読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


オタクの婚活! 街コン後に二回目のデートをした女の子の話

雑記・コラム 雑記・コラム-オタクの婚活

スポンサーリンク



これが恋だとしたなら… 街コンで連絡先を交換後にもう一度会えた女の子の話!

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

ブログでどんな話題にしたらいいかな…と周りに相談したところ

もう少し人柄が分かる記事を出そうよ! 暴露系で! とアドバイス頂きました

というわけで、今日は俺の恋愛系な暴露話です!

うわぅ、恥ずかしい…

 

  

前置き その人との関係性など

www.black-gamer.com

以前に街コンでたくさん、たくさん、たくさん負けたのは書きました

負けた理由はとっても簡単!

だいたいが、連絡先を交換して数回やりとりすると音信不通になるからです

おかげで、既読スルーとかホント嫌い…というか苦手です

 

で、いろいろと回数を重ねるうちに、そんな中でもやりとりが続く人が出てきました

やりとりの中に

今月、会費5000円でパーティーするんですけど参加しませんか? とか、

来月、知り合いのDJがまわすんだけどクラブに行きませんか? とか、

そんな広告が月に一回以上来る人だけど、俺は全然気にしてないよ、うん

 

勧誘文がコピペだっていいの、botじゃないんだもの(きっと…)

 

でね、不思議な話でね

他の人から無視されまくって相手にされない状態が続くと

こんなことでも連絡が取れてやりとりができると嬉しくなるんです

 

だって、連絡が取れない人とは可能性がゼロなんです

それに比べたら、返信と反応がある人は可能性があるんです

 

だから、「晩御飯でも行きませんか?」 と何度か誘ったときに

「じゃ、今度、二人で行きましょうか?」という返事がきたときは

ちょっと何かあるかもしれない…と思うと嬉しくてテンションあがりまくりでしたよ

 

何度言っても、イベントに来てくれませんか? とだけしか返されなかったのに

俺の熱意が届いたんですよ! こんなに嬉しいことはない!

本気で相手にはされないだろうけど、女友達が増えたらいいな…ぐらいに思ってました

 

で、当日のお話

渋谷で待ち合わせ!

仕事帰りに「会社出たんでこれから向かいますー」ってライン入れて、

ちょっと緊張しながら現地に向かう

大丈夫、友達になるぐらいなら、きっと大丈夫

幸せになるツボは買わないよ、とか思いながらも

楽しくなるといいなーとか、ウキウキワクワクしてました

 

で、雨が降ってたんですが、待ち合わせ場所付近に立ってました

もうね、楽しかったんですよ、待ってることさえ

で、相手からの着信ありました

 

相手「すみません、まだ、駅から歩いてるところで…」

俺「いいよ、別に。待ってるから」

相手「ほんと、す…」(ブチッ)

 

いきなり途切れる通話。

…なにこれ、何が起こったの? と思いつつも、よく分からずラインに連絡

でも、既読はつかない

 

あれかな、携帯の電源が切れたとか、そういうのかな

だったら、とりあえず、約束の場所で待ってようかな

 

そして、そのまま30分が過ぎ、1時間が過ぎ、

それでも、寒い中で雨に打たれても、まだかなーと期待しながらただ立ってました

俺の一番好きなキャラはKanonの名雪ですからね、寒い中待つなんて楽勝ですよ

 

試される主人公力、忍耐とあきらめの悪さは同人で鍛え上げたから超余裕

 

そんなことを何度も頭の中で考えましたが…

でもね、やっぱり、何度時計を見ても来ないんです

19時約束だったのが、20時半…それでも、俺は諦めない

 

近くの喫茶店にいますとラインを入れ、ラノベを開いても読む気にもなれなくて

ただぼんやりとコーヒーを飲みながら、通りの外を見つめ続けて待ってました

他の人たちは、みんな待ち合わせて一緒に出ていくのですけどね

俺は、一人でずっと座ってました

 

結局、その日は22時になった時点で、しょうがないから帰りました

もうね、帰りの電車で、俺は何をしてるんだろう? という疑問ばっかりでしたが

まあ、しょうがないよね、だまされたんだよね、という理解をしてました

泣かないよ、俺は泣かない

 

で、一週間後ぐらいに連絡が来て、

携帯電話が故障したため音信不通だったと謝罪がありました

で、その後に何回か誘っては当日キャンセルをいただくことになり、

こっちもいい加減に疲れたので、ちょっと距離を置くことにしました

 

その後、もう一度の話

で、半年か、一年か、かなりの長い期間をあけた後に、

(その間もイベントお誘いのラインは来たよ、ごめん無理!と律儀に返したよ!)

向こうから「久しぶりにご飯に行きませんか?」という連絡がありました

 

もうね、半信半疑でしたけど、それでも誘われたのは嬉しかったです

だから、渋谷の109の前で再開したときは、嬉しかったんですよ

 

相手「お待たせしました。じゃあ、ご飯行きましょうか」

俺「そうだね、リクエストとかある?」

相手「どうしようかなー」

 

そう言いながら、109の中に入る彼女

あれ? 109って服屋だよね? ご飯食べに行くんじゃないの?

 

相手「わー、これ可愛い」

彼女は服を手に取りながら、そう言いました。

だから、僕は答えました

俺「気になるなら、試着してみれば」 

 

まさかの展開…バトルフィールドが渋谷109に!?

なんだこの異空間、男が入って大丈夫なのか? と悩みながら

とりあえず、携帯いじって周りを見てませんよアピールしながら待機です

洋服を選んでる女の子は魅力的に見えるけど、舞台裏をのぞいているようで

直視したらいけない気がしませんか? しませんか、そうですか…

 

そして数分後

そこには、着替えて似合うかな? と俺に問いかける女の子が!?

なんだこの展開、どうしてこうなった!?

 

相手「どうかな?」

俺「似合うと思うよ」

相手「あー、でも今、あんまりお金ないんですよね。どうしようかな?」

 

疑が疑になるかと思いましたよ

信と信のどっちがいいかと思ったけど、ゼロスタイルのほうが俺は好き)

 

…うん。なんだかすごい試されてる気がする

俺は今、渋谷の109という普段なら絶対に入れない試される大地で

選択を迫られている気がする

でも、二回目に会う人を相手に服を買ってあげるよ…とか、さすがにないな

 

だから僕は、こう答えたのさ

俺「財布的に厳しいと迷うよね。自分の財布と相談するって大事だよね」

そんな発言の後にも、これとこれどっちがいい? 

というのを二回ぐらいやりましたが

相手「お金ないし今日はもういいや」

という発言で、ご飯に行くことになりました

うん、言葉選びって大事だよね、シナリオ書いてるからね、そんなことは知ってた

 

先行き不安だけど、まあ、これでご飯食べて帰ればいいや

そんなノリで、とりあえずご飯を食べにいきます

 

せっかくだから、イルミネーションをダシにして彼氏がいるか聞くよ!

めげないよ! 僕は! ということで、ネットで鍛えた知識を動員して挑戦してみる

 

俺「やっぱりこの時期は、イルミネーションが綺麗だよねー、やっぱりクリスマスとかは彼氏とああいうの見に行くの?」

相手「私、今は彼氏いませんよー」

 

なんだろう、この感覚?

言うなれば、格闘ゲームで波動拳が出せたときに近い気がする

ちゃんと技を出そうとしたら技になったよ、まじビックリ…みたいな

236+Pってコマンドは嘘じゃなかったんだね

(236っていうのは、テンキーを基準にした十字キーの動く順番です。

 下、右下、右の後にパンチボタンを押せという意味ですね)

 

俺「そうなんだ。もったいないなぁ、じゃあ、仕事が終わったら退屈してるの?」

相手「私、仕事は辞めました、今はモデルやってます」

俺「え、そうなんだ? でも、一人暮らしって言ってたよね?」

相手「ええ、知り合いがとっても安くしてくれてるんです」

 

そんな話をしながら、道玄坂のあたりを移動します!

まあ、秋から冬にかけての渋谷の夜ですから、もうちょっと踏み出してみるか

俺「手、つないでもいい?」

相手「知り合ってまだ間もない人だし、そういうのはちょっと」

俺「そっか、ごめんね」

というわけで、ここはあっさり引き下がりながら、食事場所へ

 

食事をしながら

相手のことをいろいろ聞きながら、お互いを知ります

花咲かじいさんもびっくりなぐらいに、私は頑張りました

相手に対して好意があることも、もっと仲良くなりたい旨も伝えました

相手もまんざらでもないような感じで喜んでくれました

 

でもね、雑談でいろいろ話していると、

ちょっと気になることがたくさん出てくるという

気になることがちょっとなのかたくさんなのか分からない事態が出てきました

  • 仕事(定職)をしていない
  • モデルの仕事はそれほど収入がない
  • 都内で一人暮らしをしている
  • 仕送りの類はもらってない
  • 家にキッチンがない(自炊をせずに外食がほとんど)

勝てば女の子が脱いでくれるという理由から麻雀を覚えた

そんな学生時代の記憶を掘りおこし、数え役満って、いくつで出来るんだっけ?

とか思っていたら、決定的な一言が…

 

相手「いつもイベントの話ばっかり送ってますけど、もしかしてセミナーとかのほうが興味ありますか?」

 

あらあらまあまあ…

言葉にも破壊力はありますよね、心に突き刺さる破壊力が

そうか、本当に俺は、そういう目で見られていたのか

 

でも、社交辞令ぐらい使えますよ、大人ですから

なので、何を聞いても行く気はないのですけれど、何のセミナー?と聞き返します

 

そうしたら、そこから怒涛のごとく流れてくる、

その子と友人たちが主催するセミナーの数々…

あーんなことやこーんなこともやってます…というお話でした

 

なるほどな、優秀な財源がさっきの生活を可能にするのか

私の礎になれっ! マジか…どうしてこうなった

 

お会計とその後に

俺「じゃ、そろそろ帰ろうか」

自分から飲み会の終了を切り出すのは久しぶりだな…と思いながら話しかける

お会計は7680円

 

もう自分の心は凍土高原のように冷えていたけれども、

まあ、最後にちょっとぐらいは意地を見せるか…

ということで、譲歩します

俺「払える分だけ払ってくれれば、後は出すよ」

相手「じゃあ、お金ないんで500円でお願いします」

…マジか、500円と7180円との格差か、これがパワーバランスという奴なのか

まあいいやとお会計を済ませて、外に出ての帰り道

 

そのときの俺は、きっと、なんていうか…科学の実験をする研究者のような気分でした

 

さっきの飲み会で、俺は仲良くなれないことを悟ったけど、向こうはどうなのだろう?

表面上は笑ってくれたし、俺の言葉に喜んでくれたけど、仲良くなれたのかな?

 

だから、相手からの好意があるのか確認してみたくなったのです

それともう一つ、あきらめの悪いことに…

ここまでになっても、俺はまだ、

この子と俺、本当に仲良くなれる余地はあるのかな? というのも確かめたかったんです

可能性なんて0.01%あれば十分とアニメやゲームでよく言ってますが

そんな可能性があるのかな? という

 

というわけで、可能性の獣をリスペクトして、俺は彼女に話しかけます

 

俺「せっかく仲良くなれたんだから、手、つなぎたいな」

相手「会ってすぐの人とそういうのはちょっと…」

 

そうですか、了解しました、失礼いたしました 

日常生活でも伏線を張って回収していくスタイル! 

いやいやなんだそれ…というか、なんだこれ

 

というわけで、お互いの利害が一致せず、交渉が決裂しましたので、

今では相手のセミナー宣伝に律儀に返信することはなくなりました

 

そして、一番重要なことなので最後に書き記しておこうと思います

 

Q.外見上、可愛かったですか?

A.いいえ

 

Q.あなたの好みでしたか?

A.いいえ

 

でもね、そんな自分がいいなと思うような素敵な人はね、

こっちがどんなに頑張っても連絡先交換後にどこかで返事をくれなくなるのですよ

 

人間に対する足きりラインが恐ろしく高い人が多いのかね?

もしくは切られた理由を自分でなんとかできないとダメなんですかね

そして、採用側は低価格で参加できて切り落とすだけの簡単設計だから、

マジ採用される側は大変ですよ

 

というわけで、俺の彼女探しの旅は続きます

続きがあがらなかったら、俺の心が折れたと察していただければ幸いです

 

後書き&宣伝! 

いいのか、こんなにぶっちゃけて…という困惑もあります

まあ、でも、こんな奴なのか…と思って楽しんでくれたらいいです

笑い話にしてもらえれば、俺が使った時間もお金も救われます

 

というわけで、こんな人がシナリオを書いているゲームはこちら!

こんなテンションを期待されたら困るけど、

優しく幸せになれるようになってるよ!

 

涙の数だけ強く優しくなれるらしいから、

俺の優しさはもうすごいことになってるはずです

というわけで、優しいファンタジーノベルゲームです!(真顔

 

俺のサラリーマン以外の時間の七割ぐらいは、これにつぎ込まれてます

サラリーマンの俺の情熱、丸飲みしてみませんか?

www.black-gamer.com

 

あわせて読みたい

www.black-gamer.com

今回の記事を言及していただきましたので、続編として書きました

記事の言及での鋭い切れ味と、そこからの反省談になります

ぜひ、後編としてお楽しみください

ちゃんと反省して、次につなげるようにしたいと思います

 

www.black-gamer.com 

前作とも言うべき内容! 敗北に敗北を重ねすぎて

もうやだよぅ、臥薪嘗胆でペロペロするのやだよぅとなってますが

このまま負けっぱなしも悔しいので、今後も頑張ります

 

www.black-gamer.com

この考えになった一番の理由は、街コンで振られまくったのが原因なのかな

いや、でも、元からしてそういう性格なのかも…

これも、今後にあわせてきちんと直していきたいと思います

ねえ、くじけない…って心に決めてしまえば、後は簡単なんだ

 

www.black-gamer.com

なんだよ、俺の人生このままだと失敗することばっかりなんじゃないの…

でも、今まではそれに気づくことすらなく、立ち止まることすらなかったので

もう一回、ちゃんと立ち止まって、自分が何をしたいのか、そのためにどうするのか

きちんと考えていければと思います

 

 

勝手にスペシャルサンクス

www.kandosaori.com

PVに現れない「熱心な読者」の数がすごく大事だと思ってます。個人的には、BLACKGAMERさんの熱意とかそういうものに惹かれます。ほんとに雑記みたいなものも読みたいなとか思ったり。。

ありがたくもリクエストを頂戴したので、挑戦してみました

そして、リスペクトするかんどー姉さんのように

素敵な温もりのある記事にしたかったですが、

ちょっと読者サービスは俺には荷が重かったですっ!

 恋愛とかエロい話とかそういうのが見たい人は、このブログに行くといいです 

 

brightfuture.hatenablog.com

最近、とってもよく読ませてもらってるブログさん!

俺は本当に恋愛が不器用というか、下手なんだと思います

だから、もうちょっとテクニカルな面で必要なものを学びたいと思います

自分の好きな人とちゃんと仲良くなるために、ここに弟子入りして学びます

 

coqeut.hatenablog.com

なぜ、俺の不健全なデートは、ここの不健全なデートと違って

ロマンもあふれなければ、素敵な空気もないのだろう…orz

悔しいなぁ…と思うぐらいに格差を感じながら、すげーと楽しませてもらいました

今回の記事を書く上でも、参考にさせていただきました

ありがとうございました

 

www.in-activism.com

生々しいブラックさんを見たいw

新鮮な生々しさをお届けしましたので、お楽しみいただければ幸いです

雑記だと、ここの土屋さんがうまいし面白いし、何より切り口がいい

今後、ウチもちょいちょい雑記に手を出してみようかと思うので

リスペクトと共に紹介させていただきます

 

nandenandechan.hatenablog.com

ストイックなBLACKGAMERさん。一生懸命で素敵ですが、素顔が見えてくるエントリーが読んでみたいです。名前がBLACKなのに全然、黒くない!

ありがとうございます、ホワイトゲーマーを名乗ろうかと思います

いやいや、出してないだけでブラックですよ、きっと

というわけなので、今後はちまちまとブラック要素を出していきます

好奇心の獣! 赤ちゃんにおっぱいを吸われるとどんな感じ?気持いいの? 

そんな理由で甥っ子に吸わせてみるという豪の者ですっ!

気になる方はぜひブログチェックです