ラノベ見聞録

ファンタジーノベルゲーム「DAGGER 戦場の最前点」のシナリオ担当なBLACKGAMERのラノベ特化ブログ。 ご依頼・ご連絡はblackgamer00@gmail.comまでお願いします。


恋は雨上がりのように 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2015/04/10

スポンサーリンク

-違う巻の感想へ-

前の巻:恋は雨上がりのように 1巻

次の巻:恋は雨上がりのように 3巻

まとめ:恋は雨上がりのように 感想記事まとめ

 

恋は雨上がりのように 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2015/04/10

これだけ面白いマンガの感想を俺は書かずにはいられませんでした…

というわけで、個人的におすすめなマンガの感想になります

二巻もあきらが超可愛い、ホント可愛い、最高すぎる

恋する乙女にこんな上目遣いでこられたら抗えるわけないじゃないですかー

黒髪ロングストレート清楚の女子高生という数え役満な女の子が

幸せの絶頂になっている姿を見せてくれる素敵マンガの第二巻です!

 

恋は雨上がりのように 02巻 あらすじ

この漫画が、恋愛漫画の流れを変える――

第1集発売直後に注文が殺到し、

異例の緊急大重版が決まった正統派 恋愛叙情譜 第2集。

胸に秘めた想いを抑えきれずついに打ち明けた少女――

17歳。無表情女子高生と

45歳。バツイチの冴えないおじさん。

28も年の離れた二人の恋の行方は――!?

 

【編集担当からのおすすめ情報】

昨今の女性誌にも青年誌にもなかった

あまりにストレートな恋愛描写が話題騒然!

「月刊!スピリッツ」連載中の大注目作!!

 

無表情JKのあきらちゃんも冴えなさ加減がキュートな近藤店長も

「かわいい!見ていたい!」と大人気!

「つづきが気になる!」と「月刊!スピリッツ」を

ご購入された読者様も多数の中毒性!

男性読者も女性読者も虜になる最新王道恋愛コミック第2集!!

恋は雨上がりのように 02巻 感想・ネタバレあり

恋愛としてはもどかしいけれど、ほどよいテンポが心地よい

ホント、もどかしいテンポが最高です

なにより、読者に想像させる余地を残してくれるのがいいですね

 

一巻の巻末であきらが告白したけれど、それだけで二人がうまくいくわけじゃない

あきらが募らせた想いを口にして、そして二人はデートの約束をする

一歩ずつ、一歩ずつ次へと進む姿がまぶしいですね

 

そして、今回の話の主軸の一つにはデートがありますが

自分の手帳に「店長とデート」と書いたものを見てご機嫌になってる姿が可愛い

そして、ここの顔を見せない演出もまた素晴らしい

そう、恋する乙女が特別な相手にだけ見せるものだから、店長しか見られない

 

あーもう、頼むから見せてくれよ! と思いながらマンガを読むのが

だからこそ、楽しいんですよね

 

これもう絶対に、毎日のように手帳を見ながら部屋の中で喜んでますよね

指折り数えるという表現が似合うぐらいに、待ち遠しかったのだろうなぁ

夢じゃないよね、嘘じゃないよねと言いながら毎日のように確認しているだろう

そんなあきらを考えるだけで描かれていない部分まで楽しめますね

 

デートの場所を相談する電話がきたときに、

嬉しすぎてしょうがなくて足をパタパタと踏み鳴らして喜ぶ姿も本当に最高

その感情が行動まで表れてしまうあたりが、見ていて本当に幸せになれました

 

また、ここも本編では描かれてはいないけれど、

デートのときに着ていく服を選ぶのもすごい頭を悩ませたと思うんですよ

子供っぽく見られないかなとか、可愛く見えるかなとか、

どういってもらえるかなとか、そういう心配だけれども幸せな乙女心と

それが幸せとして叶う瞬間が見れるのはこの漫画の魅力ですね

 

個人的に、「衣装ダンスの前でデート前に悪戦苦闘して悩む女の子」

なんてシチュエーションが一番好きです

どうしたら、もっと好きになってもらえるか悩む女の子ほど可愛いものはないですね

 

恋愛マンガお決まりのライバルキャラは苦手だけど引き立て役としては悪くなかった

恋愛マンガにおけるライバルの男キャラがどうしても好きになれず

この漫画でも、あー出てきちゃったか…という感じでしたが、それはしょうがない

でも、そのおかげで一巻とはまた違った一面が見られましたね

 

あきらが好きなのは店長だけ

だからこそ、同じ場所に行って同じことをするデートなのに、こんなにも違う

1巻の感想でも書きましたが、

『特別な人』と『それ以外の人』の温度差がすごいこと!

恋する乙女の魅力の一つだと思います

 

どうでもいい男のために着飾るつもりもないし、

自分から何かをする気もしないし

警戒を解くつもりはないし、相手からは何をされるのもイヤ

 

でも、自分の好きな男には、来ていく服にも気を使うし、

何かちょっとでも出来ることがあればしたいし

自分から相手に対して積極性を見せて動いていく

 

その違いを面白いほどの対比として描かれたという意味でも

ライバルキャラの存在価値はあったのかな…と思うことにします

でも、やっぱりああいうキャラは好きになれないなぁ、必要なのは分かるんだが

 

後、ヒロインの「あきら」との絡みがあったけれども、

男側の店長との関連があんまりなかったのも良かったかな

ヒロインに言い寄る男を見て引き下がる男とかを見るとしょんぼりするので

そういう展開がなかったのも個人的には良かったです

 

それと、個人的にライバルキャラが出ていた中で一番好きだったシーンは、

加瀬が「キモくね?」と問いかけたときのあきらの反応

言い返したい言葉は胸の中で吹き荒れていただろうけれども、

怒りに染まった目が、どんな反論よりも雄弁にこの男が嫌いだと語ってましたね

 

殺気をまとった眼差しと敵意は個人的に大好きなので

前髪の下からのぞくあの目は最高でした

そして、あの怒りの深さの源泉を考えるほど

大切にしているものへの愛への表れだと思うので、より強く深い愛を感じますね

 

そんなところでも全身で恋をしている女の子が描かれていたのが良かったです

 

恋は雨上がりのように 別の巻の感想

恋は雨上がりのように09巻感想 発売日2017/11/10

恋は雨上がりのように08巻感想 発売日2017/07/12

恋は雨上がりのように07巻感想 発売日2017/03/10

恋は雨上がりのように06巻感想 発売日2016/10/12

恋は雨上がりのように05巻感想 発売日2016/06/10

恋は雨上がりのように04巻感想 発売日2016/01/12

恋は雨上がりのように03巻感想 発売日2015/09/11

恋は雨上がりのように02巻感想 発売日2015/04/10

恋は雨上がりのように01巻感想 発売日2015/01/09

 

おすすめの恋愛漫画をお探しのあなたへ

おすすめの恋愛まんが【男性向け・少年誌・青年誌・恋愛マンガ】

お惣菜屋とOL 1巻感想 【おすすめの恋愛漫画】

【まんが】恋とごはんと虹色日和 感想【浅野りん先生・恋愛&グルメマンガ】