読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのブログ。月間15万PV突破! レビュー依頼、広告依頼はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


同人ゲームのイラストの相場! 絵師さんに払う金額を過去の経験から考察

同人活動 同人活動-始め方

スポンサーリンク

同人ゲームのイラスト依頼の報酬の相場は? 実際の経験から考察してみた

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

f:id:blackgamer:20170120151319j:plain

 

イラストを発注をするときに、1枚いくらでお願いするべきか?

俺が提示する金額って高いのかな? 安いのかな? と、いつも悩んだりするので今回は私の経験から金額の相場を語りたいと思います

 

 

スポンサーリンク
 

 

イラストの相場・作業内容、報酬額内訳、補足など

内容単価備考・前提など
ジャケット

10,000

15,000

  • キャラの人数は2人~3人まで(人数や構図は料金決定前に相談)
  • 表面のみ(表裏が必要な場合には、裏面は別料金)
立ち絵

5,000

10,000

  • キャラクターデザインは料金に含まない
  • 表情差分(6~7パターン)を含む
  • ポーズ差分なし(依頼するなら追加料金3,000円程度)
イベントCG

5,000

10,000

  • 表情差分(2~3パターン)を含む
  • 演出(ロウソクの火がついている→火を消すなど)を含む
  • ポーズ差分なし(依頼するなら追加料金3,000円程度)
背景

5,000

10,000

  • 時間経過のエフェクトを含む(昼/夕方/夜など)
  • 部屋に置く小物などの料金は別途相談(1個500円程度)

【その他/重要】

リテイクや修正依頼は、上限回数と一回あたりの料金を別途相談しておくこと

 

私の社会人になってからの依頼額から相場として考えると、だいたいこのぐらいです

頑張ってセミプロレベルにお願いするときは、もうちょっと多く支払います

備考・前提の部分はご参考レベルです

 

実際に絵師さんと話すべきときに決めておいた方がいいことを書いてます

あと、差分などは金額合計からまとめていくらでお願い…というのもありだと思います

(例:合計96,000円だから10万円支払うんで、差分はある程度融通してくださいなど)

 

スポンサーリンク
 

 

個人的な考察① 相場よりも最低価格を決めるべきだと思う

『同人/イラスト/相場』のような単語で検索する方がいらっしゃるので、今回は同人イラストの相場というタイトルで記事を書きました

が、相場がいくらと公開されてしまうと『じゃあ、それで』という依頼になってしまい、それ以上の価格を出す人がいなくなってしまうのではと心配しています

 

どんなに絵が上手だろうと、速筆で期限に間に合わせようと、『相場どおりに払ってるからいいじゃない』というのは、職人にお願いするなら間違いだと思うのです

 

イラストの相場で代金が決まるなら、どんなに腕が良くても『昇給』が一切ないというサラリーマン以上の絶望的な世界になってしまいますから

 

だったら、どうするべきか? 私は、相場よりも最低価格を決めるべきだと思います

最低価格以上であれば、後はその人と応相談という形にするだけで、ある程度の依頼を足きり(返信の手間を削減)することが出来るかなと思います

そこから先は単価交渉として、各自が金額表を持っているのがベストだと思います

 

フリーランスで仕事をされている方は、金額をネット上に公開するだけでも価格交渉をされてしまうリスクを持ったり、それが原因で作業の発注数が増減したりすると思うので、余計に相場が不鮮明になっている現状だと思います

 

今回の記事が『イラストを依頼するときの相場』として独り歩きするのではなくイラストを依頼する金額の妥当性を考えるきっかけになればいいなと思って書きました

 

個人的な考察② 単価を決めるときに忘れてはいけないこと

そのイラストはオーダーメイドです

イラスト1枚に1万円を払うのは、高い? 安い?

そう問いかけると、高いと感じる方が多いのではないかと思います

 

でも、絵を買うときにこの価格…と思う前に、この違いを認識してますか?

  • 美術館などで完成した絵を1万円で購入
  • 自分が欲しいイラストを『期限内に希望通りに描いてもらって』1万円で購入

この二つはまったく別物です

 

完成した絵を売買するのなら、絵師さんが描く題材は自由ですし、クライアントとの要望の擦り合わせも不要、作業の期限も作者が決められます

その代償として『売れなかった場合には自己責任』という条件があります

 

でも、今回は同人で依頼をする場合なので条件としては下のほうです

絵を買うというより『絵を描いてもらう』という労力に対価を払うのです

どんなものが欲しいのかを把握し、擦り合わせをして作らなければならないうえに、ゲームであれば舞台設定やキャラの特性まで把握しなければなりません

 

オーダーメイドで服を作る並みに大変な作業を時間かけて協力して頂いている

その事実を忘れてはいけないと思います

 

イラスト報酬1万円に掛かる労働時間

1万円というお金の価値についても、もう一度考えなくてはならないと思います

  • 日給一万円(8時間勤務/時給1250円)のバイトが高いと思いますか?
  • 発注するイラストは、8時間以内に仕上がりますか?
  • 1日1枚を休みなく描いても年収365万円というのは適当な価格ですか?

直感的にイラストの料金を高いとか安いとか思う前に、こうした色んな側面の情報を積み重ねた上で、その結論を考えるべきかと思います

イラスト1枚に1万円を払うのは、高い? 安い? 

仕事として考えたときには、高いとは言えないと思います

 

同人とフリーランスの境目が消えてきている最近では、イラストの代金が「趣味のおこづかい」ではなく「給料」な人も少ないないでしょう

そのあたりを考え、もう少し相手に払う価格を考えなくてはいけないのかもしれません

 

同人なのだから支払う方にも生活があります

同人である以上、依頼をする側もプロではなく、生活をする上でお金は必要です

なので、同人で使えるお金は、言ってみればおこづかいです

その趣味にいくらまでお金を使えるか? と言ったときに1万円という金額は決して安くないと思います

 

イラストを買う以外にも出来ることはいくらでもある

それでも、イラストをお願いして自分の思い描いたシーンを描いてもらってゲームが作りたい、そんな情熱がないと(もしくはあっても)、単価として1万円を払うのは大変だと思います

  

そもそも、同人はお互いに素人が協力してゲームを作ることが大半だし、安いとか高いとかいう話になるのなら、ゲームが完成したら売上を山分けにするのも一つの手なのかもしれません

(俺はイラスト、音楽は買い切りで、シナリオ&スクリプトを一人でやっていますので、複数人サークルの運営時のノウハウは知らないので、そこは言及できません)

 

スポンサーリンク
 

 

超脱線で超蛇足に俺の想いをつぶやく

低賃金で働き続けるオタク業界で物作りをしてくれる人たちの状態をなんとかしたい

そんな声は、ネットをやっていると目にすることがあります

でも、業界をなんとかするのなら業界の中にいる人には無理だと思います

 

『不当に搾取されている現状』という表現を何度か見ましたが、それを今の給与体系として理解した上で、みんな仕事についています

 

不当に搾取されているから搾取している側の給料が高いかどうかはさておいて…

給料の高い人は、その椅子に座るために頑張って能力を高め、受験戦争や就職活動を戦い抜き、過酷な社内の椅子取りゲームに勝ち残ったのです

 

そんな人たちが、ある日突然、複数人で一蓮托生して奮起し

『僕の給料が減ってもいいからあの人たちに払ってあげて』と言いだすなんて「起きないから奇跡って言うんですよ」という名言を持ってしても足りません

今の生活もあれば、守るべき家族もいるだろうに給料を減らしてくれなんて無理です

もはや、それは優しいという言葉では語りつくせない何かの権化が生み出す超常現象…というか、怪奇現象の類ですね、もはや無欲すぎて人ではないね、こわいね

 

で、そんな聖母すらも超越してしまった人たちが、『俺の給料を減らしやがって』という数多の憎しみを背負いながらも完遂する…なんて、その会社が倒産する以上に難しいことじゃないかと思うんですよ

 

会社の社長が魔王ならまだ話は簡単ですが、実際はいなくなっても別の人がやるので『私が死んでも第二、第三の魔王が…』という昨今の常識が適用されます

むしろ、討伐した人は英雄とか勇者じゃない別の何かになってしまう可能性が高いです

 

現実での労働環境の改善は難しく、現実的かどうかを別に可能性でいえば、びっくりするほどの資産を蓄えて会社を設立して『お給料を多く払う』ことぐらいです

が、簡単に実現できないのはお分かりの通りです

 

そして、そんな大きなことができないけれど、それでも何かをしたいというなら、そんな人ができることは『作ってる人たちにお金を払う』ことだと思います

 

仕事をして自分の財布を膨らませ、相手に対して渡す金額を少しでも増やす

それ以外の方法は思いつきません

 

可哀想に、誰か助けてあげればいいのに…では誰も動きませんが、自分が払う金額をあげることはできます

 

ただ、俺は業界全部を変えるような影響力は誰も持っていないし、自分にも到底そんな力はありません

なので、自分がイラストを依頼する人たちにきちんと報酬を払うことで少しでも実現していければと思います

 

あわせて読みたい

DAGGER 戦場の最前点 表紙

『泣きたくなるほど優しい』を届けるファンタジーノベルゲーム

私がシナリオ&スクリプトを担当しているオリジナルのノベルゲームです

今回は、こちらのゲームを作る際のイラスト発注から金額の相場を検討しました

 

同人ゲームの作り方