ラノベ見聞録

同人ゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当BLACKGAMERのラノベ感想ブログ。ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


魔法科高校の劣等生2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2011/08/10

【PR】

魔法科高校の劣等生 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2011/08/10

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

お兄様の魅力に取りつかれて、早速の二巻となります

前後編ということもあってね、やっぱり続きが気になります

そうすると、どうしてもサクサク次へと手が伸びてしまうのですよね

 

それと、もう一つ

やっぱりね、お兄様の活躍を見るのが俺は肌にあっているようです

次は何を見せてくれるのだろう…という純粋な楽しみがありますよね

 

そして、この表紙ですよ、この顔ですよ

この嬉しそうな深雪さんは間違いなくお兄様に心奪われてますよ、

顔はお兄様を見てるけど、これ、絶対に肩にまわされた手の感触に

集中力の半分以上が注がれてますよね

というわけで、戦闘中だろうに幸せそうな妹の顔でした

魔法科高校の劣等生 2巻 あらすじ

どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、

彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。

一組の血の繋がった兄妹が、魔法科高校へ入学した。

 

成績優秀、才色兼備な妹・深雪が、主席入学生の慣例として

魔法科高校の生徒会にスカウトされた。

そして兄・達也も、とあるトラブルを払いのけた事件をきっかけに、

違反行為を取り締まる風紀委員にスカウトされる。

 

劣等生(ウィード)にもかかわらず、風紀委員メンバーとなった達也。

その活動中に、この学校を人知れず侵食する、謎の組織の存在を感じ取る。

 

スポンサーリンク
 

 

魔法科高校の劣等生 2巻 感想・ネタバレあり

あらすじでも「さすおに」! 敏感に組織の存在を感じ取ってます

ライトノベルで愛されている率が高いと勝手に思っている単語!

それは、「組織」とか「奴ら」という不透明な敵方を示す言葉です

 

  • 「馬鹿な、奴らが動くなんてありえない。早すぎる」
  • 「学校内に突然テロリストが乗り込んできて」

 

ラノベを読んで意味もなく想像した人は、一人や二人じゃないはず

いや、燃えますよね、敵方の組織の存在とかあこがれます

それがね、大きいとか小さいとか、そういうのはいいんですよ

得体の知れない敵がいるっていうだけでも、もう十分なんです

 

今回の敵さんは「反魔法国際政治団体ブランシュ」

国際&政治ということで規模の大きさや年齢層の高さをアピール

(学生で作られた団体だと、政治に対しての影響力は低いでしょうから)

おかげで、立派なお兄様の礎(いしずえ)となりました

 

一般常識のように敵を把握し、情報収集もぬかりなく、

学校に攻めて来ても容易に迎撃して、基地を探し出して潰してくれる!

組織=しぶといの構図を壊してくれるなんて、さすがはお兄様です!

 

「猿芝居はいい加減に止せ」

「二人称は君じゃなかったのか?」

こういう皮肉をさらっと言ってくれるのって、本当に最高ですよね

圧倒的な強者の風格というか、魅せプレイというか

殴っての武力行使というのももちろんですが、戦闘の花は言葉攻めだと思ってます

なので、お兄様の本領発揮とも言える、あのどSな流れが個人的に大好きです

 

男子力でも「さすおに」! みんなお兄様にひかれます!

  • 壬生先輩を手玉にとる
  • 美月からも好意的な評価を受ける
  • 摩利と真由美からも後輩として可愛がられて愛されてる

 

すごいですよね、こうしてお兄様の功績を列挙できるのですから

人づきあいは苦手な印象を持たせておく

そうしながらも、社交辞令なコミュニケーションはお手の物

そのあたりも、いい魅力の持たせ方だと思います

 

なんだかんだいって、少し辛辣な言葉選びと頭のいいクールなキャラとしては、とても良いキャラ立ちだと思います

 

これが、何にも考えていないキャラだったり、本当にフォロー(擁護)できないクラスのしゃべれない人だと、見ていてしんどいものがありますから

そういう意味で、お兄様は安心して動いているのを見ていられるというか…

その動き自体が楽しみと言えるのが、またいいんですよね

 

一巻と加味して考えても、最初から最後までお兄様あげ! なお話です

それは間違いありませんし、こういうのが苦手な人もたくさんいるでしょう

でもね、俺は逆にこれでひきこまれて、この作品が好きになりました

 

  • もっとこうすればいいのに
  • こんな風にすれば良かったんじゃないかな

そういう立ち居振る舞いで気になる点がお兄様の取り巻く世界にはあまりない

むしろ、全てはお兄様の舞台となっている印象がすごく強いです

 

誰もが発展途上の物語の中で、学生ならがも完成形にいるお兄様!

これがどこまで続くのが見てみたいと思ったのが、購読の理由になります

そういう社交的なふるまいも含めて楽しめるのは、学園モノとしては新鮮でした

 

深雪さんも活躍、お兄様を傷つけるものに容赦はしません

「お前たちは、運が悪い」

「お兄様に手出しをしようなどとさえしなければ、少し痛い想いをするだけですんだものを」

「私はお兄様ほど慈悲深くはない。祈るがいい。せめて、命があることを」

お兄様は最強であり、誰にであろうと負けはしないと豪語する深雪さん

でも、お兄様が負けないからといって、お兄様へ悪意を向けていいとは言っていないんですね

 

その深い愛ゆえに、愛する人への敵意が『逆鱗(げきりん)』になる

この展開は個人的にすごい好きなので、このシーンは熱かったです

 

お兄様に攻撃するなんて、愚かなこと

その愚行がどれほどの悪行なのかを知らしめてやるための攻撃

 

こういう感情が乗りに乗っている展開って最高に熱いんですよね

ただただ襲ってきたから蹴散らしたのとは、一味も二味も違う

やっぱりね、戦うこと、無双することにも理由や爽快感があってほしい

ただただ雑兵が薙ぎ払われるだけじゃなくて、そこには理由とロマンがあってほしい

 

そういう意味で、お兄様にかみつこうとしたのは、ほどよい噛ませだったと思います

お兄様ほどじゃないにせよ、深雪さんの力も桁外れだという証明になりましたしね

 

見開き1ページのカラー挿絵も雰囲気があって素敵でした

二巻の表紙とクール&冷徹なギャップも素敵ですね、最高でした

 

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事・あわせてお読みください

-違う巻の感想が読みたい方-

前の巻:魔法科高校の劣等生 1巻 入学編〈上〉

次の巻:魔法科高校の劣等生 3巻 九校戦編〈上〉

まとめ:魔法科高校の劣等生感想まとめ

 

【妹が可愛いおすすめラノベ】

www.black-gamer.com

 

【ラノベの画集のおすすめ】

www.black-gamer.com

 

【他の作品の感想へ】

www.black-gamer.com