読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相殺する幸福と不幸の末路

同人ゲームシナリオライターの宣伝&オタ日記!


だがしかし もうひとつの夏休み【ラノベ】 あらすじ・感想・ネタバレあり

ラノベ ラノベ-だがしかし ラノベ-ガガガ文庫

スポンサーリンク



だがしかし もうひとつの夏休み あらすじ・感想・ネタバレあり ラノベ/ライトノベル

読者のみなさま、ごきげんよー

同人サークル The sense of sightのBLACKGAMERです

 

最近はアニメのおかげで大人気! だがしかしのライトノベル版!

作者は、這いよれニャル子さんを書いている逢空万太先生が担当されてます!

というわけで、本日はその感想になります!

だがしかし もうひとつの夏休み (ガガガ文庫)

だがしかし もうひとつの夏休み (ガガガ文庫)

 

【注意!】

原作読んでる前提での描き下ろしになっていますので

ラノベから入ろうと思ってる人は、まずはマンガからお買い上げをおすすめします!

 

 

あらすじ

ここは、とある田舎町。

特に観光地があるわけでもなく人口も少ないこの辺境の地に、

都会からひとりの少女がやって来た。

 

その子は大手菓子会社の社長令嬢で、

胸が大きくて、そして、駄菓子マニア……。

駄菓子屋の息子ココノツと、駄菓子大好き美少女ほたるが織りなす

「おかし」な夏休み。

うまい棒、ブタメン、ポテトフライにフエラムネ……などなど、

おなじみの駄菓子をネタに繰り広げられる新感覚駄菓子コメディー!

ブタメンを博多流バリカタで!

魚沼産特A級ランクのコシヒカリに合う駄菓子とは?

デッドストックのプレミア付きプラモで一攫千金!?

今年の夏は、いつもと違う予感……。

 

コミックス3巻累計65万部突破!

アニメ化も決定した、少年サンデー連載中の大人気駄菓子漫画『だがしかし』を、

『這いよれ!ニャル子さん』『出番ですよ!カグヤさま』の逢空万太が

オリジナルストーリーでノベライズ!

 

TVアニメ『だがしかし』は、2016年1月よりTBS、BS-TBSにて放送開始予定!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

OKな人は下へスクロールください

 

 

 

 

 

 

 

あの空気とあの世界が、文章で見事に再現されていた

漫画見てると、思う時があるんですよ、もっとあの世界の空気を味わいたいって

でも、週刊で発売するマンガには限界があるじゃないですか

漫画家さんがどれだけの苦労を元に書いてるのかは分かるつもりです

だから、もっと、もっと! おかわり! なんて、無理を言っちゃあいけません

 

でもね、だがしかしという作品は好きだし、やっぱりいいなと思うのですよ

そんなときに、このラノベに出会えたことは嬉しいですね

あの夏のあの空気は、見事に再現されていました

 

ちょっと笑いが多めだったかな? という印象はありましたが

個人的には違和感というほどのものは感じませんでした  

 

短編12話、1話のボリュームはちょっと短い気もします

全260ページ(後書き含む)なので、1話辺りのボリュームは短いです

手軽に読めちゃう反面、もっと長いのも読みたいわ…と思う

ああもう、悩みますね、本当に

 

でも、もっと読みたいと思わせるものだからこそ、

こういう葛藤ができるんだと思います

 

あれ、もう終わり? 次は? という感覚は、

アニメを見てると時間の流れが速いのに似ている気がします

じっくりと腰を落ち着けての長編が好みの方にはあわないかもしれないので

そのあたり、短すぎる物語が苦手な人は注意です…

といっても、漫画も短くきちんと話を区切ってくれるから、大丈夫だと思いますけど

 

サヤ師可愛いよ、サヤ師

どんな場所でも表紙をほとんど独占するのは、たしかにホタルさんだ

しかしね、このラノベからは確かに感じたよ、サヤ師への果てしない愛を

 

まさか、サヤ師の視点で書いてあるものがあるとは思わなかったよ

重要なので、超強調してみました

いや、乙女心満載のサヤ師なので、あの心の中を見たいと思ってましたが

まさか、その願いを叶えてくれるとは思っても見ませんでしたよ

 

一言でいうと、最高でした!

アニメをしてから読むとボイスがほどよく脳内再生されてよりいい感じです

いや、ほんと可愛いよね、お嫁さんになりたいと願うサヤ師がマジ可愛い

 

素直になれない系のヒロインは

動揺してる瞬間や噛んでる瞬間がヒロインは一番可愛く輝くと思うのですよ

しかも一途、うん、マジで惚れるね、最高でした

 

お買い上げはこちら

だがしかし もうひとつの夏休み (ガガガ文庫)

だがしかし もうひとつの夏休み (ガガガ文庫)

 

もう少し挿絵にお色気があると、お兄さん嬉しかったなぁ…

失礼、私情が入りました。むしろ這入りました…いや、這入よりましたか?

というわけで、サービスシーンは脳内で個別に再生しましょう!

時間の発売も楽しみに待たせて頂きます