読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


ゼロの使い魔 22巻 (最終巻)発売日2017/2/25 あらすじ紹介【ついに完結】

ラノベ ラノベ-ゼロの使い魔 ラノベ-MF文庫J

スポンサーリンク



ゼロの使い魔 22巻 ゼロの神話(最終巻)発売日2017/2/25 あらすじ紹介【完結】

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

 

一時期はラノベと言えば…という代名詞的な扱いも受けていた大ヒット作品

長く長く愛され続け、異世界トリップの火付け役ともなったこの作品の最後の一巻の発売日が公開されていますので、ご紹介となります

 

作者の方は亡くなられ、プロットを元に別の方が代筆された最終巻になりますので、ご注意ください

ルイズコピペを張りまくってた人も、アニメ派で釘宮病をわずらった人も、ぜひ一緒にお楽しみください

 

 

ゼロの使い魔 22巻 あらすじ紹介と思い出語り

ワールド・ドアの奥に映し出された地球。

そして、教皇によって語られた真実。

それは、究極の選択を迫るものだった。

 

リーヴスラシルのルーンがサイトを蝕む中、

サイトとルイズによる最後の神話がいま幕を開ける――。

ああ、もう本当に終わってしまうんだな

そう思えるあらすじを噛みしめながら、少し過去を振り返ってみようと思います

 

2004/06/25に1巻が発売されました

2013/04/04に作者であるヤマグチノボル先生が亡くなり

2015/06/25に別の人物に引き継がれることが公表され

2016/02/25に21巻 六千年の真実が発売されました

 

そして、2017/02/25、ちょうど21巻から1年後

13年近く愛されてきた長編小説が、ついに終わりを迎えようとしています

その事実だけでも、なんだか嬉しいような、悲しいような、複雑な気分になりますよね

しかも、執筆者の先生は亡くなられており、先入観を持たせないために名前を伏せた別の方が続きを書くとあって、賛否両論はあると思います

でも、個人的には完結させてくれたこと、結末を見せてくれたことを心より嬉しく思います

終わってしまうのはとても寂しいけれど、やっぱり物語の最後がみたい

二人がどうなるのか、何を選び、どうするのか、それが見たいのです

 

最終巻のお買い上げはこちら

 

あわせてお読みください

次に読むラノベをお探しの方へ
  1. ラノベおすすめ! ファンタジー、ラブコメ率高めに厳選!【62選】
  2. 【ラノベ】おすすめなハーレムのライトノベル10選【ランキング】
  3. 【おすすめ】セリフ回しと会話文が面白いラノベ3選【オススメ】
  4. 可愛い妹が登場するラノベおすすめランキング!8選
  5. 小説家になろうでおすすめ作品をランキング形式で紹介【あらすじ付/8選】