ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


ダンまち13巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2018/2/14

スポンサーリンク

-違う巻の感想へ-

前の巻:ダンまち12巻

特装版:ダンまち13巻ドラマCD特装版

次の巻:発売日未定

ダンまち・まとめ:ダンまち ネタバレ感想記事まとめ

外伝・まとめ:ダンまち外伝ソードオラトリア感想記事まとめ

 

-2018/02/15追記-

www.black-gamer.com

13巻特装版のドラマCDを聞いた感想はこちらで!

 

ダンまち13巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2018/2/14

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

【当記事の更新履歴】

2018/02/14:ネタバレありの感想を記載しました

2018/01/24:表紙が公開されました! キャーリューサーン!

2018/01/06:購入リンクに通常版を追加しました

2017/10/09:発売日を2017/11/15から2018/02/15に変更しました

2017/09/22:発売日を2017/10/15から2017/11/15に変更しました

2017/09/12:エイナさんがメインのSS 『眠れない夜』を公開しました

www.black-gamer.com

 

ダンまち13巻 通常版:691円

ダンまち13巻 ドラマCD特装版:2,592円

12巻の興奮がまだ俺の中では全然冷めやらぬ感じですが、13巻の発売日がもう決まっているようなので、みんなと共有です!

ドラマCD付の特装版は、発売日がずいぶん早くに分かるのがいいですよね

早速カレンダーにチェックをつけましたよ、ええ

 

2017/10/09 追記

発売日は来年(2018年)の2月に変更になったようです

俺みたいにカレンダーにチェックを入れた人は、変更をお忘れなく!

 

スポンサーリンク
 

ダンまち13巻 あらすじ紹介&購入前雑談

「【破滅の導き手】……【約束されし妖精】……エルフ? 【疾風】のこと?」

 

18階層の宿場街にもたらされる殺人の凶報。

犯人は黒表の賞金首――【疾風】。

 

耳を疑うベル達がリューの容疑を晴らすべく、彼女の行方を追い始める中、カサンドラは『最悪』の予知夢を見る。

 

告げられし十七節の予言。

予言の成就は大切な者達の『死』。

絶望に打ちひしがれる悲劇の予言者は、破滅に抗う孤独の戦いを始める。

 

そして真相を追う少年が、黒き復讐の炎に焼かれる妖精と邂逅を果たす時、かつてない

【厄災】が産声を上げる!

 

これは少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語<ファミリア・ミィス>】──

前回のラストで名前が出ていたので登場確定だなーと思ってましたが…

まさか、表紙までリューさんとは思ってませんでした

 

あらすじにもこうして名前が書かれているところから、かなり重要なポジションになるようですね

どんな展開になるか、今から気になります

 

にしても…表紙の幻想的な雰囲気がすごいですね

瞳のあたりに光があるせいからかもしれませんが、個人的には、泣いているようにも見えました

白い花も含めて、本編にかなり関わりがありそうですし、最後に表紙を見ると色々と思うところがあるような展開なのかな…とあれこれ想像してます

 

予言の成就は大切な者達の『死』。

 

特に気になったのは、この一言

絶望に抗うために全員が力を合わせるのか

それでも力及ばずに、誰かの命が尽きてしまうのか…

どうにか全員無事に乗り切ってほしいものですね

 

ダンまち13巻 感想・ネタバレあり

カサンドラ(悲観者:ミラビリス)のヒロイン昇格! おめでとう!

今回一番の苦労人であり功労者は、間違いなくこの子!

いやあ、もう、見ているだけで可哀想で可哀想で…

本当に、おつかれさまですよ

 

自分だけが見えている予知夢を伝えられない、そのもどかしさよ…

そして、止められたかもしれない惨劇を目にして、罪悪感が胸を焦がす

本当に可哀想ですよね

 

今までは、絶望するだけで運命に抗うことができなかった少女

全てを救うことは無理だと、ダフネと自分の安全だけを確保してきた少女

それが、仲間のために奮闘する姿は、本当に良かった

 

今回の決め手にもなった、攻守ともに要(かなめ)となるゴライアスのマフラー

それを、ヴェルフの意地を超えて、きちんと作らせて渡せたからこそ、今回は生き延びることができたわけですから…

本当に、運命に抗った意味があったことを、きちんと彼女には知ってほしいですね

 

今回はベルとの再会にまで至りませんでしたが…

予知夢を見ながらも無力感に苛(さいな)まれていたカサンドラに、感謝を告げてほしいものですね

そうして、無力ではないことを実感し、救われてほしいと思います

 

理解者からの感謝の言葉とかね、本当に泣きたくなるぐらいに嬉しいと思うんですよ

だから、これからも心を寄せたくなる相手に寄り添って欲しいです 

 

まあ、そんな話(?)を書きましたが…

 

なにより、薄幸の美少女っていいよね

幸薄いうえに弱り切っていて艶めかしいとか、ほんと困るよね

宿屋のオジサンはよく耐えたよ、うん

37ページとか、じっくり見ちゃったからね

 

注目されるシーンだと悲壮な顔をしていることが多くなりそうですが…

今度は、辛い顔ではなくて、ほのぼのと幸せな顔も見せてほしいものです

  

エイナさんの教えがベルの血肉となっている感が好き

前回の冒険である下層から、地上には戻らずに再度下層へ

そんな流れになっていたおかげで、今回は一切出番がなかったエイナさん

 

でも、ちらほらと、彼女の存在を感じられる演出が見られて良かったです

 

大蛇の井戸(ワーム・ウェール)、ラムトンと呼ばれたモンスター

今回のベルたちの探索範囲ではない、深層のモンスターですか

 

それでも、ベルのために少しでも情報を与えようとエイナさんが教えた

それが、ベルの記憶の隅には、きちんと刻まれていた

 

ただ、それだけでも、全然違うんですよね

未知の危機を、既知の危機に変えてしまえる力

それって、本当にすごいことだと思います

 

それこそが知識という力です

エイナさんが、時間をかけて、たっぷりとベルに手渡してきた力です

 

知っているからこそ、対処や対策ができる

先人の知恵を使うことで、危険を少しでも減らすことができる

アイズが行った剣の修行と同様に、エイナさんの修行もきちんと身についてましたね

 

最後の階層が深層だと分かったことも、エイナさんの教えがあったからこそ気づけたことだと思います

 

『どうすれば、ベル君の役に立てるだろう?』

 

そのことを意識して、いつも頭を悩ませていたエイナさんの努力が報われた気がして、本当に嬉しいです

 

深層から生還する(生き延びる)ために必要な知識が、ベルの中にどれだけ詰め込まれているのか…

そのあたりの表現は次巻も楽しめそうなので、今から楽しみです

 

そして、冒険から帰った後にベルの報告を聞いて、深層の情報を調べまくるエイナさんが目に浮かぶようです

 

『この階層に向かうから、ここまで教えればいい。

そんな線引きせずに、全部教えておけば良かった…』

 

そんな後悔を抱いて、不眠不休で調べるだろうなぁ…と思うとそれだけで可愛いですね

どんなことも原動力にしてくれそうなので、恋する乙女の働きに今後も期待です

それに、また成長したベルと再会する日が楽しみですね

 

スポンサーリンク
 

リューさん(リュー・リオン)の悲しい過去と素顔

表紙にて登場しているとおり、今回はたっぷりとリューさんの回でした

…が、そこで描かれているのは、悲しい過去の物語でした

 

どれだけ平然とした顔で過ごしていたとしても、絶望した過去は消せない

いくら乗り越えたとしても、心の傷はまた開いてしまう

そんなところが見えたのが、今回の巻だったのではないかなと思います

 

特に冷静なリューさんが取り乱したり、絶望したりする姿は印象的でした

普段がクールで冷静沈着なだけに、動揺するほどの事態がどれだけ危険なことなのか、それがたっぷり伝わってくるんですよね

 

後は、今までにも何回かありましたが…

『クラネルさん』

と普段呼びかけているリューさんが

『ベル』

と呼び方が変わる瞬間が好きです

 

そんなことに気を回している余裕がなくなった感とか

そのときに覗かせている本心の一端だったりとか…

そういう、リューさんの心の内を想像すると、たまらなくなります

 

恋愛面では、シルに遠慮する形となるのかもしれませんが…

(個人的には、リューさん自身+シル以外=恋敵な展開になるんじゃないかと思ってますが…)

リューさんも幸せになって欲しいですね

 

次巻では、ベルと二人っきりから始まると思いますが…

そこでリューさんがベルと話したいのは、どんな内容なのか? 今から気になりますね

きっと、絶対に誰にも聞かれない、二人っきりの環境だからこそ、できる会話もあると思うので

そんな本心から零れ落ちる会話を楽しみにしてます

 

次巻も気になる…今後の展開や紐髪(ヘスティア)様に依頼した援軍の伏線など

まさかの主人公が別行動パターンですよ

にしても、ラムトン(凶兆)は、でっかいだけの敵だと思ったら、まさか階層移動系とはねえ…

 

そして、たどり着いた先は、まさかの深層!

戦闘中もたっぷりあった絶望感が振り切れてますね

中層でも深く落ちすぎたときに、どうすんだこれ…と思うような絶望がありました

でも、今回はそれよりも更に難易度が高そうですね

 

果たして、二人に待ち受ける運命は…

階層の奥深くにいる存在との邂逅とか、いろいろ予想ができますが、そのあたりは作者さんの答えを楽しみに待ちたいと思います

 

そして、次巻に向けて、もう一つ気になるポイント

それが、ヘスティアに書状で出した援軍の話

リューさんはベルと一緒に深層送りなので、『リューが捕まったときのために』という目的とは変わりますが…

きっと、それが27階層の階層主と対峙する残り組の援軍になるんでしょうね

 

『ロキ・ファミリア』→人造迷宮(クノッソス)

『ヘルメス・ファミリア』→人工迷宮(クノッソス)

ということで、上の二勢力は外れる感じでしょうが…

戦力として期待できるのは、ヘファイストス・ファミリアなのかな

 

ヴェルフの工房に入り浸ってるのが、椿なのかどうかも気になるところですね

そして、工房で何か作っているのであれば、新しい武器か防具が来るのかな?

と、張り巡らされた伏線だけでも楽しみすぎますね

 

なんにせよ、アイシャ以外は低レベルなところでどう対処していくのか?

レベルの開きがあっても、みんな奮闘してくれるところも大好きです

 

あーもー続きが楽しみすぎる…ということで、次巻も待ち遠しく待ちたいと思います

 

ドラマCD付属の特装版をお買い上げの方は、ドラマCDの感想もあわせてどうぞ!

www.black-gamer.com

 

別の巻の感想もあわせてお読みください

ダンまち SS・コラムなど

ダンまち アイズ、シル、リューなどヒロイン達の可愛さ振り返り

ダンまち SS エイナさん 『眠れない夜』

ダンまち 本編

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 12巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 11巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち 外伝

-最新刊の発売日決定!-

ダンまち外伝ソード・オラトリア10巻 ドラマCD特装版 発売日2018/5/15

ダンまち外伝ソード・オラトリア10巻(最新刊)発売日2018/5/15

新刊情報を追記しました! お見逃しなく!

ダンまち外伝ソード・オラトリア9巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち外伝ソード・オラトリア8巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち外伝ソード・オラトリア7巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ダンまち ファミリアクロニクル 01巻 episodeリュー あらすじ・感想・ネタバレあり

その他

www.black-gamer.com

 

www.black-gamer.com