読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活 01巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

ラノベ ラノベ-Re:ゼロから始める異世界生活 ラノベ-MF文庫J

スポンサーリンク



今期の神アニメ【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活 01巻を読んでみました

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

間違いなく神アニメという太鼓判をオタ仲間からもそうでない人からも言われ

そんなすごい作品をノーチェックだったのか…と思って、慌てて読み始めました

 

基本、原作読んでからアニメ見たい派なんですよね、俺

だからアニメが見れるようになるまでにスゲー時間が掛かるというね

まあ、そんな話で今期の神アニメと言われるリゼロのラノベ第一巻、読了です

 

 

あらすじ

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。

これは流行りの異世界召喚か!?

しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。

そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。

恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。

 

だが、ようやくその手がかりが掴めた時、

スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした

―筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。

「死に戻り」―無力な少年が手にしたのは、

死して時間を巻き戻す、唯一の能力。

 

幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、

待望の書籍化!

 

―たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。 

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

 

スポンサーリンク
 

 

ゲームでやっていたループの世界を見事にやってのけたラノベ

ゲームオーバーからのニューゲーム(orコンティニュー)と言えば、

そこは、セーブとロードが実装されたゲームの領域です

そして、死に戻りは「作中のキャラクター」ではなく、「プレイヤー」の特権でした

 

「あれ、こっちの選択はダメか。じゃあ、こっちはどうだろう?」

 

そうして試行錯誤を積み重ねて、正しい回答に辿りつくまで悪戦苦闘を繰り返す

それをまさか、作中のキャラクターに求めるような話があるとは思ってませんでした

 

ゲームの場合、コントローラーを握って選択するのはプレイヤーですが、

プレイヤーの代わりにその苦労を全て肩代わりしてくれるのがこの作品の主人公です

どうすればいいのか分からない中で自分の頭で必死に考え、

命を賭けて失敗を繰り返し、失っても前進し続ける姿にこそ震えが来ます

そして、何度繰り返せるか分からないという恐怖に立ち向かうわけですからね

その恐ろしさたるや、想像を絶します

 

いかにして自分の経験を積み上げるか? どうすればその先に行けるのか?

それを求めて必死にもがき苦しみ、その身を犠牲にし続ける姿はもちろんのこと

周囲の誰もが、自分が積み上げてきた苦労を知らないとしても、

誰もが笑顔になる結末を決してあきらめずに追い求め、

自分が救った人たちのことを見て、一緒に笑うことができる彼はすごい

 

そんな展開が心地よく、じっくりと楽しむことができました 

 

スバルという存在は、癖やアクはそれほど強くないと思いますが

だからこそ、受け入れられやすいのではないかなと思います 

 

作家の頭の中を見ているような気分になります

そもそも、ライトノベルを書くとき、作者はプロットを書くだろうし、

プロットを作り上げる段階で、いろんな可能性を考えると思うんですよ

 

どの順番で、どこにいくか?

行く場所を決めたら、そこには何人でいくか?

そのときに、描写をされていない他の人間はどこで何をしているのか?

 

その試行錯誤を繰り返して作品とは出来上がるのだと思いますが、

(少なくとも、俺はそういうことを考えて物語を書いてますが)

この作品は、その一本の回答に至るまでに、あわせて複数の失敗まで作り上げています

 

作家の考えた中には、これだけの選択肢があった

その中でも選りすぐりの案を見せてもらってるような気になってくるのですよ

だからこそ、この作品はいい 

 

スバルの悪戦苦闘の裏に見え隠れする、作家としての悪戦苦闘も

この物語を引き立たせるポイントになると思います

 

全ての選択肢を本気で考え、どこでどんな情報を回収させるか考え

その上で、次の回とどのようにつなげていくのかを考えるのは

パズルという表現ではとても足りないほどに

複雑な思考と試行を繰り返さないといけないでしょうから

そんな過程を通り過ぎて、練りに練られた話がつまらないわけがない

そう感じられる作品でした

 

衝撃展開なので、疲れてるときにはちょっとしんどい

先にあげた通りに、いいところもたくさんあるんですが、

個人的にちょっと苦手だったところも書いておきます

 

死に戻り能力=必ず本人が死ぬし、周囲にも少なからず被害が出るわけじゃないですか

どんなに生きかえると分かっていても、やりなおせると思っても

それでも、人が傷ついたり死ぬシーンや、悲嘆に暮れる顔を見る回数が多い

というか、それを前提にしないと必ず笑顔にたどり着けないだろうという作品構成は

どうにも、読んでる側の体力が奪われていきます、毒の沼地のように

 

乗り越える壁が大きければ大きいほど、その満足感はすごいと思います

でも、だからこそ、その壁や道の険しさに負けないような気分のときじゃないと

気楽に手を出したときに疲れた方向に傾いてしまいそうだな…と

そんな心配はありました

 

キャラへの愛着などが沸いていくから、この先は余計に辛くなるだろうなぁ…

と、感情移入してたキャラが死ぬ展開になると寝つきが悪くなる人間なので

そういうのに影響しないかは、この作品との付き合い方の中でちょっと悩む場所でした