読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


【初心者向け】同人ゲームの作り方その2 仲間募集とシナリオ準備

同人活動 同人活動-始め方

スポンサーリンク



はじめに

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

www.black-gamer.com

 

前回で作りたいものが決まり、さて、作るぞ! という場合

自分の担当場所以外は、誰かの手を借りることになります

そんなときにどうすればいいの? という話です

 

 

仲間とゲームを作る

ルイーダの酒場的な場所が、きちんと同人にも用意されていますので、

下記のリンク先「助っ人さんを募集していますっ☆」をご利用ください。

私も、過去に何度もお世話になってます。

 

DAGGERにご応募いただいた音楽担当さん、イラスト担当さん、

ほとんど全員ここでご応募いただきました。

www.sukebo.com

 

ゲーム制作を主催する人は、メンバーの募集ができます

イラストや音楽の創作活動をしている人たちは、

ここで自分の作品を使ってくれる(買ってくれる)人を探すことができます

 

クリエイター系の求人サイト(素人版)みたいな形なので

ちらっと覗いてみると楽しいと思いますよ

  

募集の前に! ゲームの未完成を防ぐためにシナリオを準備しましょう

シナリオが用意できずに未完のまま終わったゲームは、数知れません

なぜなら、音楽やイラストはシーンの削除や使い回しでフォローができるし

別の作り手にお願いすることになっても、作品にあっていれば完成します

 

でも、シナリオが完成していない場合、

そこまでで打ち切るぐらいしか対策ができません

 

一番厄介なのが、最初と最後(クライマックス)があって途中がない状態!

話を上手につなげることができなくて、整合性がとれなくなってしまうと

手の施しようがないときがあります

 

もし、自分がシナリオ担当で、一度も物語を完結させたことがない場合は

  • シナリオを書き上げるまで募集をかけない
  • ゲーム制作ではなくキャラデザのみを依頼してシナリオを書きあげる

このどちらかを強くオススメします

 

そして、もし自分では書かずに、誰かに脚本を依頼するのであれば、

それが出来上がってからゲーム制作に着手したほうが成功率が跳ねあがることを

どうか知っておいてください

 

ワンポイント! 誰かと連絡を取り合えば、それだけシナリオに回す時間が減る

メールチェックとメール送信は、片手間の作業ではありません

同人ゲームを作る上では大事な仕事であり、時間が掛かります

 

誰かと作業をしている以上、返信は優先すべきだと思いますが

その場合、自分の作業が進まずに締切が厳しくなることも珍しくありません

まさに急がば回れになりますが

完成させてから依頼をかけ、スクリプトに集中するぐらいが

一番理想的な開発だと思います

 

まあ、理想だからほとんど叶わないのですけどね

 

ワンポイント! 全体が決まっているほうが必要な素材を準備しやすい
  1. 背景は何枚必要? 
  2. イベントCGをどこにいれたい?
  3. 音楽は何種類あればいい?
  4. 効果音はいくついる?

これがはっきりする前に募集をかけて、

メンバーが指示待ち状態になると、失敗することがとても多いです

 

待っている人も他に予定があるわけですから

自分の準備ができるまで待たせておけばいいやという考え方は

しないように気を付けましょう

 

ワンポイント! その素材、削減できませんか?

素材で特に悩むのが背景とイベントCG!

ゲームを作る上で一番の制約になるのは、こいつらです。

 

具体例:主人公の家で発生するイベントと必要な素材

  1. リビング:主人公とヒロインと食事
  2. 主人公の部屋:主人公とヒロインがイチャイチャする
  3. 廊下:主人公とヒロインが立ち話をする
  4. 玄関:お見送り or お出迎え
  5. キッチン:ヒロインがエプロンつけて手料理
  6. お風呂:ラッキースケベ的な展開

こんな風に書きたいシーンを書いていくと、

素材となるイラストが足りなくて困ることになります

自宅だけで6枚を使用してしまうと、他の場所で使える枚数が少なくなってしまう

なので、調整や削減をするのなら、私ならこんな感じにします

  

  • リビング:背景&立ち絵。食事は余裕があれば、テーブルに小物レイヤーを依頼
  • 主人公の部屋:背景&立ち絵で表現
  • 廊下:削除(主人公の部屋やリビングなどで相手を迎えるようにする)
  • 玄関:削除(リビングor家の外の街まで移動してもらう)
  • キッチン:リビングで背景&立ち絵(気合い入れたいならイベントCGを検討)
  • お風呂:イベントCGで1シーンのみにする

 

これで、6枚必要に思われた背景 or イベントCGが3~4枚になりました

このように、シーンや場所を選択していかないと、素材がやたらと必要になります

もし、学園ものを書く予定で学校の教室、廊下、食堂なんてやっていたら

背景を用意するだけでもかなり苦労することになります

 

このあたりは、ゲームのシナリオと小説の違いとして、

そのうち特集してみたいと思いますので、今回はさわりとして覚えておいてください

  

最後に

今回は、仲間を集める方法と仲間を集める前に準備しておきたいことの話でした

特に、仲間を集める前にシナリオの準備をしておくことについては

可能であれば、ぜひともやっておくことをオススメしますっ!

 

そんなの待ってられないねっ! 俺は今すぐにでも動き出すぜっ!

という方は、その情熱が消えないように頑張ってください

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!