ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


はたらく魔王さま!19巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2018/9/7

スポンサーリンク

-違う巻の感想が読みたい方-

前の巻:はたらく魔王さま!18巻

次の巻:発売日未定

まとめ:はたらく魔王さま! ネタバレ感想まとめ

 

はたらく魔王さま!19巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2018/9/7

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

2018/09/13 感想を更新しました

2018/08/31 表紙情報を更新しました

www.black-gamer.com

はたらく魔王さま!18巻の発売日2018/1/10から、8カ月!

ついに、はたらく魔王さま!最新刊である19巻の発売日が決定しましたのでご紹介です

17~18巻までのペースが8カ月だったことからも、今後はこのペースなのかな

前回はちーちゃんがマグロナルドからの卒業話がメインでしたが、今回は果たして誰がメインになって表紙を飾るのか、気になりますね

 

2018/8/31追記

いやあ、こんなに火力のある表紙が来るとは思ってもみませんでしたよ…

ちーちゃん可愛い、鈴乃も可愛い、でもね、二人がいるだけで数倍に可愛いですよ

うん、これは素晴らしいですねえ

二人の恋人握りな指の絡まり具合もよければ、ちーちゃんの包み込むような笑顔もいい

 

そして、あの鈴乃が照れながらも、戸惑いながらも、このポーズを取っている

その事実が、何とも素晴らしいじゃありませんが

いやあ、本当に最高の表紙です、もうこれだけで満足してしまいそうなぐらいに素敵

 

毎回安定して表紙に2人~3人が描かれてるのもすごいですよね

そして、位置関係や力関係などが表れてるのがまた面白い

 

左上にいる魔王様が二人の可愛さにダメージ受けてるように見える…

まあ、それほどに大部分を占める鈴乃とちーちゃんが可愛いこの表紙

うん、この可愛さに攻められたら、ひとたまりもありませんね

 

 

 

はたらく魔王さま!19巻(最新刊)あらすじ紹介&購入前雑談

フリーター魔王さまの庶民派ファンタジー、真奥が男気を見せる!?第19巻

 

マグロナルドを辞めて受験に専念する千穂のもとに、鈴乃から一本の電話が。

なんでも、大法神教会の最高意思決定機関である、六人の大神官の一人に選ばれてしまったとのこと。

しかも聖征総司令官に任命され、魔王軍率いる芦屋と激突することになり、重圧と先々の事を考え意気消沈の様子。

日本に戻ってきた鈴乃を、千穂や恵美はうどん屋で慰めることに。


そんな中、異世界の危機に何も関与できない魔王は、このままでいいのかと自問自答していた。

新たに同居するリヴィクォッコとバイトに励んでいると、アシエスに謎の体調不良!?が発生してしまう。

対応に追われる中、鈴乃と千穂は魔王に対する想いを再認識し、まさかの恋愛模様に異変が発生!?

スポンサーリンク
 

前回の卒業が嘘のようにあらすじに名前が掲載されているちーちゃん

なんだ、もう登場しないんじゃないかと心配してたけど、まったく無用な心配でした

やっぱりもう、レギュラーメンバーとして外せない地位を確保してますね

 

そして、今回はあらすじからしてずいぶんと詰め込まれている感じですが…

これを見る限りだと、鈴乃とちーちゃんがメインのようですね

 

鈴乃と千穂は魔王に対する想いを再認識し、まさかの恋愛模様に異変が発生!?

 

この一文が、非常に気になりますね

今までにも鈴乃が魔王を意識するフラグはありました

そして、参戦するかどうかで迷い、やっぱり胸の内だけに秘めておこうという結論になった部分もあったと思います

 

それが、ここでついに参戦決定ですよ

ラスボス前にその決意がされたのなら、本当に良かった

 

至る所でクライマックス感があふれてるので、恋愛沙汰はもうないかなーと思ってたけど、そんなことはなかったぜ!!

ラストまでの期間は短いだけに追い上げと巻き返しはしんどそうですが、ハーレムルート要員としてぜひとも頑張っていただきたい

個人的には、ちーちゃんと同じくらいに好きなんですよね、鈴乃

 

今回は愚痴を吐くところといい、お疲れな(弱った)鈴乃も見られそうですし

ちびかまの可愛いところをじっくりと愛でて楽しもうと思います

今から発売が楽しみです!

 

はたらく魔王さま!19巻(最新刊)感想・ネタバレあり

ベルの覚醒! 魔王に告白し、心を決めて立ち回りに変化がつきました

185ページの優しげな表情は、まさに恋する乙女ですね

こんなにも幸せそうに愛を語る鈴乃を見られるとは…

 

登場初期との比較が、今回の巻でもちょいちょいと出ていましたが…

本当に、思えば長く濃密な時間が過ぎ去ってきたのだなと実感します

あの魔王に鈴乃が告白する日がくるとはねえ…

個人的には、赤飯でも用意したいところです

 

魔王の頭を真っ白にするぐらいの威力があったということは、まだ可能性は残されているはず…

果たして、ハーレムルートになるのか、どうなのか…

そして、エミリアは本妻となれるのか、いや、でも、本妻はちーちゃんかな

 

何にしても、吹っ切れた感があるのはいいですね

迷いから突き抜けた姿が大好きです

 

鈴乃の言動を見るに、第二夫人や第三夫人でもいいとか思ってそうですからね

今後、どういう積極的な行動に出るのかが楽しみ

そして、アルシエルとルシフェルはどういう反応をするんだろう…

 

にしても…魔王への告白とその反応、という一番美味しいところを省略されたのはもったいない

あー、見たかったなぁ…でも、描かれてないから妄想も広がるんですよね

魔王しか見られなかった、鈴乃からの愛の告白

うーん、想像するだけでいいですね、二人の秘密として後々もネタにしてほしいです

 

まあ、魔王は頭真っ白でほとんど覚えてなさそうですが…

ちーちゃんと鈴乃でどっちのほうが威力が高かったんだろうというのも気になりますね

 

今回は傘のエピソードでちょいとだけ参戦したエミリアも交えて

ぜひ、三人でかしましく正妻戦争を繰り広げてほしいものです

 

マグロナルドのクルーが活躍! 職人の魂を感じた回でした 

どんな事態に巻き込まれても、何が起きてるのか分からなくても、身体に染みついた仕事は裏切らない

真剣に仕事をしていた人にとっては、もうそれは、本能に近いんですよね

 

  • 職場に足を踏み入れれば
  • 服を着替えれば
  • 入店音が聞こえれば
  • レジで注文を受け付ければ

 

何かのスイッチが入れば、そのときから、その人は仕事人になる

そんな瞬間をこれでもかと見せつけてくれたのが、今回の巻だと思います

 

今回、ちーちゃんの「わがまま」によってエンテ・イスラのことを知ることになったマグロナルドの面々

元店長の木崎さんはまだ予想の範囲内でしたが…

カワっちことこと川田 武文、アキちゃんこと大木 明子、岩城新店長までとは思ってませんでした

 

ベテランクルーで、ちょいちょい名前は出てきてましたがね

まさか、秘密を共有するポジションまで来てくれるとは思わなかった

 

そうして選ばれた4人は、何よりも慣れ親しんだ職場の働くクルーとして振る舞うところから、異世界に触れ合うことになりました

 

この、現実とファンタジーが触れ合うシーンっていうのは大好きなんです

あの境界線がじわじわと浸食されてまざりあう感じ…まさに異世界モノって感じですよね

 

そして、その特別な場所がマグロナルドという魔王の職場なのがまたいいですよね

まさに「はたらく魔王さま」のおひざ元というわけですよ

 

そして、割り振られたのは、今までに繰り返してきた業務

何も分からなくても、事情を聴きたくても、まずは、お客様を前にしたら仕事だ!

そういう職人魂みたいなものを感じられて楽しかったです

 

ちーちゃんがレジを打って、アキちゃんがオーダー通して、カワっちが戸惑いながらそれに続き…

そして、全てが木崎店長が指揮命令系統を束ねて、全員がそれに従って動く

この一連の流れは、鳥肌ものですね

 

上下関係と圧倒的な信頼から繋がる仕事ってのは、テンションあがります

もう、その働く姿を見ているだけで格好いいんですよね

 

個人的に、こういう淀みない流れみたいなものに職人芸を感じる瞬間が大好きなんですよ

今までに繰り返してきて、本能レベルまで刷り込まれている

だから、どんなに異常事態でも、非常事態でも、間違いなく対処できる

 

お客様を相手にCMのような綺麗なバーガーを作り、相手のことを思い遣って接客ができる

まさに「はたらく」魔王さまのはたらく部分がぎゅっと詰め込まれた一話だったと思います

 

ちーちゃんの決意は世界を揺るがす、エンテ・イスラを親に知らせるとは思わなかった

今回は表紙も飾っていたちーちゃんでしたが…

間違いなく、今回のメインヒロインはちーちゃんでした

もう、完全に物語の主軸ですよね、前回の退職で引退かと思えばとんでもない

全てが、今回までの布石だったのかな…

 

そう思うような見事な流れでした

 

個人的に好印象だったのは、どんなに荒唐無稽な話だとしても、信じてもらえないかもしれないと思っても、母親との会話を怠らなかったことですね

 

お母さんを相手に

『今は詳しく言えないけど信じて』

的な言葉を残して冒険に出ることもできたと思うんです

 

でも、ちーちゃんはそれをしなかった

自分の中でイヤになるぐらいに頭を悩ませて、考えに考え抜いて、きちんと向き合おうと決める

それって、本当に勇気のいることだと思うんです

 

『何を言ってるの?』と理解されないかもしれない

『そんなの危ないからダメ!』と否定されるかもしれない

『そんなことより大事なものがあるでしょう?』と諭(さと)されるかもしれない

 

自分が考えたことに対して否定的な言葉をもらうのって、本当にしんどいですからね

だから、つい、それなら黙って勝手にやってしまって、後から了承をもらおうと、正面から向き合うのを逃げてしまいたくなる

 

でも、それをこらえてきちんと向き合って、言葉を重ねて思いを尽くして、相手に理解してもらうために対話をする

自分の夢を、自分の考えた未来を、自分の肉親であるお母さんに伝える

それって、本当にすごいことだと思うんですよねー

 

今回は突然の不意打ちだったという点はありますが、その決断をしたのは本当にすごかったと思います

 

そして、鈴乃に対しての懐(ふところ)の広さと深さもハンパないですね

まさかの恋敵が来ても一切の同様なしですよ

 

今回で、自分の本当に欲しいものをきちんと理解したちーちゃん

これからも自分の夢を勝ち取るために頑張ってほしいですね

 

はたらく魔王さま!16巻で登場して以来、個人的にお気に入りなディン・デム・ウルス

次回の首脳会談では必ずや千穂の後押しをしてくれることでしょう

この二人が再会して、おばあちゃんと孫のように並ぶところが今から楽しみです

 

次回も楽しみに待たせてもらおうと思います

 

スポンサーリンク
 

はたらく魔王さま! 別の巻の感想&あわせてお読みください

はたらく魔王さま! 18巻 感想・あらすじ・ネタバレあり

はたらく魔王さま! 17巻 感想・あらすじ・ネタバレあり

はたらく魔王さま! 16巻 感想・あらすじ・ネタバレあり

はたらく魔王さま! 15巻 感想・あらすじ・ネタバレあり

はたらく魔王さま! 14巻 感想・あらすじ・ネタバレあり

はたらく魔王さま!SP2 あらすじ・感想・ネタバレあり

はたらく魔王さま!ハイスクールN! 発売日2017/2/10

はたらく魔王さま! 0_2巻(0-II巻)感想・あらすじ・ネタバレあり