ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


恋は雨上がりのように 5巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2016/06/10

スポンサーリンク

-違う巻の感想へ-

前の巻:恋は雨上がりのように 4巻

次の巻:恋は雨上がりのように 6巻

まとめ:恋は雨上がりのように 感想記事まとめ

 

恋は雨上がりのように 5巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2016/06/10

4巻の感想を書いてからもう5か月

今回も、もちろん発売日の2016/06/10当日にゲットしてまいりました

いやね、もうね、これが楽しみすぎてしょうがなかったくらいに超楽しみでした

 

というわけで、ここ最近で一番ハマってるおすすめのまんが

クールな黒髪美少女の女子高生と冴えないオジサンの純愛物語

「恋は雨上がりのように」第五巻の感想になります

冬服ですよ! 冬服っ! 長袖で恋人急接近な秋と冬の到来ですね

 

恋は雨上がりのように 05巻 あらすじ

累計120万部突破!「恋雨」最新刊!!

 

ユイ、吉澤、そして加瀬。

それぞれが胸に抱えるかなわない想い。

 

本当に好きな人に、ひとりの友達として

向き合ってゆくことを決めたあきら。

そんな彼女に店長は――!?

17歳。新たな季節のはじまり。

 

【編集担当からのおすすめ情報】

『マンガ大賞 2016』第7位!

『このマンガがすごい!2016』(宝島社)オトコ編 第4位!

年齢・性別を超え、圧倒的な支持を受ける

眩いほどに純粋な 正統派ラブストーリー 待望の最新刊!!

恋は雨上がりのように 05巻 感想・ネタバレあり

ユイと吉澤の関係から始まる、新たな展開

あきらに片思いの吉澤、その吉澤に片思いの元気娘の西田ユイ

そんな片思いの連鎖にいるユイがついに動きました

 

一巻と比べると画力があがってるのもあるけど

ユイの表情がものすごく可愛くなってますね

これも恋する乙女だからこそ…なのかもしれませんが、最高でした

 

「西田さんは俺の専属カリスマ美容師さんだ!!」

 

そう言われたときの嬉しそうな顔は今回の巻で一番印象深いかもしれません

美容師を夢見て、自分が髪を切って格好よくしたことを喜んで欲しくて、

そんな自分の願いを叶えてくれたのはちょっと気になる男の子で…

あれ、これ恋人とか夫婦になったときに重宝される回想シーンの奴じゃね?

そう思えるぐらいに素敵なシーンでした

 

そして、勇気を持ってユイのほうから仕掛けた恋バナもなかなかいい

友情を取るべきなのか、自分の思いを取るべきなのか、あきらはどう思ってるのか

あきらに恋人がいると聞いたときにホッとした自分に自己嫌悪とかしてそうだなー

 

そして、吉澤のことを暗に告げたときの想いときたら

どんな答えを聞くのも恐いけど、聞かずにはいられない心境だったのでしょうね

理屈で片付けられない乙女心って、いいですよね

 

幽霊役のあきら、似合いすぎ…そして可愛すぎる

お化け屋敷はナイスチョイスでしたね

 

恋敵キャラ、加瀬のかなわない想いとは

あらすじの中にもう一人描かれていた、加瀬の叶わない想いが今回明らかに!

というわけで、想い人は「血のつながらない姉」でした

 

しかも、姉からは「今では本当に血のつながってる弟だと思ってるよ」という

異性として見られていない宣言がきて絶望ムード…

姉に手を出せないから、他の女の子で寂しさを埋めていた感じですかね

 

姉貴お手製のミネストローネだと思って口に運ぼうとした瞬間に

振られた彼氏のために作ったものだと知った時の彼の胸の内たるや

すさまじいものがあるのかもしれませんね

 

そして、禁断の恋だと自覚しているからこそ、

その禁忌(に見える行為)を自分の隣で破ろうとしているあきらが

まぶしくもあり、許せなかったのかな…と思います

 

「光に向かって突き進めるタイプなんだからさ」

 

そういったときの彼はうらやみに満ちていたけれども、

そのまぶしさが心地よく、あそこが成功してくれたら俺も成功するかも…なんて

自分の望みや想いを託したように見えました

 

無防備で、天然で、自由奔放で、危なっかしい

そんな姉に調子を狂わされ、普段の自分ではいられなくなるが、それすらも心地よい

それもこの本で描かれた一つの恋物語でした

 

時間の経過を楽しみながら、何度でも落ち着いて読みたい一冊

小説にも行間を楽しむということがあると思いますが

この漫画もコマとコマの移り変わりを楽しむというのが王道な楽しみ方だと思います

表情の変化は、時間の変化であり心の変化でもある

 

微細な変化を見逃さず、そのときにこのキャラは何を思ったのだろう?

そう考えていくと、物語の世界や深みがどこまでも広がっていくと思います

 

マンガで次のコマに行くまでの時間は決められていませんし、

そのときにキャラがなんて思ったかの正解も用意されていません

だからこそ、自分なりの時間とキャラの心の声を聴いて、

じっくり楽しむことができると思います

 

細部まで説明しがちなマンガが多い中で、読者の余地を残してくれるのは素敵ですね

 

なんてことを考えながら読んでいます

これがアニメになったらどんな演出になるのだろう? 

どれだけの間が用意されるのだろう? なんてところもすごく気になります

作り手が考えるベストな時間も、気になるところです、ぜひアニメ化してほしいですね

 

ジンクスが大好き? 「ムキ彦」に願いをかけて

できることなら、なんでもしたい乙女心!

あきらが大好きな不思議系(不気味系?)マスコットキャラは

縁結びの効能つきでした!

 

小学生の女の子と考え方が一緒?

いやいや、いくつになっても女の子は女の子という意味なんでしょう、きっと

クールでリアリストな感じのあきらが、ああいう願掛けに必死になってるのは

やっぱりギャップがあって可愛いですね

 

自分での行動を忘れない積極性を持っているけど、それでも、でも…

神様にお願いしたいそのいじらしさが可愛いです

 

そして、そんなあきらの純粋な思いがだんだんと店長にまで届いてきて

二人の関係が、またほんの少しだけ変わっていきました

友達として距離をおかれ、でも、友達として誘うことを背中押されたあきら

ここから、友達と恋人の境をどのようにして超えていくのか楽しみです

 

相手のことを受け入れるところから始まる恋愛、古本市でのデートと自分の趣味

『友達としてなら、もっと好きなあの人に近づける』

そんな想いを募らせて二人で行った古本市でのデート

自分のことを忘れて趣味に夢中になる店長に呆れるわけでもなく、怒るわけでもなく

優しく認めて受け入れます

『別にいいと思います」

『そういうのって、誰でもあると思うから』 

ああもう、天使だよ、マジ天使

喜んでくれなくていい、私も好きになるとか言ってくれなくていい

ただね、赦(ゆる)してくれたら、それでいいんですよ

それが分かってるのが、マジでいい

 

自分が夢中になれるものを持っている人っていうのは、

それを認めてもらいたい(許してもらいたい)欲求がものすごい強いから、

こういう後押しが心から嬉しくなるほどありがたいのですね

 

逆に…

そんなことして何の意味があるの? その情熱をもっと他に注いだら?

なんてことを言われるとだいたい心が折れます

 

なので、店長もあの一言で「救われた」のだと思います

自分の趣味を否定されなかったというのは、もうそれだけで「救い」なのです

女受けが悪い趣味とか世間で言われているものに対してだと余計に…ね

ああ、同人やってる身としては涙が零れそうだ…

 

逆に、あきらの趣味…というか好きなものである陸上に関しては、

図書館デートのときに陸上に関する本を借りたところから

思いがまだ残っているのが分かりますし、今後がどうなるのか気になるところ

 

夏祭りに一緒に行った喜屋武はるかとの関係は…? というのも気になってますが

今回の巻の最後に登場してきた倉田みずきも気になりますね

部活仲間にもバイト先には来ないで…と伝えてあるのに、

そこに現れてしまい、あきらのことを憧れの存在として見ている存在

 

きっと、あきらは辛い思いもするでしょうから、

店長がそこを優しくフォローしてくれるといいですね

 

もどかしくなるぐらいに今回は二人の進展が少なかったですが、

急展開ばかりではなく、こうしてじっくりと一歩ずつ進むのもいいですね

ここから秋が深まるのか、冬へと移り変わるのかも楽しみです

店長の「純文学」から、あきらの「陸上」に舞台は動いていきそうですが

このあたり、店長がどう興味を示し、どう絡むのか楽しみに次巻を待ちたいと思います

 

恋は雨上がりのように 別の巻の感想

恋は雨上がりのように09巻感想 発売日2017/11/10

恋は雨上がりのように08巻感想 発売日2017/07/12

恋は雨上がりのように07巻感想 発売日2017/03/10

恋は雨上がりのように06巻感想 発売日2016/10/12

恋は雨上がりのように05巻感想 発売日2016/06/10

恋は雨上がりのように04巻感想 発売日2016/01/12

恋は雨上がりのように03巻感想 発売日2015/09/11

恋は雨上がりのように02巻感想 発売日2015/04/10

恋は雨上がりのように01巻感想 発売日2015/01/09

 

おすすめの恋愛漫画をお探しのあなたへ

おすすめの恋愛まんが【男性向け・少年誌・青年誌・恋愛マンガ】

お惣菜屋とOL 1巻感想 【おすすめの恋愛漫画】

【まんが】恋とごはんと虹色日和 感想【浅野りん先生・恋愛&グルメマンガ】