読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


名刺交換で満足する俺へ。その後の人間関係がうまくいかない理由を探る

雑記・コラム

スポンサーリンク



その後につながらない人間関係の理由を自分に問いかける

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

「12年とか同人やってるんだよね、知り合いとかいっぱいいるの?」

「いや、まあ……顔見知りくらいは?」(ほとんどいないな…)

同人業界は入れ替わりが激しいという言い訳を使ったにしても、

俺の同人側での交友関係が少ない理由には弱すぎるんですよねえ

 

だから、「僕は友達が少ない」とかいうタイトルにも過剰反応するんですよ、俺は

 

で、ちょっと考えてみて、このままだとやだなーと漠然と思ったので

ちょっと反省してみることにしました

 

 

自分に余裕がない/やりたいことが多すぎて間に合ってない

ドラクエの魔法を使う際にはMPが必要、これ常識

まあ、名前に差はあれど、ファンタジー系の魔法は魔法力が尽きると使えませんよね

それと同じく、現実で行動するにもMPが必要だと思います

 

一日でやれることには限界がありますが、それは時間的な制約だけじゃなく

本人のやる気や集中力にも大きく関わると思います

 

基本的に、俺は自分のゲームを作ることだけにMPを注ぎ続けてきました

もうね、ひたすらに打ち込んでいいものを作り上げる職人を気取っていた

「こんなにも全力投球な俺、格好いい」という考え方で

ま、今もそれは直ってませんね、ストイックな自分に自己陶酔はしてると思います

 

なので、人へのコミュニケーションに回すMPを用意してなかったのが

俺が人間関係をうまく続けられない一番の理由になります

リソースを割いてなければ、そりゃあもう、どうしようもないですよね

でも、理由はそれだけありませんでした

 

コミュニケーションで失敗したくない・重く考えすぎる

そもそも、コミュニケーションってMPいるの? という人も多いと思います

ツイッターとかで雑談してるの超楽しい!とか思ってる人たちはこういう感覚かな?

でもね、それが俺にとっては薄氷を踏む思いだから、正直しんどいです

 

  • いきなりつぶやきに対して話しかけたら困るかな?
  • どんなふうに話しかけたら、この人は喜ぶだろう?
  • 返事が返ってこないのは、俺が書いた内容がまずかったからかな?
  • どうして、俺の文章は相手を楽しませられないのだろう?

 

そんな風に思うから、リプライの文章を書いては消し、書いては消し

結局、迷って送らないこともけっこうありました

勇気を出して送って反応がないとね、もうそれだけで後悔するんですよ

 

だから、俺は用事がないと人に声をかけるのが苦手です

話をする雰囲気になっていればわりと自然に話せます

誰かと食事に行っても、話題の引き出しはそれなりにあるので楽しませられます

 

ただ、問題なのは、話しかけるきっかけが用意できないし、

「話しかけに行く」という行為が苦手で嫌いなことです

特に、ちょっとした雑談や雑なコミュニケーションが、とにかく苦手です

 

じゃあ、そもそも、なんで雑なコミュニケーションが苦手なのか?

俺が人から嫌われるのが嫌で、無視されたりするのもイヤだからです

 

なんで嫌われるのが苦手なの?

もともと、嫌われたくないのは当たり前なのかもしれませんが

こうなったきっかけと思える部分も、理由がいくつか思い当たります

 

高校時代に嫌いだと一方的に告げられ、

理由も言われずに二度と会話をしなかった人がいたこと

(自分はいつの間にか相手を怒らせていることがあると知った)

 

親友だと思い、ケンカになった後も仲直りをしようとしても結局できなかったこと

(仲直りは、相手が聞き入れてくれなければ叶わないことを知った)

 

そして、一番大きかったのが、7~8年ぐらい前になりますが、

会社に入って二年目で部署異動したときのこと

右も左も分からない職場にいきなり入って、

そこにいる一人しかいない先輩から嫌われたおかげで、それはもう酷い目にあいました

 

会社に行くのが苦痛で、ふざけるなと思いながらも歯を食いしばって

このまま会社を辞めたら俺は二度と立ち上がれなくなると言い聞かせて

一人暮らしなので会話はせず、でも、逃げたくて、救いが欲しくて、

同人ゲームが売れたら会社辞められないかなーなんて夢見がちなことを考えながら、

ひたすらに同人ゲームを作ってました

 

逃げ出したかった、救いが欲しかった、誰かに今の俺の状況を何とかしてほしかった

職場を逃げるように定時で帰り、午前2時までやってるファミレスに直行し

ドリンクバーを片手にひたすらにキーボードを打ち込む毎日

そんな感じでDAGGER 1章 戦場の最前点が出来ました

本当に俺の「助けてほしい」を、「こうあってほしい」を詰め込みました

 

俺は、たぶん、優しいノベルが書きたかっただけじゃない

本当は誰かにその優しさを向けて欲しくて、

俺がしてほしかったことを、

されたら嬉しいだろうな、幸せになれるだろうなと思えるものを

ひたすらに力を入れて、魂を込めて、書き続けたんだ

 

アイシスが嬉しくて泣いたとき、ティストが救われたときに

俺は、自分で作ったのに、本当に良かったと思ったから

 

と、なぜかDAGGER 出生秘話みたいになって、すごい勢いで話が脱線しましたが…

 

俺の失敗は、その先輩とうまくやれなかったことだと思ってます

 

相手もどうなのよ…と思うぐらいにいろいろ問題がある人でしたが、

俺も反省すべきところや問題はたくさんありました

だから、あの時間は俺の自業自得だったのかな…と思ってます

 

あの時間のおかげで、もう死にたいと思うようなことが何回もあったし、

対人恐怖症にも足を踏み入れた、会話をするだけで涙が出そうになったことも多々ある

自分が壊れていくのを感じることができた

 

後輩よりも給料が安いと知って、ああもう、何もかもどうでもいいやと思って

あの職場を離れるまでの四年間は、たぶん、生きながらにして死んでいたのだと思う

 

だからね、そんな風になるのは二度とごめんだと思って、

誰かに嫌われないために、頑張って理想の俺を演じているんですよ

相手を怒らせず、不愉快にさせず、楽しませ、平和にいられる(であろう)自分をね

 

割といいんですよ、理想の俺

ああしておけば良かったな…という後悔を持ちにくいし

少なくとも俺はベストを尽くしたと思える(言い訳ができる?)から

 

そもそも、そこってこだわるところじゃなくね? と思えば相手にあわせられるし

その程度で人間関係が良好になるなら楽なものだと本気で思ってます

優しくしたり、気遣いをしたことで喜んでくれる人も少なからずいますしね

 

理想の俺は、俺がやれる中では最高スペックを出して頑張ってるし、

周りからもそれほど悪くない評価をもらえてます

 

だからこそ…なのかな? 俺は誰かに嫌われるのが恐い

だって、これ以上はもう出せないよ、出来ないよ、俺にとっての精一杯だよ

だというのに嫌われるのなら、もうどうしていいのか分からないよ

 

まあ、そんなことを思いながら

オタクなサラリーマンの俺が彼女が欲しくてした4つのことを実行していたから

どんなに頑張って連絡しても乗り気になるどころか音信不通になる女の子しかいないのは

絶望以外の何者でもありませんでしたね、ええ、マジで

 

俺はコミュニケーションを続けたいと思うのに、終わりだと言われてしまうから

だから、俺は自分の行動がこれでいいか、迷ってしまう

 

彼女が欲しいなら自分を見直せ

これは、モテない系の恋愛指南に行けば、ほとんど必ずと言っていいほど出てきます

今のあなたに問題があるから、彼女ができません

なので、頑張ってあなたは今の自分から変わってください…と

 

声のかけ方が悪いのかと思っては、ラインやメールなどの文章を迷うし

反応速度が速すぎるという指摘を見ては、数分から数十分あけてからレスをし

長文だからだと言われては、自分が頭を悩ませて書いた文章を削る

 

もう本当に、苦行か何かかと思うね、実際

 

原因がそこにあったのかないのかは分からないけれど、

今までにそれで失敗しているのなら、変えてみるしかない

だから、俺は原因をそこに決めた

 

自分の何かが欠点だと思い込み、改善して、しかもそれでちょっとマシになった

だから、余計に自分が何をしたいのか、どうしたいのかを迷ってしまう

モテないオタクの悩み! 欠点をなくす努力は、どこまですればいいの?

そんなことを素で考えるぐらいには頭を悩ませ人とのコミュニケーションを考えている

 

それでも何も結果につながらないのだから、いい加減に投げ出したくなる

ただ、「ありのまま」と「気遣いのできない」の線引きは今でも分からないし

俺は、今の俺が何も考えないで自由に振る舞っている俺よりも

上だとは思っていないし認めるつもりもないのだから困ったものです

 

ちなみに、これは、何も女の子相手に限った話じゃないです

 

他の人とは仲良くしている、楽しそうにしている

でも、俺はそれが上手にできていないから

ツイッターで、他の人たちが楽しそうにしてますよ、という通知を見ては

ああもう、うるせえよ…と思いながらそのまぶしさに目を閉じてうらやみます

 

正直に言えば、親友と呼べる存在もいるし、友達だってそこそこいる

男友達に関して言えば自慢できるぐらいにいい奴がそろってくれてるし

俺は今の交友関係で満足している

 

でも、だからこそ、他の場所でも、今より上手くやれるんじゃないの? と思うから

余計に失敗に臆病になる、そこで失敗したところで何もないのに

 

お金を払わされるわけでもなければ、俺が怪我をするわけでもない

ちょっと恥ずかしいなと思って終わるだけのことを、

俺は火傷でもするみたいに恐れて、逃げ回っていた

 

こうして文章にしてみると、なんなんだろう? 何が嫌だったのだろう? と思うけど

漠然としていたら、そのままイヤだな、恐いなと思うだけだった

 

思考の整理というか自分の対話という意味では文章を書くのは一番なのかも

頭の中で考えたことは、後で見返せないし、どこかで忘れてしまうから

 

自分に自信を持てというトンチンカンなアドバイス?をいただくこともありますが

正直にいって、自信は持て余すぐらいに満ち溢れているから大丈夫です

俺は自分を特別だと思っているし、

俺以上にすごい奴なんてそうそういないと思ってるので

 

あーでも、だからこそ、それが否定されたくなくて、俺はムキになるのかな?

それとも、ムキになった程度じゃ相手の考えまではどうしようもないから、

俺はコミュニケーションをしないようにするのかな?

 

考えればまだまだいろいろ余地はありそうですね

 

俺は、誰かとのコミュニケーションに一喜一憂しすぎる

ちょっと話は変わりますが、もう一つ自分の欠点を

本当に、なんとかしたいなぁ…と心から思うけれど、こればっかりはどうしようもない

 

ブログのコメント一つでやる気をもらうし、書く気が失せる

ニコニコに投稿している動画のコメント一つとっても嬉しくてニヤニヤするし

罵倒されるのならもう動画なんて作らないし上げないよと思う

 

でも、この感情の揺れがなくなったら楽しいかと考えると、

きっと、その先にあるのは、一憂とひきかえに一喜まで失った未来だと思います

なので、ここは現状のままでいいかなと思ってます

 

もう出来上がってるコミュニティに入るのが苦手(嫌い?)です

ついでにもう一つ、あげておきます

「お邪魔します」の感覚で人の輪に入り、「お邪魔しました」で帰ってくる

オフ会とか会社の飲み会とかもそうですが、

既に既存で出来上がっているとそこに溶け込むのが苦手です

 

別に、俺そこに必要なくね? と思ったら、基本的にもういいやになりますので

だから、基本的に俺は自分の集まりは自分で作り上げてますし

好き勝手に楽しくやってます

 

自分は効率厨だから見返りが欲しい

で、せっかくここまで書いたので、もうちょっと自分を振り返ってみると

自分が効率厨(効率を気にしすぎる)だという自覚はあります

だから、俺はきっと何をするにも、俺が時間をかけただけの見返りが欲しいのです

 

そして、失敗する可能性があるなら、手間をかけてまでやりたくないのです

そんなに暇じゃないんだよ、俺は

俺の時間を使った結果、人から嫌われるだけなら、そんなのいいよ 

きっと、これも素直な気持ちです

 

じゃ、誰かと仲良くなって、仲良く遊ぶ時間はあるのか? と聞かれたら

今ある何かを終わらせないと、その時間はたぶん取れません

 

持ちきれないのに、抱えきれないのに、それでも欲を出し

その結果がついてこなければ、もう手を伸ばすのさえ面倒になる

なんとも難儀なことになってますね

 

最後に 

ま、でも、ここまで自分と向き合ったのだから、ちょっと良かったかな…と

実際、声をかけて反応されなくて、だから何? となるはずなのに

何をそこまでビビッていたのだろう? と思う

そこには相手を不愉快にさせたくないとかいう謎の気遣いにも満ちあふれていたけれど

誰得な気遣いは本当に誰も得をしないので、

もうちょっと使いどころを考えるべきだと反省しました

 

このエントリーは、うっとうしくなったら消すかもしれませんが

たまに読み返して、もうちょっと冷静に見返すと

また悶絶できていいんじゃないかと思います

ああもう、絶対これは足をジタバタするコースまっしぐらだな

 

にしても、おかしいな、同人で名刺配りの後に連絡が途絶えてしまうエントリーにして

俺は自分から話しかけるのが苦手…っていうだけの話にするつもりが

どうしてこうなった…

というわけで、その話はまた今度書きます、タイトル詐欺ですみません