読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


僕は友達が少ない (11巻) あらすじ・感想・ネタバレ有

ラノベ ラノベ-僕は友達が少ない ラノベ-MF文庫J

スポンサーリンク



僕は友達が少ない (11巻) あらすじ・感想・ネタバレ有

あらすじ

リア充の時間の流れは速い。

三年生に進級し、友達や恋人と過ごす充実した日々を駆け抜けて、卒業式

の日に小鷹は思う。

 

結局俺は物語の主人公のような劇的な青春は送れなかった。

恋や友情や家族や夢といったありきたりで切実な問題は、

勝手に成長したそれぞれが各自でなんとなく解決したり、

解決しないまま時と共に乗り越えた。だからって、別れが寂しくない理由

にはならない。

 

劇的でないことが大切でない理由にはならない。この涙を止める理由には

ならないのだ――。

残念系青春ラブコメ、エピローグ。この「今」はきっと、いつまでも俺の心に残るだろう。 

 

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想(ネタバレあり)

はがない、ついに完結ですか

11巻の内容をざっくり言うと…

主人公の羽瀬川小鷹が楠幸村に迫られて彼氏彼女の関係になったけれど

結局、隣人部が大事だったり志熊理科への恋愛感情に気づいたりで

どっちつかずのままに全員が微妙な関係で終了

完結…というよりは、終わっちゃったなぁ…という印象ですね

 

ハーレム系は結末に向かって行くに連れて、

ヒロインの明暗が分かれていくのが多いと思います

個人的に思い出深いのは、俺の妹がこんなに可愛いわけがない…とかですね


主人公に選ばれた幸福組もいれば、選ばれなかった不幸組もいる

もしくは、全員幸せになってくれるハーレムエンドもある

だけど、誰か一人ぐらいは幸せになってほしいと思います

 

あれだけ愛されるキャラがたくさんいるラブコメて、

ヒロインが誰一人幸せになれなかったという結論は、

なんていうか、悲しいですね


どのキャラも、個人的に愛着があるだけに余計に

ああ、夜空には幸せになってほしかったなぁ…

個人的には、夜空と理科で一騎打ちをしてほしかったです

 

各キャラの思い入れを書いておきます

 

三日月夜空

夜空は個人的に大好きだったので、あの扱いはびっくりでした

あの愛情がいいのにヒロイン相手に『重い』と主人公が言い放つ

そして、最終巻ではトドメの一言

 

『俺がお前のことを恋愛的な意味で好きだと思ったことが、一度もないからだ』

 

もはや拒絶や切り捨てにも近い言葉です

作者の意図は別にあると明言してましたが、いくらなんでも…

 

この話の原因って、ソラ(夜空)がタカ(小鷹)の友達だから、なんですかね

だったら、友達であるかわりに一番(恋人)になれなかったのは

本当に可哀想ですよね

 

この台詞、女から男が言われたら絶望を超えると思うんですけどね

 

『あなたのこと、恋愛的な意味で好きだと思ったこと、一度もないから』

 

好きなヒロインから言われたら、発狂ものだと思う、マジで

うん、やっぱり鬼畜な台詞だなぁ…としみじみ思う


柏崎星奈

どっかでこの現状をぶち壊してくれるかと思ったら

まさかの何もせずに退場でした

未来への可能性は残し気味でしたが、完結している以上は意味もなく…


ヒロイン人気では一番高いと思ったが

最終巻では、ほとんど印象に残りませんでした

ポロリもあるよ、文章だけな…って、扱いがもう本当に悲しい


楠幸村

まさかの一人勝ちルートかと思えば、この子さえ幸せにはなれなかった

勝たせてあげてもよかったんじゃないのかなぁ…本当に

 

個人的には、小鷹に応援演説を頼んだところ

そして、小鷹が作ってきた台本に激怒したところは好きでしたね

あの応援演説の依頼には、小鷹の良さを広めたい気持ちもあったんだと思います

遊佐と同じように、自分も小鷹のいいところを教えてあげたいというね

 

強いとか格好いいとか作中では表現されている気がしますけど

健気で一途なところは、本当にポイント高いと思います


志熊理科

友達であることに最期までこだわった理科

今までの巻であれだけ盛り上げておいたから、

もっと正々堂々と取り合うかと思えば、結局、すれ違いのまま友達エンド

 

途中からはかなり性格が変わりましたが、

当初は、夜空と並んで一番好きなキャラでした、ドラマCD頃のキャラが一番好きです

 

その他、色々

恋愛ではなく、一番まともに幸せなのが、小鳩&マリアの子供組みという…

あれが、友達は少ない同士のあるべき姿だと思いますね


友達が素晴らしいものだと語ってるのかもしれないけど、

それで不幸になる奴多すぎだろ…という印象です

友達が理由で破局(退場)した理科と夜空は、本当に可哀想でした

 

それと、もう一つだけ

『物語の主人公だったらうまくやれる』という意味合いの言葉が、

最近苦手になりつつあります

見た覚えがあるのは、これと変態王子と笑わない猫ぐらいですが

 

こっちはそれを見たくて買ってるはずなんだけどな…と思ってしまうというね

そういう需要が別であるのかな?


最後に

ムキになるのは、感情移入の証ともいいますし、

途中まで書いて放り出したSSがあるぐらいには、個人的に大好きな作品でした

 

夜空は黒髪ロングが至高、そして、あの頃の空気が一番好きでした

しばらく時間を空けて、気が向いたときにまた一巻から読み直したいと思います

 

お買い上げはこちらから

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

 

 全員大集合でなんともエンディングなこの表紙!

一番後ろにいる主人公というのが、何ともラノベな感じですね