読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


ステージ・オブ・ザ・グラウンド1巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 【野球ラノベ】

ラノベ ラノベ-ステージ・オブ・ザ・グラウンド ラノベ-電撃文庫

スポンサーリンク



ロウきゅーぶ/天使の3P!で有名な小学生特化型作家:蒼山サグ先生の描く野球ラノベ 

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

 

表紙いっぱいに青春を描いているこのラノベ

野球自体には興味が薄く、少年漫画で楽しむ程度な俺ですが

作家があの「ロウきゅーぶ/天使の3P!」で有名な蒼山サグ先生ということで

作風、文章ともに大好きなので、ノーチェックでしたがその場で購入を決断しました!

 

 

あらすじ

「お前とまたバッテリーが組みたいから、俺はここに帰ってきた」

復活をかけた熱い夏が開幕する!!

横すべりな人生……挫折した青春……幼馴染みの渚にもあきれられ、

悪友の卓と不毛な日々を送る楠田幸斗。

 

そんな幸斗も一度だけ、夢に燃えたことがあった。

小学生時代に結成した野球チームに、燦然とエースが現れたのだ。

剣の誰にも打つことができない強烈なナチュラルスライダーは、彼らに夢を見させた。

 

だが夢は夢のまま、あっさりと剣は転校……かくして、チームも自然消滅。

そして、ただ腐っていくだけの高校生活が待ちうけていた。

しかし、ある日――『幻のエース』が、帰ってきた。

野球は『もういい』はずなのに……突然のエースの帰還が、

幸斗のくすぶっていた野球への情熱に小さな火をともす――。

忘れていた熱い心を呼び覚ます、蒼山サグ渾身の野球小説がここに登場!!  

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

 

 

 

 

 

 

 

完全な作家買いでした(本編と関係ない雑談な前置き)

そもそもね、小学生の女の子が出てくるライトノベルなんて、驚くに値しないんですよ

そりゃあ、誰かの妹だったり、近所の小さい女の子だったりが出るのはね、普通です

 

でも、違う、そんな規格じゃ、蒼山サグという作家は収まらなかった

ロウきゅーぶはその想像を超えて、ヒロインが小学6年生5人という神構成でした

しかも、その後に後輩が5人でチームを作るという

少五ロリ悟りを体現したものだったんですよ、神か…あなたが神か

なんということでしょう…というレベルの常識破りで掟破りだったんですよ

 

ングスポーツメディなのに、どこからか「」が自然に合流してきて

ある一つの言葉が浮かび上がるという神技を披露してくれた作家様

なにせ、高校生である主人公と同い年のヒロインが

ニコニコ動画あんかではBBA扱いされるときもあるぐらいですからね

「世界の法則が乱れる」なのか、新たな秩序が生まれる瞬間なのか、

いや、まさにすごい作品でした

 

なので、まさか、ここから高校野球話が始まろうとは思ってもみませんでした

小学六年生でハーレムながらもバスケットボールをしてコーチを堪能し

小学五年生でハーレムながらもライブをして舞台裏を支え

あー今度は小学四年生の話で何をするんだろう? と考えていたら

幼女の代わりに登場したのは、オカマキャラである「アザナエル」ですよ

もうね、びっくりしましたよ、ほんとに

 

全員、小学生の妹持ちというアクロバットかつ超俺得な救済措置があるのかもー

と思いましたが、そんなことはなかったぜ…

というわけで、今回はまぎれもなく高校球児の青春と友情がテーマな話です

熱血、青春、友情、まさにスポーツマンガの醍醐味をつめあわせた感じですね

 

小学生大好きな人は賛否両論あると思いますが、個人的にこういう味もありかなーと

ただ、蒼山サグ先生らしさ…ってのがどこにあるのかなーと思うとまた難しいかも

ふぇぇ、はうぅ、などのあわてたときの声をはじめとした

純真無垢なヒロインに対する異常なまでのこだわり

そして、チームプレイを前提とした複数キャラの見事なまでの描き分け&絡ませ方

それが強みだと俺は勝手に思ってるので、もっと人数が増えたときが楽しみですね

そもそも、野球をやるなら最低でも9人が必要なわけですしねえ

そして、今回は1ヒロインのみなのか、それとも増えていくのかも気になるところです

 

親友、相棒と呼びあう幸斗と卓の二人組が好き

主人公と親友は家が隣同士で、学校へ朝行くときも帰りも一緒

自分の部屋への出入りは自由で、たまに自分の部屋で待っててくれたりする

どこでもいっしょの具象化、もはや権化のレベルですね

もうヒロインでいいんじゃないかな、これは…と思ってしまうほどの女子力でした

 

長年を感じさせる信頼関係とその距離感は見ていて楽しいし

何よりもそのべったり具合が割と好きです

なんででしょうね、男でカップルかよと言われるぐらい仲いい人ってたまにいるけど

その仲良しっぷりを見てるのは微笑ましくて好きです

 

ピッチャー枠の剣よりもこの二人のほうがバッテリーっぽいんですよね

以心伝心っぽいし、連携も見事なものですし…

まあ、今後は3人組なのか、それとも妻(幸斗)をめぐって、剣VS卓になるのか

 そのへんの野郎の友情模様も気になるところですね

 

女子恐いよ女子になってしまった卓には、「幼女は恐くないよ」という

先生からの粋な救済措置がきっとあるだろうから大丈夫と勝手に思ってます

 

久しぶりに正統派ツンデレのヒロインを見た/最初はツンツン、後からデレ

これはいわゆるアレですよ、外はサクサク、中はしっとり…と同じなんですよ

お菓子で最強の味わいでヒロインを味わおうとか、そういう話なんですよ

まあ、だいたい主人公に食べられちゃう(意味深)なわけですから

あながちその考え方は間違っていないように思いますが…

 

まあ、じっくりことこと人間関係を煮込むからこそ、より味が広がるというね

元メンバーの中で、みんなが人生に迷う中、渚が一番大変だったと思います

 

自分ではやりたいのに、野球ができない

女の自分が男に混じって野球ができないのは、自分の力ではどうすることもできない

 

その寂しさや泣きたい気持ちを誤魔化すために無理してやってきた、

女子高生としては理想とみんなが認めるような女の子としての生き方

 

そんな自分のことを皮肉げに御葬式のようだと表現した彼女が

三塁手として救われたのが、たまらなく良かったです 

数年越しで世間を見返した、それこそ常滑スライダーズがリベンジした瞬間

彼女もまた、その場所に共に立つことで、

彼女の滑落とも言える長い長い御葬式が終わりを迎えて良かったです

 

ちょろイン(ちょろいヒロイン)になるのか、それとも、牙を残したままで行くのか

マネージャーとしてどうやって野球にからませていくのかは楽しみです

 

今までの作品が主人公以外は基本男が活躍しないスタイルだったので、

他にもヒロインたちが押しかけてリア充な野球部集団になるのかも興味あり

カップリングだらけになるのか、それとも…なところも気になります

 

お買い上げはこちら 

熱い男たちには、熱い夏が良く似合う…

土と汗の匂いが届いてきそうな絵というのはいいですよね

今後、広がっていくその世界をゆっくりと楽しんでいきたいと思います