読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


モテないオタクが恋愛で相手に丸投げをする心理と対策

雑記・コラム 雑記・コラム-オタクの婚活

スポンサーリンク



モテないオタクが恋愛で相手に決定権を丸投げしてしまう心理とその対策

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

www.black-gamer.com

先週あげたこちらの記事、たくさんの人に読んで頂きました

その中で、『はてな匿名ダイアリー』で、言及いただきました

 

anond.hatelabo.jp

アノニマスダイアリーとも呼ばれて、中の人は増田と呼ばれるそうです

で、たくさん時間をかけて書いてもらったこの記事の中で、

オタクは「相手に丸投げしてしまう」という悪癖があると指摘されたので

そのあたりについて、もう少し考えてみたいと思います

 

 

相手にあわせる、相手を気遣う、相手に丸投げするの違い

>相手「お待たせしました。じゃあ、ご飯行きましょうか」

>俺「そうだね、リクエストとかある?」

>相手「どうしようかなー」

散々ドタキャン食らった相手だから仕方ないとは思うけど、

飲みも混じる飯なら店は予約しとこう。

あと、本当にオタの人に多いんだけど、選択をいきなり相手に丸投げすんな。

オタはそれで相手の事を尊重してる気になってるけど、

結局相手に決めさせる流れにして、物事を決める責任から逃げてるだけだから。

 

飯食うならせめて、

「何食べたい?肉?魚?、お腹すいてないなら軽めの所にしようか?」

くらいの3択にしようよ。ギャルゲーだって選択肢3つくらいでしょ?

せめて数個の選択肢は用意してやんなよ。サラダの国のトマト姫じゃないんだから、

選択肢無しで答えろっても難しいでしょ。

>本当にオタの人に多いんだけど、選択をいきなり相手に丸投げすんな。

大事なことなので、二回赤字で太字で下線です、ここテストに出るよ!

長々と引用させてもらったけれど、これが、きっと一番大事なことです

なぜ、オタの人は選択を相手に丸投げするのか? それを考えてみました

 

  • 相手が望むとおりなら、相手から嫌われる可能性が減る(なくなるとは言っていない)
  • 相手がそれで喜んでくたら嬉しいから
  • 相手よりも自分の方が優先度が下だから
  • そもそも、俺がどうしたいかなんて聞いてくれる人なんているの? いないんじゃないの?

モテないオタクである自分の胸に手を当てて考えるところでは、

あがってくる理由はこんなものでした

 

もっと言えば…

相手がこれが食べたい、こんなものが好きというものがあるのなら

それを相手が言ってくれれば、別にそれでいいやという想いがありました

 

相手が食べたいものを食べて満足してくれるなら

会計は任せろーと、マジックテープの御財布をバリバリするぐらいやるし

それで円満に楽しめて次に行くならそれでいい…と

 

で、今になって反省してみれば、それは少しだけ正解に手が届いていたけど

俺の考えが浅いせいで正解を逃がしていました

 

正解→相手が喜ぶものを用意しようと思う気持ち

不正解→それを相手に用意させようとしたところ

 

きっと、本来であれば、もっともっと相手に興味を持って、

相手の好きなものを聞いてあげて、そこから相手の望むものを用意してあげる

できれば、選択肢として2~3の選べるものを準備してあげる

きっと、相手の女の子がやって欲しかったことは、これなんだと思います

 

だから、最高の顧客満足度とお客様の笑顔のために本人は動いているつもりなのに

二度とこの店には来ないと海原雄山や山岡さんぐらいにお怒りな状態で帰ってしまい

お店には閑古鳥が鳴いてしまう…そんな状態でした

 

まあでも何が厄介って、

こんな話をする機会がないから、自分の間違いにそう気づかないことですね

死に覚えゲーのように、前回死んだときに何が悪かったんだろう? と考えながら

そこで死なないように試行錯誤しながら進めていく

 

でも、悔しさや悲しさが邪魔をして冷静な振り返りなんて出来るものでもないから

思考停止になりつつ考えると、苦難の道がより長く険しいものになる気がします

 

せっかくだから、もう一つ苦い思い出を書いておくぜ! 相手とのアポの取り方の注意と丸投げ話

書いているうちに思い出して悲しくなったので、ついでに書いておきます

お店選びや相手に会った後で悲しむことができるのは、まだいい

本当の地獄は誘った相手と会う事すらできないまま終わることだ

 

  1. 相手が忙しいなら、俺が相手に会わせなきゃ
  2. 空いてる日があったらあわせますので教えてくださいね
  3. 返信がこないまま無事死亡

ホップステップからのジャンプ時間が長いこと長いこと

もうね、奈落の底まで落ちるんじゃないかと思うぐらい

返信が来るまでの時間が長いんですよ

 

でも、あれだ、お断りのメールが来てないからセーフですよ、セーフ

あれだ、ティウンティウンティウンと爆散してるわけじゃないから、

まだ俺は生きてるから、大丈夫なんです、でもね、誰か俺に1UPの生首を用意してくれ

いや、こんな話を書いてたら、久しぶりにロックマンがやりたくなるね

ワイリー博士のジャンピング土下座が超見たいですよ

 

と、すみません、現実逃避から戻ります

 

もうね、どれだけの人から返事が来なくなったのかは、正直覚えておりません

でも、俺はこれが最善だと信じて疑っていない時期がありました

というか、これで会えないわけがないだろうと思ってました

友人知人関連には、それでまったく問題なかったのですから

俺が相手に予定を合わせてたら、いつかは会えるだろう…と

だから、その幻想をぶち殺すのにとっても時間が掛かったから困りました

 

だってさ、どんなに俺が会いたいと思って予定をあけると言ってもね

「じゃあ、この日なら大丈夫」と返事をしてくれることは、ほぼありません

 

たくさんのネットの海から拾い上げた情報なので真偽は定かではありませんし

どこで知った情報なのかも覚えてない話ではありますが…

女の子はプレッシャーをかけられる(回答をせまられる)のが嫌いな一面があること、

それと、自分から言いだしたことを撤回するのに罪悪感を感じるそうです

(このあたり、男女あんまり関係ないかもしれませんが…)

 

「2月10日空いてるって言っちゃったけど、無理になっちゃった。

 でも、無理になっちゃったって言うの、ヤダな」

 

そんな思いをするのがイヤで、自分から空いてる日を教えてくれることはないとか

そんな話らしいですよ、女性側の心理は

 

そのあたりの詳細、乙女心なら任せてくれたまえな人たちがいらしてたら、

ぜひコメントで乙女心を教えてください

 

で、結論として、どうすりゃいいの? ってことになると思いますが

ここはもう、ひたすら潜水艦ゲームに興じる心意気が大事だと思います

 

俺「2月16日と18日と23日なら空いてるけど、どうかな?」

仮想の女の子「18日なら大丈夫かも」 

 

当たったら「当たった―」と全力で叫んで喜びましょう

外したら、涙をこらえて二週間後とか来月ぐらいにもう一度ゲームを開きましょう

絨毯爆撃をしたくなる気持ちをグッとこらえて、チマチマ打ちます

 

まあ、この辺も昔は丸投げしていたから、丸投げしないというのも大事だよね

相手とすりあわせるって難しいよね、というお話です

 

おまけ 考えたけど結論が出なかった部分

>(4)女性の友達を増やす

って部分だけど、これ、断言しても良いけど、

女友達が紹介してくれないってのは、ほぼ100%blog主に問題が有ると思います。

数名女友達がいて、その周りに彼氏欲しいって言ってる子が0なのは考えにくい。

恐らくその異性の友人にはblog主を紹介したくない理由があるか、

もしくは紹介してもblog主がダメ出ししそうな雰囲気が出まくってるとかだと思う。

  

せっかく女友達がいるんならネットでテクニック検索する暇有ったら、

土下座してでも女友達とデートして色々とダメ出ししてもらった方が良いと思うよ。

もしダメ出ししてもらえないとか、

「え~、ダメ出しとか必要ないよ~」って言われた場合は、

言ってもムダって思われてるか、言ったら言ったで言うこと聞かない、

もしくはマジ切れされそう、とか思われてるって事だと思います。

  

その場合は、友人以外の異性にも同様な印象を持たれてる可能性が高いと思われるの

で、

努力の方向を変えた方が良いと思います。 

 100%の断言を元に話してもらった話だけど、

これだけは、正直どうしていいか分からなかったです

 

俺に紹介したくない理由とか、ダメだしをお願いしてもあがらなかった理由の裏とか

あるのかどうかも分からないことを本気で悩みだすときりがないし

そこから友達関係が微妙になるのも馬鹿らしいので、

この件については保留することにしました

 

俺に問題があるのは分かるけれど、どこをどうしていいのかは

正直に言って、ちょっと分からない…というか、分かったら直してます

だから、こうしてブログを書きながら、分かったことだけでも書いてまとめてみて

少しずつでも努力の方向性を変えたいと思います 

 

後書き&宣伝

というわけで、不器用な奴がどうしたらいいだろう? と考えながら

たくさんの時間と情熱を注ぎ続けて

一生懸命に作ったファンタジーノベルゲームがありますっ!

 

www.black-gamer.com

シナリオとスクリプトは俺自身が担当し、

他の部分は外注さんからお買い上げして作り上げた作品です

 

あわせてお読みください

www.black-gamer.com

オタクあるあるでいけば、頼られるとすげー嬉しいのに頼るのが苦手な人も

オタクの中ではすごい多いと思います

なんで頼ることができないのかな? じゃあ、どうしようか? という点で

いろいろと掘り下げて書いてみました

 

www.black-gamer.com

今ならば…きっと、今ならば、もう少しマシな戦果になるはず

勝てないなら勝てないなりに、失敗して反省して

それでもたくさんいろんなことをして、幸せになりたいと思います

 

www.black-gamer.com

興味が出たから他に何を書いてるの? 

書いてるものを全部教えてよ! という人のために

今までの記事を一覧にしてまとめてみましたっ!

ジャンルやカテゴリを一望できるので、

興味のあるものをここから探してみてくださいっ!

 

勝手にスペシャルサンクス

www.sugatareiji.com

モテないと言っている人間は、それだけで周囲からもモテないと思われてしまう

俺は俺の価値を下げたいとは思わないし、同情してくださいと喧伝する気もない

認めてくれる人は、今はいないし少ないかもしれないけれど

それでも、俺は自分という存在がそんなにダメなものでないと思っています

 

だから、もうちょっと自分の行動を見直して、

自分を下げ過ぎないようにだけは気を付けていきたいと思います

この記事は、本当に読んだとき考えさせられました

ウチのゲームは売れないと認めるのが恐くて認めてみたけれど

それを必要以上に騒ぎ立てる必要もない

 

そして、自虐するだけではなく、そこからきちんと歩いて行こうと思います

素敵な記事なので、ネガティブに悩んでいる人は一度読んでみるといいです