読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


【同人ゲーム】魔法使いの見た夢 感想・レビュー

スポンサーリンク



【同人ゲーム】魔法使いの見た夢 感想・レビュー【ノベルゲーム】

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

今回は同業者レビューということで同人ゲームのレビューになります

ゲームのレビューなんてすげえ久しぶりだよ…

昔は、BLACKGAMERのゲームレビューなんてど直球な名前でやってたんですよ?

もう、12年ぐらい前の話ですけどねー

 

というわけで、久しぶりのレビューです

魔法使いの見た夢 異能力バトルな同人ノベルゲーム

中央の二人が主人公とヒロインな感じです

http://arai-create.net/smartphone/jp/mahoyume/title.png

 

 

シナリオ・キャラについて

異能力バトルもので、燃える展開ももちろん多いのですが、

何よりも、主人公とヒロインのあぶなっかしさが妙にリアルでした

考えに考えぬいてもどこか抜けてたり、根本的に考えが至ってなかったり…

ああもう、こいつら本当に大丈夫かな…となぜか親心のように心配してみてました

 

次々に来る罠にことごとく当たれば心配にもなろうものです

でも、実際に言えば、これも一つのリアルですよね

最近お目にかかる異能力バトルは場馴れしすぎていて、

想像も対策もその場でいろいろと対策が立てられすぎてますので

 

まあ、そういう予定調和的な戦闘はこのゲームの中でも含まれてしまいますが

怒涛の展開に振り回される主人公たち…主導権は握れないながらも抗い続ける

そんな姿は好印象でした

 

主人公のポジションは、人によって好きか無関心かがはっきり分かれるかと…

主人公が正義や正しいを持っているので、自分の中の正義とマッチするかどうかが

一番のポイントになると思います

 

後は、他のキャラたちに圧倒されてスポットライトが当たらないことが多いという

不遇な扱いなので、そのあたりはなんとも…

まあ、美衣芽とスコルピオのキャラが強すぎるので置いてけぼり感が強いですね

魔法の威力調整を練習してた話もあったのだから、

もう少し振るってくれると思ったのですが、そこはちょっと残念です

 

逆にヒロインのミカエラは、主人公にべったりなところもいいですが

その主人公にべったりにつれて本人の変化(成長)があるのがいいですね

何が大事なのか? その優先度が高い物のために自分はどう変わるのか?

そのあたりが丁寧に描かれていて最高でした

召喚獣もイラスト豊富で種類も豊富! 迫力ありましたね

 

そして、個人的に好きなのが美衣芽とアイラスでした

美衣芽は謎に包まれたお笑い要員かと思えば、その圧倒的な強さ

もうあいつ一人でいいんじゃないかな…を地で行くところ

あくまで自分は自分のしたいことしかしないという強者の振る舞い

世話焼きお姉さんではなく、気に入ったからこうする…というのと

見限るときも容赦がないと、いろんな部分でとても好印象でした

 

そして、もう一人、アイラス

このキャラはね、ほんと男の中の男でしたよ

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、ただひたすらに想い人のために人生を尽くす

不器用で、理解されなくて、それでも、ただ己というものを全(まっと)うする

その生き様に惚れました、最高でした

 

そして、ちょっとシナリオを書いている制作よりの発言になりますが…

バトル物で一番難しいのは

「どうやって敵側の舐めプレイに説得力を持たせるか?」

だと個人的に思ってます

 

敵が弱くては話が面白くないから、だいたいの敵は、もうありえないほど強いです

でも、敵が強すぎたら、今度は主人公たちが殺されないための理由が必要になる

そのさじ加減にみんな頭を悩ませるのでしょうが、

このあたりに気を使っているのはかなり感じられました

小競り合いが繰り返しになることに少し飽きを感じるかもしれませんが、

その分、最後を楽しませていただいたので良しという感じですね

 

背景・音楽について

どっちも、あまりに豊富でびっくりしました

背景では家ひとつ見ても、玄関、リビング、台所、お風呂、寝室とまさかの五枚超え

おかげで、どんな場所でもシチュエーションが書けるため

主人公を待ちわびて、帰ってくると玄関までかけつけてくれるヒロインが見れます

こういう細やかな気配りは嬉しいですね

魔法のエフェクトなんかもかなり用意されているので、見ていて臨場感あふれました

 

さらにそれを援護してくれるのが、音楽たち

個人的には戦闘を終えて日常に帰ってきたことを理解させてくれる

あの心安らぐ音楽が一番好きでした

 

価格について

600円…と言われるとスマホゲームにしては高いと思われる人も多いでしょうが

製作側の目線で見ると、このふんだんに使った素材に比べて

ずいぶんと無理しただろうな…と思う設定価格です

 

このあたりは個人の感覚になるのでとても難しいですが、

基本無料で課金する場合には600円なんて普通に使われる額なので、

初見で600円か、割高だな…とは思われないことを願います

 

お買い上げはこちら

http://arai-create.net/smartphone/jp/mahoyume/title.png

 

あなたも「魔法使いの見た夢」を覗いてみませんか?

プレイ時間10時間の魔法活劇ノベルゲーム、

ウチと違ってスマホでの操作性も抜群ですよ!