読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのブログ。月間15万PV突破! レビュー依頼、広告依頼はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


ノーゲーム・ノーライフ 9巻 あらすじ・感想・ネタバレあり【ノゲノラ】

スポンサーリンク

【ノゲノラ】ノーゲーム・ノーライフ 9巻 あらすじ・感想・ネタバレあり ゲーマー兄妹は一ターン休むそうです<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

今回の表紙を飾るのは、機凱種(エクスマキナ)のイミルアイン!

次から次へと種族が増えていくエルキア連邦には

毎回のように新キャラが登場してきますが、今回はまさにツボでした

いや、最近この作品を知ってからいい性格のヒロインが好きになりつつあります

やっぱり、おとなしいだけよりも毒があるほうがよりよいですよね

 

 

ノーゲーム・ノーライフ 9巻 あらすじ

ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―

ついに神霊種を降した空と白たち。

 

拡大を続けるエルキア連邦に全世界が警戒感を深め、

国内外の緊張が高まる―が!…それは、置いといて、と。

『休業中』の札を城に吊るし、内政を止めた空白Pは

とうの神さま・帆楼のアイドルプロデュースに全力を注いでいた…

 

フルスロットルに混迷加速する中、

トドメを刺すように、空のスマホが鳴り響いた。

 

位階序列・十位『機凱種』…

かつての大戦を終わらせた機械の男は告げる―

「逢いたかったぞ『愛しい人』よ。さあ、いざ愛を育もうぞ!」

“最も新しき神話”は一ターン休み…!?大人気異世界ファンタジー第9弾!!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

スポンサーリンク
 

 

ノーゲーム・ノーライフ 9巻 感想・ネタバレあり

機凱種(エクスマキナ)最高、イミルアインが最高に可愛い

自分の主人のことだけを思ってはるかなる時の流れを生き永らえるロボットとか

なにそれ、やめて、俺、こういうのに弱いんだわ

 

お涙頂戴的な感動話といえば動物モノのほうがメジャーなイメージですが、

機械モノのこういう時を超えた愛だって素晴らしいよね、と俺は熱く語りたい

だってさ、6000年もの間に行き場を見失ったのに積み上げられてきた一途な愛ですよ

もうね、その純度と重さこそが至宝と呼んでも差し支えないんじゃないでしょうか

 

輪廻転生をひたすら待っていたロボットとか、もう惚れるしかないじゃないか

 

ええ、ロボットとか人工知能は人類に牙を剥くだけが能じゃないんですよ

ちょっとご主人様を困らせてみせたいときもあるお茶目な従順なロボ娘とか最高ですよ

 

しかも、種族の繁栄をしなきゃ滅んでしまうかもしれないという瀬戸際なのに

それでも自分の許した相手とじゃなければイヤだといって、

ハードウェアロックをかけたという徹底ぶり、まさしく愛を貫いてますよね

しかも、誰にも許していない自分のことを「新品」と言ってのけるところに

機械ならではの絶妙なエロさを感じました、これはたしかに新品未開封ですわ

 

そして、こちらを振り返らせようとあの手この手で迫り来る誘惑というのが、

どうにも抗い難い素晴らしさを秘めている

いや、いいですよね、こういう直球ストレートで迫られる求愛行為って

しかも、断る主人公側にもちゃんと断る理由が用意されているあたりがいいです

 

二文字回答が先頭にあるあたりの会話形式もいいですね

あの単語選定だけでもかなり大変そう…

今の自分の感情を直球で表す癖の強い喋り方が大好きです

 

しかも、わりといい性格をしてるという、その一点も素晴らしい

盟約で手が出せないから挑発でボコボコにしようという異種族間の皮肉合戦は

各種族の特性をよく表していて大好きです

あー、よく思いつくなぁ…というぐらいに種類の多い煽り方が面白いですが、

その矛先をジブリールに向けて、しっかり勝ち越すこともある有能さが好きです

 

さあ、もうこれ以上ないぐらいに褒めちぎってますが、それぐらいにツボでした

今回でレギュラー入りが確定してくれたようなので、

みんなと出番を奪い合ってしたたかに生きていってほしいですね

 

今回はチェス&音ゲー&アイドルゲーの複合技でした

毎回、ゲームのルールを考えるところからして、めっちゃ凝ってるよな…と

御題が出るたびに感心してましたが、今回はまさかの既存ゲー複合でした

 

音ゲー部分に関しては、相手の人間離れしたスペックを封じるため、というだけで

実際にゲームをする上での表現はほとんどありませんでしたが

これ、アニメ化するとき大変なんじゃないか…と勝手に心配してました

結局のところ、チェスに関しても中身は勝敗が描かれるぐらいなので

その主題は観客のテンションを操作するアイドルゲーに終始してましたね

うん、今回のは、ほんとアニメで見たくなる一戦でしたね

 

ほんとうに、仕組みから勝ち方に至るまで、よく考えるものだと感心します

いかに相手に力を出させないようにして、自分たちのレベルまで落とすのか

デバフというか、相手の本領を発揮させない戦いの方法の選択や相手の誘導など

ゲーマーとしてのスペックを見せつけながらも、しっかり知恵比べに持ち込むあたり

見事な技前だと思います

 

ステフ可愛いよステフ、報われないステ公がほんと可愛い 

不憫なところが可愛いキャラって、ホント可愛いけど可哀想ですよね

いきなりMCを無茶ぶりされ、転んでスカートの中身を見せてお客さんにサービスとか

もうね、不憫で仕方ない…

 

空に惚れた弱み…にはもうならないのかな?

もう、なんだかんだいって、盟約関係ないぐらい空と白には心許してますよね

それぐらいにお互いを信頼しているからこそ、今の関係は成り立ってるんだと思います

 

もうちょっと幸せになってくれるといいな…と思いつつ、

でも、ステフの不憫な姿に涙しながらも萌えるんだろうなぁ、きっと

ええ、ステフには強く生きていってほしいものです 

 

あわせてお読みください

サイト内のライトノベル&マンガ感想まとめ