読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのブログ。月間15万PV突破! レビュー依頼、広告依頼はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


オタクな俺が彼女が欲しくて出会いを増やした話【オタク婚活・サラリーマン】

スポンサーリンク

f:id:blackgamer:20150906114625p:plain

 

 

オタクでサラリーマンで出会いがない俺にどうやったら彼女ができるか考えた結果

はじめに 大事な注意書き

大事なことだから、一番最初に言っておきます

 

『俺には彼女が出来ていません』

 

この記事を最初に書いたのは2015/09/07です

2017/3/22現在、リライトしましたが、残念ながら彼女は出来ておりません

 

悲しいね、バナージ

いや、嘘だと言ってよバーニィのほうが適切かな?

 

さて、君には失望したよ…という方は、申し訳ありません

でもね、貴様らの頑張り過ぎだと言われるぐらいには頑張ったんですよ…

ええもうそりゃ、粉骨砕身で色々砕けちゃうぐらいには!

 

なので、これは、黒歴史をこれ以上繰り返すことのないために…

こういう道では失敗したから更なる犠牲を増やさないために、書き留めるものです

 

『オタク』『彼女』『作り方』『作る方法』『欲しい』

そういう単語で検索して、ハウツーサイトの内容を嫌というほどに読みました

もう、嫌になるほどたくさん挑戦してみましたよ

 

でもね、俺がやった今までのやり方じゃ、結局彼女が出来ませんでした

なので、反省してから、もう一度歩き出そうという感じです

 

というわけで、これはオタクな彼女を作ろうとしてうまくいかなかった事例集です

うまくやるためというのではなく、失敗した事例を見る奴です

 

あれですね、教習所の講習でやる事故は悲惨です的な奴

あんなノリで見てください

 

オタクが彼女を作る方法

正解は、彼女がいる人に聞いてください

そして、彼女がいる人は俺に正解を教えてください

そもそも、なんで彼女が欲しいの? 

  • 友人が結婚して幸せな家庭を築いているのを見て、うらやましかった
  • 一人で晩御飯を食べるときに、寂しいと思うから
  • 友達は大事にしているけど、特別な人がほしいから

 

ポイントはこの三つですね

現在32歳ですが、周りの友人は10人中7人ぐらいの割合で結婚済です

飲みに行く回数は右肩下がりに減るのは、友達との飲み会が好きな俺には少々寂しいです

 

そして、中でも一番大事なところは、特別な相手が欲しいということ

友達以上に大切にする特別な誰かにいて欲しいのです

 

恋活・婚活としてやったこと一覧

街コン 【予算】2000円(お茶会)~8000円(晩御飯)

システム
  1. 席が決められてて30分ごとに席替えがあるパターン
  2. 立食パーティの御歓談ください中に女の子に話しかけるパターン

上記の二種が一番スタンダードです

どっちかというと1番の席固定のほうが割合として多めでした

 

俺の結果

イベントに参加した回数      20回ぐらい

ラインに追加された人       60~80人ぐらい

そのうちラインの反応があった人  20~30人ぐらい

反応があった中で食事ができた人  1人

 

なんともまあ、絶望的な数値ですね

二次会や交通費まで考えると、使った総額は20万円を越えていますね

それで一人としか二回会えなかったのですから、厳しいです


基本的にラインの交換はできます、『連絡先教えて』と素直に言えば充分です

ただ、その後に続けるには、ご飯でも食べにいかない? という誘いを自分からして

いいよと返してもらう必要があるのでここで勝てない人に未来はありません(当たり前

 

2対2とかなら可能性があがるかもしれませんが、

1対1でお願いすると、お断りされる確率はあがると思います

(俺は、街コン(というか彼女を作るための活動)はほぼソロ参戦です)

オタク婚活パーティーのアエルラ 【予算】8000円~9000円

システム
  • 会場内は連絡先の交換不可(携帯電話の使用不可)
  • 女性と話す時間があったあとに、お互いが気になる人へ投票
  • お互いに票が入ればカップル成立→一緒に外へ出て後はご自由に
  • カップル成立しなければ女性退場後に男性退場(待ち伏せ防止のため男性は後)

 

俺の結果

カップル成立して秋葉原でご飯をご馳走してラインを交換

秋葉原を一周してお別れ後、ラインを2回送ったら未読スルーになりました

数日あけてもう一回送ったら、ブロックいただきました

嘘だと言ってよ、バーニィ

 

I'm single アイムシングル 【予算】5500円

システム

こちらもアエルラとシステムはほとんど一緒ですが、一点だけ違うところがあります

こっちの場合は、上位三位ではなく、この人じゃなければOKという指定もできます

X番の人以外ならOKという奴は、可能性が広がるように見えますね

 

ただ、本当に可能性が高くなるのは、お互いに希望する場合です

どっちかが捨てゲーした時点で可能性はゼロになりますのでご注意ください

 

俺の結果

男性14人 VS 女性15人で、カップリングしたのは一組のみ

カップリングできなかったので、負けた人たちとサイゼリアで話してから帰りました

ちなみに、サイゼリアの前に寄ったデニーズでは、そのときにいた女子で女子会を開いて口が飛び交ってました

 

もう少しいい男がいればねえとのことです

お互い、いい人探して頑張るしかないですね

 

女性の友達を増やす

自分から話しかける回数が増えたおかげなのか、職場の絡みだったり、オタク友達だったりと友人はそれなりに増えました

 

ただ、男性よりも女性の方が音信不通になる率は極めて高いので、まあ、そんなものだろうと思うことにしてます

そういう意味では、本当に仲良くなれる友達というのもかなりレアなので、そこは気長に探していく形にしたいですね

 

異性として扱われない、いい友達、いい人で終わる悲しき運命

友達から恋愛対象になるよ派とならないよ派がいるので、友人関係から距離を近づけるべきなのか、それとも最初に異性として意識してもらうべきなのか

どっちが正しいかは分かりません

 

ZEXY縁結び(ネットの出会い系)予算12,000程度

zexy縁結びの有料会員3ヶ月で会えた人数と体験談と注意点など

上の記事で詳細に説明していますが、かの有名なzexyで出会いを求めてきました

出会えた人数は3ヶ月で8人なので、まあ、頑張ればそれなりに効果はあります

 

プロフィールの作りこみと写真がポイントになると思いますが、俺みたいにイケメンじゃなくても出会えるというのは利点だと思います

後は、みんな、彼氏が欲しいという状態ではあるのでそこは組しやすいかと

(逆に他と比べられたり競合他社はたくさんいるので、そう楽じゃありませんけどね)

 

彼女を探してレベルが上がったところ

経験値を溜めたのなら、せめてレベルアップぐらいしたいですよね

というわけで、効果音は鳴らなかったけど、成長したところです

 

  • 服に気を使うようになりました
  • 体重を落としました(10kgぐらい? もう10kg落とします)
  • 話題の出し方や会話の内容などを意識するようになりました

 

なんだ、いいことづくめじゃないか

というわけで、良い方に変わったこともあるので、やって良かったとプラスに考えていきたいと思います

 

今後、試してみようかなと思っていること

正直、探すのにはもう疲れたよ…という気持ちでいっぱいですが

探すのを終わらせた時点で可能性はゼロになるので、やめられないという現状

 

まあ、UFOキャッチャーの連コイン中に止めることを考えるの?

ガチャって、出るまで引くんでしょ? と、そういう気持ちで頑張ります

 

そもそも彼女が欲しいのは、悪いことでも恥ずかしいことでもないと思ってますので

もうちょっと探し続けるつもりです

 

大丈夫、作ってる同人ゲームが一本も売れなかったときだって

次の即売会には参加したんだから、きっと大丈夫

  1. 六本木にあるシングルスバー
  2. アニクラ(アニソン中心のクラブイベント)
  3. オタ婚
  4. その他習い事 or サークル(バトミントン、テニスとかの同好会みたいなの?)

と、このあたりについてやれたらな…と考えたり調べたりしてみてます

それやるなら、これはもいいんじゃないー? とかいう提案や

女性視点では、こういう場所で探すのが普通だよーとか

じゃあ、私とご飯でも食べに行きませんかというお誘いまで

手広くお待ちしておりますっ!

 

最期に

今回の記事でお伝えしたかったのは、

これは失敗だからやらないほうがいいよという話ではなく

これだけ色々選択肢があるんだよ、という例示になります

 

これだけ負けても連コインしてる人がいるから

彼女が欲しいと思ってるなら、動いてみるのも一つですよ! というお話

 

いいじゃない、彼女が欲しいんだからさ

欲しいよーっていいながら、一緒にがんばりましょう

 

あわせて読みたい 

オタクの婚活! 街コン後に二回目のデートをした女の子の話

これだけ敗北の歴史を書いたのに、まだ足りないというのか…

というわけで、街コン後に連絡が続いた人とデートした話です

敗北に敗北を重ねた階段で、いつか勝利をつかめるといいなぁ

 

誘われたら絶対に行く人ほど誘うのが苦手な法則を打破したい

人を誘うときは、あくまでも気軽に行った方がいいよ! というお話

俺と同じ感覚の人が、ちょっとでも気楽に誘えるようになってくれたら

嬉しいなと思います、そして、俺も気楽に誘えるようになりたいです

 

『泣きたくなるほど優しい』を届けるファンタジーノベルゲーム

ブログ主はゲームを作っててシナリオと演出を担当してます

(イラスト、音楽は買い切りで一人でゲームを作ってます)

優しく穏やかなファンタジーノベルゲーム、iPhone版とAndroid版も発売中です

救われたい方、癒されたい方はぜひお楽しみください