ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


ラノベで異世界召喚・異世界転生・異世界トリップおすすめ19作品!

スポンサーリンク

-この記事もおすすめ!-

前:グルメラノベで飯テロ! 美味しそうなおすすめのライトノベル

次:おすすめ! 会話やセリフ回しが面白いラノベ3作品

まとめ:次に読むラノベを探す人へ! カテゴリ別おすすめ記事

 

【ライトノベル】おすすめの異世界トリップ・異世界召喚・異世界転生・異世界来訪19作品

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

2018/09/30 異世界のんびり農家を追加

2018/09/21 オーバーロードを追加

2018/09/07 異世界料理道を追加

2018/09/07 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~を追加

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

いまだに根強い人気を誇る、あこがれの地、異世界!

そんな異世界に関連するラノベの中で、オススメのものをピックアップしました!

現代知識や文明を持ち込むもよし、付加されたスキルでチートするもよし

そんな無双劇を楽しめる作品を並べてみました

異世界転生(死んで異世界で生まれ変わるタイプ)

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

本好きの下剋上?司書になるためには手段を選んでいられません?第一部「兵士の娘I」

【あらすじ・作品概要】
    本好きの少女の転生先は、貧しい兵士の家の病気がちな5歳の女の子
    識字率が低い世界では、大人でも文字を読めない、書けないのが当たり前
    本を諦められない少女は、現代知識で無双して自分で本を作ることを決意する

 知識だけを頼りに、何もないところから一つずつ行動範囲が広がっていくのが本当に楽しい

個人的には農場系のような生産系ゲームの楽しさに近い物を感じました

だんだんと出来ることが広がり、周りの仲間が増えていく

その過程が見てるだけでもワクワクするんですよね、次は何ができるようになるんだろう…って

 

ただ知識で無双するだけじゃなく、相手側の文化も受け入れてあわせていくやりとりも個人的に大好きです

下町、商人、神殿、貴族といろんな文化が描かれているのも高ポイント

そんな中でどう生きていくのか? という立ち回りのうまさも楽しいです 

 

料理もかなり振る舞ってるので、個人的には異世界グルメラノベとしても楽しめました

そして、ときおり入ってくる感動シーンが個人的にツボでした! 家族愛最高です

蜘蛛ですが、なにか?

蜘蛛ですが、なにか?<蜘蛛ですが、なにか?> (カドカワBOOKS)

【あらすじ・作品概要】
    クラス全員が異世界転生、周囲が王子や公爵令嬢に転生する中、ヒロインが転生したのは迷宮奥深くで生きる蜘蛛のモンスター
    最弱の蜘蛛として生きる覚悟を決めた元女子高生は、スキルと罠を駆使してレベルアップし、必死に生き残る道を選ぶ
    どんな苦境にもくじけないヒロインの鋼なメンタルもオススメポイントです

パッケージのイラストからしてインパクトありすぎですよね

主人公はタイトル直下に描かれている白い子です

しかし、リアルな蜘蛛のモンスターに転生というのは珍しいですよね

 

放り出されたダンジョンの中で、か弱い蜘蛛はどうやって生き延びていくのか…

周りの敵全てが自分よりも強い中で、罠にかけて頑張って食し、逃げ惑いながらちょっとずつ強くなっていきます

戦い全てが番狂わせ(ジャイアントキリング)ですが、徐々に強くなっていく快進撃は気持ちいいですね

最弱から這い上がり、徐々に出来ることが増えていくレベルアップの快感がいい感じです

 

レベル、ステータス(数値)、スキルなどにもずいぶんと紙面を使ってますので、そういうのが好きな人はよりハマると思います

自分のキャラはもちろん、敵キャラなんかもばっちりステータス比較されてます

 

文章の雰囲気は、タイトルのまんま、ちょいとテンション高めで一人ボケツッコミも多めな感じなので、そういう空気が好きな人はぜひお試しください

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

【あらすじ・作品概要】
    37歳のサラリーマンが転生した先は、史上最強のスライム!
    転生時にもらったユニークスキルを駆使したスライム無双、ここに開幕
    名前を付けて自分の強さを分け与えた部下からの忠誠心が熱いです

元サラリーマンが転生した先はスライム! 最弱? いいえ、最強の生物です

立身出世…というとちょっと語弊があるかもしれませんが、何もないところから国を興すような感じなので、そういう空気が好きな人にはおすすめです

 

そして、個人的に何より好きなのは、名前をつけた相手に力を分け与えられるところ

名前によって結ばれた主従関係の縁っていうだけでも、もう個人的には熱いです

そういう、主従の特別な関係とか、忠誠心が好きな方はぜひ!

 

周囲の仲間がみんなして主人公を慕ってくれるところがホント素敵です

次々に仲間になっていく魔物たちは、みんな、ご主人様である主人公にべったり

ご主人様の悪口を聞くだけでイラッとして臨戦態勢!

そんな、素晴らしき忠犬ぶりで仲良しっぷりが個人的に大好きです 

この素晴らしい世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫)

【あらすじ・作品概要】
    Q.異世界になんでも一つ持って行けます、何にしますか?
    A.じゃあ女神で
    圧倒的なキャラ個性で笑いをくれる可愛い異世界コメディ、最高です

気楽に楽しく笑いたいなら、これが一押しですね

異世界に何を持っていきますか? → 可愛い女神で!

さらっとそれを実現させ、女神と一緒に転生するあたりからして、もう規格外ですね

 

あぁ、駄女神さまのサブタイトルどおり、ものすごい愛らしいダメっぷりを披露してくれます

というか、この作品はダメっぷりでのキャラ立ちがみんなすごいです

爆裂魔法にしか興味なくて一回しか魔法が使えない子やら、ドMがこうじて壁役をやりたがる女戦士など…

強烈なキャラ個性とともにゆるく笑わせてくれる素敵作品

 

アニメ化もされて愛されていますが、あの空気はぜひラノベでも味わってほしいですね

ボイスの脳内再生ができると、いろいろと捗(はかど)ると思いますよ

異世界のんびり農家

異世界のんびり農家 01

病院生活を送っていた主人公が神様に『健康な身体』と『農業がしたい』という願いを叶えてもらい、異世界に転生して農業をしまくるお話

年齢は初期から青年な状態で異世界に転生して、サバイバル開始、水の確保、食糧の確保、畑を耕すなどが始まっていきます

 

メインに置かれているのは、農業というよりも村の開発に近いですね

どっちかっていうと、人のシムシティのプレイ動画を見て楽しむ感じです

 

主人公、モンスター、ヒロイン、サブキャラの順に登場していくので、モンスターの強さなり土地の恐ろしさに、ヒロインとサブキャラがいいリアクションしてくれるのが個人的に好き

 

『この死の森で生きられる人間がいるなんて…』

『なんて魔物を連れていやがるんだ…』

そんなお約束な台詞は、やっぱり見ていてニヤリとしてしまうんですよね

 

みんな仲良くほのぼのしてます

そして、『のんびり』農家とのことですが、油断すると季節が即変わりますので、テンポの良さはのんびりと程遠いです

食物を育てたり街を発展させるには、時間が掛かりますが、『五日で出来た』『一ヶ月でできた』で終わります

 

気楽にさらりと読めてほのぼのしたいときにオススメ

『万能農具』を使って想像しながら耕せば、種なんかいらないという仕様なので、どうしてそうなるの? どうやって? が気になる人にはあんまり向かないと思います 

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行<武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行> (富士見ファンタジア文庫)

-二度目の人生、過去の縁が交錯する-

【あらすじ・作品概要】
    強くなることだけに生涯を賭けた老人が転生したのは、数十年後の世界。
    自分の死を悼むものたちと出会いながら、もう一度、人生を謳歌する。
    目指すは生前よりも遥かな高み、エルフになっての武者修行が始まる。

現代日本から異世界への転生ではなく、自分が死んだ世界の数十年後に転生します

本来なら見ることができない、自分の死を悼んでくれた娘との再会

自分のことをいち早く気づいてくれた、長年のライバルとの再会

そういった、過去のしがらみを楽しむ作品です

 

そして、もう一つの推しは、何をすればいいか知っているからできる、効率的な修行

誰よりも早く修行を始め、誰よりも強くなるために技を磨く

何か能力が付与されてのニューゲームではなく、知識だけのニューゲームだからこそできる、修行によるレベルアップ展開は熱いものがありました

 

主人公の中身が半分はおじいちゃんなので、おじいちゃん燃えの人にもオススメです

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

そのオーク前世(もと)ヤクザにて

そのオーク、前世(もと)ヤクザにて (GA文庫)

【あらすじ・作品概要】
    ヤクザだった男が転生した先は、エルフに忌み嫌われるオークの一人
    女騎士団の雑用を任された男は、どんなときも仁義を貫く
    男前なオークを前に、エルフと女騎士団は徐々に心を許していく

主人公が格好いいというのが、このラノベの一番のポイントでした

元ヤクザ…といっても、チンピラなわけでもなく、筋を通す無骨で不器用な兄さんでした

男気のあるオークが、周囲の女の子たちに認められて好感度をひたすらあげていく感じです

 

女騎士団に男一人ですが、着実に仕事をこなして信頼を勝ち取り、みんなにべったり頼りにされます

頼られるシーンや打ち解けるシーンが好きな人にはおすすめですね

 

そして、度重なる事件を腕力でねじ伏せていくので、戦闘シーンもばっちりあります

前世の因縁もしっかりと絡めてありますので、転生というポイントもしっかり楽しめました 

すまん、資金ブーストよりチートなスキル持ってる奴おる?

すまん、資金ブーストよりチートなスキル持ってる奴おる? (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

【あらすじ・作品概要】
    異世界で一番楽する方法は何か? それは誰よりも金があること
    戦闘をするための能力ではなく、金を得ることで楽しく生きようをモットーに
    奴隷の美少女をパートナーに、異世界相手に金で立ち向かいます

 タイトルが「すまん」から始まるあたりが、この作品の方向性を物語っています

で、タイトルに負けない味わいの中身ですので、そういう文体が好きな人にはおすすめです

逆に、タイトルみてあわないーと思った人には、きっとあいませんのでご注意ください

 

転生したときに付与されるスキルというのが、転生モノだと大きな比重をしめます

で、この本はモンスターを倒したときに得られるお金に特化、その発想が面白くて買ってみました

 

強力装備の買い揃えはもちろんですが、表紙を飾るヒロインがお金で買った奴隷というあたりが、この作品の特徴を一番表している感じですね

金で買えない物はない、最終的に何をどこまで金で買ってくれるのかも楽しみですね  

異世界召喚・異世界トリップ(死なずに異世界へ行くタイプ)

ノーゲーム・ノーライフ

ノーゲーム・ノーライフ1ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

【あらすじ・作品概要】
    生まれる場所を間違えたと思うぐらいにゲームだけ天才的な兄妹
    ゲームの神様さえ負かしてしまい、その神様から直々に異世界に召喚される
    全てがゲームで決まる世界、己の腕を存分に発揮した異世界ゲームが開幕する

天才ゲーマーの看板に偽りなし

もうね、主人公の兄妹が超人すぎてついていけないぐらいのレベルですが、それがいい

いや、ホントにゲームで俺つええをやってくれるのが素晴らしい

 

召喚された地にいる種族は全部で十六、その中でも人間は最弱

しかし、どんなに強い相手にも知で立ちむかい勝利を掴み取る

その勝負は見事の一言につきます

 

頭脳戦や心理戦などの頭を使って読む本をお探しの人にはほんとオススメ

キャラも癖が強いおかげで、お気に入りのキャラが多いです

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

オーバーロード

オーバーロード1 不死者の王

【あらすじ・作品概要】
    VRMMOで最強ギルドの一角になれたのに、ついにサービス終了日を迎える
    一人でサービス終了まで残っていると、ログアウト不可な事態に見舞われる
    NPCに忠誠を誓われ、この世界で支配者として振る舞うことを決意した

異世界突入というよりは、ゲームの中から出られなくなるというのが一番近い表現ですね

目標は、脱出方法の模索と他プレイヤーの捜索、ただ、その大前提に自分が生き残ることを掲げて用心深く生きています

 

主人公は最強ギルドの一角でギルド長を務めていた

こう聞くと都合のよい強者設定にも聞こえますが、現実はだんだんとプレイヤーが辞めていく中で、みんなに残って欲しくて頑張り続けた健気な人です

 

仲の良かったギルドメンバーがいなくなり、ぽつんとギルドの本拠地を歩く主人公を見ていると、なんだかいろいろなものが込み上げてきます

 

ハイレベルなゲーマーということもあり、知略と戦略性にあふれていました

どうすれば、自分の利益を最大限に確保ができるのか

自分の振る舞いは、周囲にどう見てるのか

そんなところにまで気を配れる主人公は、見ていて愛着がわきました

 

異世界では、ギルドメンバーが設定、作成したNPCたちと一緒

全員が主人公に忠義を尽くすメンバーなので、その献身ぶりも大好きでした

愛する上司のために全力を出し過ぎてしまう部下ってホント好きなんです

-関連記事-

www.black-gamer.com

読了後の感想も書いてますので、あわせてお楽しみください

理想のヒモ生活

理想のヒモ生活 1 (ヒーロー文庫)

【あらすじ・作品概要】
    異世界へ召喚され、美人の女王から求婚された主人公
    召喚されるのは一月後、身辺を整理して、後は何を異世界に持っていくか
    史上最大の遠足並みにワクワクする、持ち込みOK異世界召喚が始まります

タイトルから主人公の男が最低なんじゃないか…とか思ってる人がいたら、それは損なのでぜひ手にとって欲しいですね

 

理想のヒモ生活とタイトルはなっていますが、「理想の夫婦生活」です

別に、主人公はヒモではありません、出しゃばらないだけで有能だし賢い系のキャラです

そして、何よりいいのが愛妻家!

奥さんとのイチャラブっぷりがのんびり楽しめて最高です

 

そして、異世界召喚の中でも異色なのが、持ち込みOK制度!

一月後に呼ぶから、絨毯に乗ってたものだけ異世界へ持って行けるよ

そんなルールで始まる人生最大の遠足の準備

 

異国で価値があるのは、食事? 電化製品? ガラス細工?

そんな異文化との価値観の違いを楽しめるあたりがツボでした

 

王妃に請われて王になりましたが、ハーレム要素はあんまりなし

ヒロインが惚れる場合にもちゃんと理由があって惚れるので、そういう恋愛劇として見るのも面白い作品です

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

異世界居酒屋のぶ

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

【あらすじ・作品概要】
    不思議な力で、異世界の古都に出店できることになった『居酒屋のぶ』
    日本料理が異世界で猛威をふるい、お客さんを次々と「とりこ」にしていく
    無骨な大将と笑顔の似合う看板娘が織りなす人情居酒屋話

グルメ系の創作はラノベにせよ、マンガにせよ、食事で人を喜ばせるというのが一番のポイントだと思ってます

それを、この作品はとても大事に扱っていました

 

お客さんたちのリアクションがいい

いい仕事というのは、気づいてくれる人がいて成立するというのもあります

料理の味も、食器の良さも、それを感じ取ってくれるお客さんがいるからこそ、映えます

そんな意味で、お客さんとお店側が一体となってこの作品の味わいを引き立ててくれています

 

徐々に増えていく個性豊かな常連さんたち

そして、常連同士のつながりを感じさせる人情エピソードや色恋沙汰

だれもが行きたくなる、ホッとできるような居心地のよい居酒屋での心温まるストーリー

戦闘要素はなし、事件もあるにはありますが、ほのぼのと楽しめる作品でした

 

疲れたときに特におすすめ!

ただし、深夜に読むときはお腹の好き具合にご注意ください

異世界料理道

異世界料理道1 (HJ NOVELS)

【あらすじ・作品概要】
    父親の経営する食堂で見習いとして働く17歳(高校2年生)の主人公
    不運な事故から異世界トリップ、年齢、知識は変わらず森で狩人に発見される
    森辺の一族と呼ばれる狩人たちに混じり、今日も料理を振る舞う

まったく料理に興味がなかった部族に対して料理を広めていくスタイル

最初は不審者扱いだった主人公がだんだんと料理の味で信頼を勝ち得ていく物語です

 

イノシシとそっくりなギバという動物がメインの献立

肉も野菜もその世界独自の名前なので、世界にどっぷりつかりたい人はオススメです

血抜きや皮を剥ぐシーン、内臓の処理なども描かれているのでお好きな人はぜひ

 

野性と野趣のあふれた料理&登場人物です

特に狩人の森辺の一族は、ああ、そういう部族なんだなーと実感できるぐらいに高潔な存在

そして、どれもこれも褐色でエロい

 

個人的に、ぽんやりお色気おねーさんなヴィナ=ルウが好きです

褐色で平均年齢はちょい高めなお姉さんが多い感じ? おじさんもたっぷり出るよ!

 

料理を主軸には置いてますが、部族の行く末や生き様なども熱く語ってます

異世界の異文化を楽しむにはうってつけな一作でした!

ゼロの使い魔

ゼロの使い魔<ゼロの使い魔> (MF文庫J)

【あらすじ・作品概要】
    美少女からの異世界召喚、そして使い魔契約としてキス
    一つ屋根の下ですよ、魔法学園の同級生も可愛い子だらけですよ
    誰もがあこがれる王道異世界召喚、ツンデレ好きは必読です

First kissから始まる、ふたりの恋のHistoryですよ

というわけで、異世界に召喚直後には使い魔として契約するためにキスを交わします

そして、そこからはツンデレなご主人様と一つ屋根の下です

その他にも巨乳なメイドだったり、無口系な魔法使いの少女が出てきます

 

もうね、ここまで中高生男子の欲望と妄想を具体化させてくれた作品があっただろうか?

異世界召喚からの冒険あり、もちろん、ハーレムありですよ

王道をきちんとおさえ、熱く激しい戦闘も感動もある名作です

 

アニメで釘宮病にかかった人もぜひ脳内再生のままにラノベ版をお楽しみください

Re:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)

【あらすじ・作品概要】
    異世界に召喚された少年が得たのは『死に戻り』という過酷な能力
    どんなに苦しくても、誰にも理解されなくても、絶望したとしても…
    幾多の絶望を越え、『死に戻り』により運命を変えていく

 異世界召喚の際に付与されるスキルの中でも一番鬼畜なスキルじゃないでしょうかね

 

「死に戻り」

自分の命が尽きたときに、特定の場所まで時間が巻き戻る

でも、それは強制コンティニューであり、絶望に抗い続けることを強制されることに他ならないんですよね

 

というわけで、作品自体は人の生き死にがかなりの頻度で出てきますので、なかなかにヘビーな内容となっています

手探りで一つずつを理解し、その裏を推理し、物語を解決へと導く

うまくいかないときの回を見るのは、とてもしんどいものがあります

でもね、だからこそ、うまくいったときのカタルシスは、より大きなものになると思います

 

残酷描写、流血沙汰がひたすらに多いですが、そういうのが大丈夫な人はぜひどうぞ

どっぷりとその世界に沈み込んで、ひたすらに没頭して味わえます

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

異世界落語

異世界落語 1 (ヒーロー文庫)

【あらすじ・作品概要】
    異世界に召喚されたのは、戦う技術のない噺家(はなしか)
    落語を異世界用にアレンジ、そして、種族を超えて巻き起こる笑いと笑顔
    魔族の侵攻を食い止めるために、異種族の橋渡しとなれるのだろうか?

異世界に召喚されたら、特殊な技能で無双するのが当たり前

そんな当たり前を、この男は、噺(はなし)だけでくつがえしてくれました

 

戦闘はできない、戦略も練れない

男にできるのは、『落語』で客を喜ばせることだけ

それが、魔族に侵攻されて残った最後の国では、一番に必要だったことでした

 

エルフやドワーフが住処を追われて難民として人間の国に来たけれど、異種族同士はうまくいかない

そんな仲良くできない種族たちが、落語を聞いて、手を叩いて笑いあう

剣でもなければ、盾でもなく、戦うことはできない

そんな男が、異世界でしっかりと作りあげたのは、和でした

 

『男が扇子を叩くと世界が変わる』

 

日本の文化、しかも、伝統芸能が立派な異能として通用するあたりは熱い展開ですね

ちなみに、この本を読んでから落語の話をいくつか聞いてみて楽しめました

そういう意味では、落語に触れる機会として楽しむのもありかも  

傭兵団の料理番

傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)

【あらすじ・作品概要】
    異世界に召喚された主人公が迷い込んだのは、戦場のど真ん中
    料理しか能がない自分が生き延びるために、傭兵団の料理番に成ることを決意
    一人一人と向き合いながら料理をし、徐々に傭兵団の中核へと成っていく

料理馬鹿と呼べるくらいに料理が大好きな主人公、朱里が傭兵団に拾われ、仲間から少しずつ認められるという話

 

物語の構成は、八人の傭兵団の隊長クラスに対して一人ずつ攻略

そのときに料理も一品ずつで、主人公である朱里視点と攻略対象の隊長視点になります

同じ台詞を主人公視点と隊長視点の二回読むのは正直に言ってくどいですが、この作品の空気が好きなのでおすすめ

 

一人ずつ仲良くなっていくというので、徐々に心を許していく描写がいい

問題が解決することでキャラ自信の強さというか、輝きが増すところもいい

そして、個人的に一番好きなのは、そのキャラのエピソードの最後に、未来の話が描かれることですね

 

今は傭兵団の部隊長にすぎない存在が、未来にどんな大きなことをするのか

そして、そんな偉人伝の中に書き添えられている、エピソードの中心になった好きな料理の話

ああ、このキャラの生涯に関わるほどに、その料理は衝撃だったんだな

そう思うと、そこに物語の奥行みたいなものを感じられたので、好きでした

異世界来訪(異世界から現代へ来るタイプ)

はたらく魔王さま!

はたらく魔王さま!<はたらく魔王さま!> (電撃文庫)

【あらすじ・作品概要】
    異世界から日本へ転移してきた魔王と勇者が現代日本でアルバイト!
    生活費を稼ぎ、衣食住を確保し、ボロアパートで暮らす魔王様御一行
    日々の生活を大事にしながら、魔王と勇者もこなす庶民派ファンタジー

異世界での生活しか知らない魔王と勇者が現代日本へと転移させられたら、きちんとした生活ができるのか!?

そんな発想から始まったこの作品

 

住民票を取得して、不動産屋に行って契約をして、月々の収入はアルバイトで工面して…

そんな、生活感あふれる行動をきちんとできる魔王一派と勇者が素晴らしい

 

異能力は、あくまでも戦闘に使うだけで日常でズルはしません

それでも適応できるのだからこそ、基本スペックの高さがうかがえます

 

日常生活は人として生き、だからこそ、人のすごさに気づくことができる魔王と勇者の視点が面白いです

 

  • テレアポの仕事は勇者のメンタルを持ってしても辛い
  • 寿司とか生魚食えるなんて嘘だろ!?
  • 品種改良された野菜ってすげーな
  • 異世界に戻ったら日本のトイレのすごさを思い知らされた

なんていう、異世界と現代日本を比較したり交えたりする話がでるのが個人的に好きです

人情話が多く、熱くなる展開も多いので、戦闘好きな人にもおすすめ

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

異世界食堂

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)

【あらすじ・作品概要】
    異世界各地に設置されたドアをくぐれば、そこは日本の洋食屋
    先代の頃から異世界の住人に向けて料理をふるまう異世界食堂だった
    人間、亜人、エルフ、ドラゴン、どんな種族も常連になってしまう魅惑の店

異世界の住人相手に料理を振る舞って喜んでもらう!

それ自体は他の作品でもいくつか見かけますが…

 

この作品の最高に素敵なポイントは、食事を楽しんだ人のリアクション比重が多いところです

調理過程がほとんどなく、食べて喜んでる姿をひたすらに楽しむだけ!

待っていた、俺はこういうグルメラノベの中でも美味しいとこどりをしてくれる作品を待っていました!

これは、美味しそうに料理を頬張る異種族たちを愛でる話です

 

文化の違いを感じさせてくれる、巧みなリアクション

そして、幸せになってまた来ようと、そのために頑張ろうと思える姿がとてもいい

洋食屋への愛と食事への愛を感じさせてくれる良作でした

 

一話ごとに料理が決まった短編なので、手軽に読めるのもオススメです

【感想記事】

www.black-gamer.com

読了済の方はあわせて感想もお楽しみください!

あわせて読みたい

次に読むラノベをお探しの方へ
  1. 【ラノベ】おすすめなハーレムのライトノベル10選【ランキング】
  2. 【おすすめ】セリフ回しと会話文が面白いラノベ3選【オススメ】
  3. 可愛い妹が登場するラノベおすすめランキング!8選
  4. ラノベでVRMMO・ゲームの世界が舞台なおすすめ作品8選 - ラノベ見聞録