読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


同人ゲーム屋が考える、予算があったらやりたいこと!

同人活動 同人活動-宣伝方法検討

スポンサーリンク



同人ゲーム屋が考える、予算があったらやりたいこと!

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

妄想するだけなら無料だっ! という一言の元に、

もしもお金があれば、どんな同人ゲーム屋ライフが送れるか? を

考えてみることにしましたっ!

 

正直、お金の使い道って自分一人で考えてみても難しいので

案があればコメントなどで、ぜひ教えてくださいっ!

 

 

 

ブログしてる人を対象にネット広告を出したい!

条件:10日間のバナー掲載+1記事でウチのゲームを紹介

報酬:1000円分のAmazonギフトを贈呈

 

掲載確認型の宣伝広告なら、ブログ主が手間をかけた分は保証されるし

ウチは2本以上が売れたら利益になるし、今後の広がりの可能性も見える

そんな感じでお互いwin-winの関係を築けたらと思ってます

 

条件をつけるとしたらこんな感じかな

  • ブログ立ち上げから1ヶ月以上であること(ブログを維持する気があるか)
  • 月間5万PV以上(自己申告制、それ以下の場合には500円に値引きとか要相談)

 

半額キャンペーンが二月までなので、テコ入れしたくなったらやるかも…

興味のある人、やってもいいよと言う人はコメントなどで一声くれたら嬉しいです

 

Amazonに委託販売というか出店したい

services.amazon.co.jp

ざっくり読んで調べてみましたが…

  • Amazonで取扱いのあるものを販売したい場合には小口
  • Amazonで取扱いのないものを登録して販売したい場合には大口

のような感じのようです

なので、もう販売しているものを自分でも売りたい場合には、小口(無料)で参加

今までに取り扱いがないウチのゲームなどを販売する場合には、大口で参加です

 

そして、大口の会費は月額4900円

悔しい、今の俺にはこれがしっかりと支払えるだけの売上がない…

でも、これが出来ると、最初に書いたネット広告にも強みと旨味が出るんですよね

 

だって、俺の周りにはAmazonアソシエイトのプロたちがいるのですよ?

 

アフィリエイトや商品の告知宣伝のプロたちなら、

俺がランディングページを作るよりもよっぽど賢く売ってくれるかもしれません

 

それに、広告掲載の固定1000円+自分で売ったアフィリエイト分が入ってくるとなると

ブログ主の利益にもなりやすいため、お願いしやすくなると思います。

 

年間約6万円という壁はありますし、もし売れることになったとしても

ゲームの在庫補充+発送手続きで地獄を見る事は確実なのですが、

それでも、挑戦してみたいので、たぶん今年中にやりますね

 

4コマ漫画を用意したい 

  • アニメを見てからラノベの原作を読むことはあるけど、原作からは読まないな…
  • 文字とかあんまり好きじゃないんだけど、ちょっと興味はある

そんな人+既にプレイしてもっと見たい人のために、

4コマ漫画を用意できないかと思ってます

 

問題は、報酬額をいくらにするかと、

ネタ出しをやってる暇が俺にあるのか…というところになりますね

最終的には、HP掲載分と未掲載分を混ぜて同人誌として4コマを発売!

みたいなことができればいいな…と思ってます

 

主題歌をつけたい

曲で興味を持ってくれる人、歌い手で興味を持ってくれる人もいるかもしれないし

上手くいけば、歌ってみたなんて話になるかもしれない

 

いろんな意味で、作品が広がる可能性は高まると思います

何よりね、勝手に歌うのが好きな人間としては、

自分のゲームの主題歌とか口ずさんでみたいじゃないですか

もう、それだけで幸せの絶頂ですよ

カラオケで歌えるレベルまでいったら、死んでもいいレベル

 

ムービー、PVをプロに依頼したい

【PV】DAGGER 戦場の最前点【同人ゲーム】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

「動画」「作り方」で検索して、

手袋を編む、お母さんぐらいの勢いで夜なべして作りましたが、

俺には、これが限界でした

 

www.youtube.com

「母さんが夜なべをして手袋編んでくれた」

ネタなノリで検索してみたら、フルバージョンがありましたよ

まさにこんな感じで、せっせこ作りましたですよ

 

果たして、同じ素材を用意したときにプロというのは、

どう料理して、どう仕上げてくれるのか、

その格の違いというのは、読み手やプレイヤーにも届くのか?

試してみたいものではあります

隠し味とかものすごそうですよね、プロは

 

ドラマCDを作成したい

実は、2015年の冬コミで出した小冊子の正妻戦争は、

かなりの部分、ドラマCDを意識して作りました

登場キャラはヒロインの三人だけだったり、短くまとめてるのも、

少し手直しをして三人称視点にすれば、ドラマCDに出来ないか? という野望からです

 

この辺りは2016目標としても掲げている部分ですので

実現のために動いていきたいと思います

 

アニメ化したい

一番最後にして最終の目標は、やっぱりこれになります

ウチのブログの活動理由でもありますね

詳しくは、こちらをご覧ください

www.black-gamer.com

 

ざっくりとアニメ化したいーと叫ぶだけじゃなくて、

もう少し現実味があるところまで落として、

何をどうすればいいのか把握するようにしていきます

 

本当に大事なのは「費用対効果」なのだろうけれど…

1000円使って、10万円分売れたよ!

そんなことができれば、誰もがやってますよね

それが分からないからこそ、みんな、頭を悩ませながら

これだったら…と思ってやってみて、試行錯誤を繰り返していく

 

だから、計算や理詰めが正しいのは理解していますが

自分のやりたいようにやるという感覚を大事にしようと思います

 

妥協するのでも、考えるのを放棄するのでもなく

でも、自分が一番やりたいと思ったことを実現するために動く

それを第一にして、挑戦していきたいと思います

 

予算を確保するためにどうするか?

ゲームの売上でカバーできるのなら、それが一番ですが

万年赤字なウチのサークルでは、それは叶いません

グッズ販売についても検討していますが、興味を持ってくれる人が少なく

まだ実現については時間が掛かりそうです

 

寄付を募ることも考えましたが、

今のままでは、お金を出してくれた方々に満足いただけるほどのお返しが

俺の力では準備できませんので、それについても保留にします

 

Amazonの欲しい物リストを公開するなどの方法も見かけましたが、

ゲームの材料などはたくさん買って山のように在庫がありますし、

その他のプライベートなものをおねだりするのは、何か違うと思いました

 

で、そんなときに見つけたのがこの記事

terakappa.hateblo.jp

 

アフィリエイトをしていない方は御存知ないと思いますが… 

Amazonのアフィリエイトは、そのリンクを踏んで買ってもらうだけで

紹介しているものを買わなくても、紹介報酬が入ります

 

たとえば…

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)

 

このラノベの販売リンクを張ってありますが、

このリンクを踏んでから、Amazon内でお買い物をしてもらえれば、

別の物を買ったとしても紹介の報酬が俺に入ってきます

 

そして、もっと簡単な方法を言うと

Amazonへのリンクを俺のアフィリエイトIDで作っておけば、

何を買っても俺が紹介した扱いになりますっ!

  

Amazonへのリンク

 

上のリンクを踏んでからお買い上げいただければ、

俺の紹介でAmazonの商品を購入した扱いで、報酬が発生いたします。

ブックマークしてそこからAmazonに行ってもらえれば、泣いて喜びます

 

もし、Amazonは普段から使ってるし、損することも特にないから

そういうことなら手間かけてやるよという心お優しい方は

「自分の好きなものを一手間かけて買って、ついでに応援」をしていただけると

泣きながら喜びまわりますっ!

  

よろしければ、ぜひとも、お願いいたします。

皆様へのお礼は、上にあげたやりたいことを実現させて楽しんで頂くことで

お返しできればと思いますっ!

 

あわせてお読みください

www.black-gamer.com

売れない同人ゲーム屋さんとして、即売会会場に行く場合には

一声かけてもらえると飛び上がって喜びまわりますというお話!

売り切れる場所ではダメかもしれませんが、

そうでない場合には、ぜひとも声をかけてみてください

 

www.black-gamer.com

あの人は、月にどれぐらいのシナリオ量を書いてるのだろうか?

シナリオを書く人が一度は気になるその疑問

俺の実測数値とともにご紹介しております 

 

www.black-gamer.com

ブログで宣伝して効果はあったの? というのは、きっと誰もが気になるはず

なので、4か月宣伝した結果、どれだけ売上に変化があったのかを

実際に売れた本数つきでご紹介します