ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


モテないオタクは『待て』をしてしまう男が多いと思う、俺みたいにね

スポンサーリンク

移転しました。

モテないオタクは、待てが出来る男が異常に多い

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです 

 

俺は恋愛における「行け」と「待て」の区別がほとんどつきません

普通の人がチャンスだと思うところが、チャンスだと分からないで見逃してしまう

逆に、このタイミングは違うだろ…というところで「行ってしまっている」らしいです

 

『恋はタイミング』が大きな権力を持っている中で、この症状は致命的です

オタクの婚活奮闘記!「恋愛はタイミング」に結論が出ました【女神降臨】

以前にこの話を聞くまでは、本当にいつ行っていいか分からなかったです

だから、当たりさわりのない会話をして、徐々に仲良くなればいいと思っていた

 

でも、最近になってちょっとずつ分かってきた気がします

仲良くなるために必要なコミュニケーションっていうのが何なのか? ポイントはそこです

 

別にやりとりした回数や会ってからの時間の長さが大事なわけじゃないんです

コミュ力と呼ばれているのは、声をかける回数だけを指す言葉じゃない

相手と向き合ったときに話す内容、コミュニケーションの質が大事なんです

 

 

俺のした勘違い、相手が困るならちょっと『待とう』

婚活サイトで出会った俺の失敗談、原因はスピード感にあった

こちらにも書いた内容ですが、もう一度、考えてみたいと思います

 

「私は半年から一年ぐらいかけて相手と仲良くなってからじゃないと恋愛できない」

そう女性から言われたので、相手の気持ちがこっちに向いてくれるまで、恋愛の話題はあんまりしないように心がけました

 

「まだかな?」

そう思いながら、友達として相手の反応を待つのは得意なんです

というか、待てばいいだけなら、いくらだって待てます

 

ええ、待つのは本当に得意ですよ

コミケでどんなに行列が長かろうとも、じっと待機とか余裕ですからね

長蛇の列だって、待てばいいことがあると思えば、じっと待てるんですよ

でもね、待ってるうちに完売しちゃうんです、そして、二度と手には入らないんですよ

 

だってさ…

恋愛で『待て』を言う人に限って、『よし』とは言ってくれないんだ

もういいですか? ということを聞かなければ、俺に対して『待て』と言った事すら忘れてしまう人もいるんだ

『待て』なんて言ってないのに俺が勝手に待ってるという悲劇的展開だってありえるんだ

 

俺は『来ないで』という拒絶ではなく、『待て』だから待てばいいと思っていた

そのうち、ご飯を何度か一緒に行って楽しくやっていれば、そのうち『よし』と言われる日が来ると思ってた

そんな日が来るなら待つさ、いくらでも…そして過去にもたくさん待ったさ

 

でもね、それをただ待つのは正解じゃなかった

そうして待ってる人というのは、埋もれていって忘れられてしまうんだ

 

というか、思い返してみれば、『待て』と『急ぎすぎないで』にも明確な差があると思う

俺は勝手に『この期限まで待て』だと思ったけれど、『急ぎすぎないで』という思いだったのかもしれない

 

停滞ではなく、コミュニケーションの内容を変えるべきだった

オタクの婚活 女性・口説く・口説き方とググっても分からなかった俺に救いの手が差し伸べられた話

こちらでも学んできたように、好意を伝える方法は『好きです』という単語だけじゃありません

楽しく会話をしているときに、相手のいいなと思った場所を褒めるのも大事なこと

そして、その頻度は、急ぎすぎないで欲しいと言われても止める必要はないのです

 

それと、最近になって学んだことがいくつかあります

褒めポイントや好意の伝え方について

『相手のことをいいな、好きだな』と思ったときには、そのときに根拠まで添えて伝えたほうがよいということ

なぜ、自分はそう思ったのか、どこを見ていいなと思ったのか

それを口にして告げるだけでも、効果は全然違います

 

きちんと頭の中にある言葉を言語化して相手に伝える

いまだに恥ずかしいし慣れないですが、ちょっとずつ効果は出てる気がします

 

我慢することが正解とは限らない

相手のことを思っての『行動』では、我慢することも多いです

でも、別に我慢することが正解だとは限らないのです

いらない我慢はする必要がないし、本当に我慢できないのなら、相手に伝えるべき

 

自分の好意から『我慢できない』ことなら、相手の反応も違うかもしれない

「わがままを言って嫌われたらイヤだから我慢しよう」

そんなふうに自分を抑え込むことが必ずしも喜ばれるとは限られない

だから、もうちょっと素直になってみようと思います

 

あわせて読みたい

雑記・コラム-オタクの婚活 カテゴリーの記事一覧

他のお話も読みたい人はあわせて見てみてください!

失敗談と反省と改善の歴史がたくさんあります