なのか、完全に悪意のある腹黒キャラとかになるのか、そのあたりもちょっと楽しみです

 

06.アイズ・ヴァレンシュタイン

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 (GA文庫)

ヴァレン某さんと呼ばれることもあるけれど、わりと愛されキャラなアイズたん

個人的には、ベルを個人指導して膝枕していたあたりが絶頂ですね

 

そのあたりから、だんだんと表情や態度が柔和してきているのがいいですよね

個人的には、11巻で次々に声をかけられるベルに嫉妬するアイズたんが好きです

恋心というほどの自覚はない

でも、他の女の子たちが近くにいるとモヤモヤする、そんな距離感が素敵です

 

外伝があるおかげで、他のヒロインたちに比べると出番やキャラ特性の深堀されていますが、ベルとの関係という意味では今少し足りない感じですかね

闇の深さは救われたときの喜びとベタ惚れに深く関わると思うので、ぜひとも、ベルがアイズの英雄となってほしいですね

レベル差は残り2…途方もなかった距離は、着実に詰まっていると思います

 

07.リュー・リオン

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫)

キャー、リューサーンでおなじみ? な、リューさん

人気のあまり、ラノベでもマンガでも外伝が出てしまっているあたりはさすがですね

アニメでも素敵だったしね、声といい態度といい最高でしたよ、ええ

 

自分の中にある闇を正しく理解していて、それでもなお高潔であろうとする姿がいい

そして、自分と同じ過ちを犯してほしくないとベルを気に掛ける姿がいいですね

徐々に、世話の焼ける後輩から立場が変わってきているので、だんだんと芽生える恋心もいいですね

シルに遠慮するところは変わらないだろうから、ここもタッグでベルを相手にするのかな?

 

13巻では主役級に出てくると思うけど、どこのファミリアに所属するつもりか問題も楽しみに待ちたいと思います

 

08.アイシャ・ベルカ

戦闘娼婦(バーベラ)のお姉さま

ベルのことも気に入ってますが、なんたって春姫ラブですからね

春姫をゴリ押しでハーレムに入れたあとにちゃっかりついてきて実技指導などしてそうなイメージあります

 

そして、どんなに大胆に迫っても春姫に遠慮しそうな未来が見えます

姉さんって感じがして個人的には大好き

これからも頼れる姉貴分としてたまにベルを誘惑してほしいもんです

 

09.ウィーネ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

竜女(ヴィーヴル)の女の子ですが、ベル大好きっ子

『いいじゃない、怪物趣味だって。だって、可愛いんだもの』

そう思わせるほどの愛らしさが個人的にはありました

 

登場タイミングが他よりかなり限定されそうですが、その愛の深さはかなりのものだと思いますので、最終的にはハーレムメンバーになってくれるのではないかと期待してます

12巻で登場した人魚のマリィとタッグを組んでくれそうかな? そうしたらより破壊力あがりそうで楽しみです

 

【予備軍】カサンドラ・イリオン、ダフネ・ラウロス

元アポロン・ファミリアの二人組

ヘスティア・ファミリアに入団していればワンチャンあったかもしれませんが、借金の額に恐れをなしてミアハ・ファミリアへ

本当に、あれが色んな意味で運命の分かれ道だと思います

 

主力チームに入らなかったのが、吉なのか、凶なのか

サポート要員という意味では、サブキャラで終わる可能性も高いですが、今後もちょいちょい登場してほしいですね

 

もうすぐ二桁のハーレム建設? さすがですね

もうちょっと頑張れば、アマゾネスのティオナとかもアイズと抱き合わせで入ってくれそうですね

後は…そうだな、アイズさん一人で行かせるなんて…とか言いだせば、レフィーヤもワンチャンありそう

まだまだ裾野は広がる可能性がたぶんにありますので、ベル君の今後の活躍も楽しみに待ちたいと思います

 

それはそうと…13巻の発売が楽しみでしょうがない

ヒロインも可愛い子ばっかり

でもね、それだけじゃありません

それほどに夢中にさせてくれるほど熱い、熱量を持った冒険のファンタジー

今後もたっぷり楽しませてもらいたいと思います

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13巻 お買い上げはこちら

別の巻の感想もあわせてお読みください

ダンまち SS

www.black-gamer.com

ダンまち 本編

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 12巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち 外伝

ダンまち外伝ソード・オラトリア9巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち外伝ソード・オラトリア8巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち外伝ソード・オラトリア7巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち ファミリアクロニクル 01巻 episodeリュー あらすじ・感想・ネタバレあり

その他

www.black-gamer.com