ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


グルメラノベで飯テロ! 美味しそうなおすすめのライトノベル

スポンサーリンク

-次に読むラノベをお探しの方へ-

www.black-gamer.com

次は何を読もうかな? そんなあなたにカテゴリ別でラノベをオススメします!

 

飯テロなグルメ系ライトノベル! 美味しそうなオススメのラノベ

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ! (MF文庫J) 

美味しい物を食べるのって、本当に幸せですよね

それと同じぐらいに、美味しい物を食べてる人を見るのが好きです

ああ、ほんとうに美味しそうに食べるなあ、幸せそうだなぁ

 

そんな姿を見るだけ、ほっこりと心があったかくなるんですよね

そんな、お腹が空いて心が温かくなる美味しそうなラノベ、まとめてみました

飯テロされてお腹を空かせながら、じっくりと楽しみましょう

お気に入り順に上から並べてます!

 

 

異世界居酒屋のぶ

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

「トリアエズナマ」は『世界共通』どころか『異世界共通』だった

異世界の城下町に店の入口がつながった『居酒屋のぶ』

大将と看板娘が営む粋な小料理屋は、異世界でも大人気でした

 

一口食べては驚き、喜んでくれる、お客さんたちのリアクションが何よりも素敵です

食材に、調理方法に、食器に、その全てに新鮮に驚き、喜んでくれる

それは、日本の料理を外国人の方が喜んでくれるのと、きっと似たような感覚なのでしょうね

慣れ親しんだ食事を未知のものとして楽しんでくれるところや、自分の世界の価値を再発見できるあたりも、面白さのポイントだと思います

 

生ビールに鳥の唐揚げもよし、冷酒を楽しむもよし

どれもこれも美味しそうで、読みながら食べたく、そして、飲みたくなってきます

 

だんだんと常連が増えていく様や、人間関係の広がりも楽しめるポイントでした

国の重鎮たちもうまいものには目がない、そして、何よりも食べ物は人を幸せにする力がある、そんなことを再認識させてくれるラノベでした

異世界食堂

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫) 

異世界の住人に日本の洋食食べさせたらどうなると思う?

異世界の住人に洋食を振る舞うためだけに描かれた、この物語

何よりいいのが、食事を楽しんだ人のリアクションの比重がとっても高いところです

 

個人的に、調理の過程や料理の薀蓄(うんちく)はほとんど飯テロになりません

やっぱり、美味しそうなご飯を食べてる幸せな姿が一番クルと思うんですよね

それを、このラノベは本当に大切にしてくれている、それが最高です

 

我々が慣れ親しんだ洋食を、異世界の住人が未知の食事として楽しんでくれる

そして、熱烈なファンになってくれる姿は見ているだけでニヤニヤしてしまいます

各キャラたちの洋食屋「ねこや」と食事への愛の深さが見られるのがいいですね

 

一話ごとにテーマとなる料理が決まった短編集になっていますので、さらっと手軽に読める点もオススメです 

【関連記事】異世界食堂 1巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

【関連記事】異世界食堂 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ヴァルハラの晩ご飯

ヴァルハラの晩ご飯 ?イノシシとドラゴンの串料理?<ヴァルハラの晩ご飯> (電撃文庫)

なんとも『おいしい』主人公でした

右上のイノシシが主人公かつ食材です

一日に一度だけよみがえるという特性を持つ主人公なので、毎回美味しく料理されます

 

次々にヒロインを美味しく攻略しながら、自分が美味しく食べられるという二度おいしい話

どんなグルメ料理よりも、主人公のポジションが一番美味しいという話ですけどね

ヴァルキリー姉妹からロキまで、エライポジションの人みんなと仲良くなってチヤホヤされるようなお話です

 

内容はグルメより萌え神話要素が比重強め、ほのぼの系神話コメディです

物語の面白さとしてもピカイチでしたので、チョロイン(チョロいヒロイン)、ハーレム、コメディを求めてる人にもオススメです

そして、イラストがとにかく可愛い、そしてエロい、そういう意味でもオススメです

とんでもスキルで異世界放浪メシ

とんでもスキルで異世界放浪メシ 1 豚の生姜焼き×伝説の魔獣 (オーバーラップノベルス)

異世界へ召喚されたときに付与されたのは『ネットスーパー

現地の通貨でAmaz○nが使えて、塩や胡椒(こしょう)はとんでもなく高値で売れるよ、やったね!

そして、作った料理を伝説の魔獣『フェンリル』が気に入ったおかげで、旅の安全も確保できました

 

果たして、金も安全もばっちり確保された異世界旅行のできあがりです

 

旅の仲間はフェンリルとスライムという、魔物使いのような編成なので、女神さまはいるものの恋愛要素とかはほとんどない感じですね

異世界を気ままにのんびり旅しながら、料理を出して喜ばせるというコンセプトなので、まったり平和な話が読みたい人はどうぞ

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ! (MF文庫J)

気分が落ち込むと世界に終末をもたらしてしまうお姫様が、異世界からやってきた!

なし崩し的に同棲開始! そして、今日もまた最後の晩餐でご機嫌を直してもらう

 

ご飯も美味しそうに食べてくれますが、何よりも日常のラブコメが大目ですね

一番力が入っているのは、たぶんコメディ部分ですね

  • 主人公の両親が出張
  • 隣にいる幼なじみが朝起こしに来てくれる
  • 幼なじみは主人公にベタ惚れな巨乳の女の子
  • 異世界から姫が来て同棲開始(恋愛感情は理解なし)

 

というわけで、古来より伝わるギャルゲーの条件でも満貫は固いので、そういうのが好きな人はいいかもしれません

個人的に、キャラ名が日本酒名由来なあたりから、酒への愛を感じられて好きです 

 

どうせなら主人公とヒロインたちも高校生じゃなくて大学生にして、みんなで飲んでくれたらいいのに…と思うのは俺がお酒大好きおじさんだからですかね

傭兵団の料理番

傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)

異世界に飛ばされた料理が得意な少年が出会ったのは、戦場を駆ける傭兵団

料理番へと立候補することで、少年は自分の生き延びる術を手に入れる

 

傭兵団だから血なまぐさいのかな…と心配してましたが、内容的にはほのぼのでした

傭兵団は8人の幹部がいますが、誰か一人と主人公の話を毎回やる形です

 

主人公視点と傭兵視点の二回で物語は展開され、台詞などは全て同じで感じたことや考えたことの違いが分かります

発想としては面白いですが、知っていることを二回読む形になるので、『くどい』という印象になるところもあると思います

 

ただ、1キャラずつを大事にして描かれていますし、大好物として生涯愛し続けている描写などは好きです

だんだんと心を開いて許しあうところや、傭兵団の中でも中核を担うようになっていくところ

そんな進展をゆっくりと見守りながら、キャラが笑顔になるのを楽しむ作品だと思います

表紙を飾ったリルさんが一番可愛くて個人的には大好きです

あわせて読みたい

次に読むラノベをお探しの方へ
  1. ラノベおすすめ! ファンタジー、ラブコメ率高めに厳選!【62選】
  2. 【ラノベ】おすすめなハーレムのライトノベル10選【ランキング】
  3. 【おすすめ】セリフ回しと会話文が面白いラノベ3選【オススメ】
  4. 可愛い妹が登場するラノベおすすめランキング!8選
  5. 小説家になろうでおすすめ作品をランキング形式で紹介【あらすじ付/10選】
  6. 異世界トリップ・異世界召喚・異世界転生でおすすめのラノベ!